最近のコメント

    伝説となったイチローがオリックス時代に残した異次元な成績と記憶

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    2019年3月21日、衝撃的な引退劇から2年以上が経ちます。

    最後の東京ドームでの時間は本当にファンにとって一生忘れられない光景になりました。

    そこで今回は引退したイチローがオリックス時代に残した異次元の記録と成績についてまとめました。
    別記事ではMLBでの記録も書いています。
    イチローの凄さを改めて実感出来ると思いますし、現役時代のプレーをリアルタイムで見れた今の野球ファンは幸せではないでしょうか。
    では見ていきましょう。

    イチローがオリックス時代に残した異次元な記録

    1992年~1994年(ルーキー~3年目)

    ※1991年のドラフト4位にて愛工大名電からオリックス・ブルーウェーブに入団

    1992年(1年目)

    ジュニアオールスターにて代打決勝本塁打

    • MVPと賞金100万を神戸市の養護施設に寄付
    • 寄付は2軍選手で史上初(記録というより記憶)

    打率.253 本塁打0 打点5

    わずか19歳にして賞金を養護施設に寄付出来るその人間性に驚かされます。

    1993年(2年目)

    イチローの代名詞といえる振り子打法を確立しますが、この時期は1軍と2軍を行ったりきたりしながら経験を積む期間となっていました。

    • ハワイ・ウインターリーグ初のMVPに選出

    打率.188 本塁打1 打点3

    この時点でまだ全国的にも名前が広まっていない状況で、これまで誰もやっていない事を2つも達成しています。

    1994年(3年目)

    登録名鈴木一朗⇒イチローへ変更 (カタカナ表記は日本人初)

    • NPB史上初シーズン200安打達成
    • ​​NPB新記録69試合連続出塁
    • 首位打者、最多安打、最高出塁率、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、正力松太郎賞
    • NPB史上最年少でMVP獲得(当時21歳)

    打率.385 本塁打13 打点54

    この年に全国区になり、一躍プロ野球界のスター選手に躍り出ました。

    この時イチロー本人は、「自分は全く変わっていないのに周りの環境や取り巻く人間があまりにも変わってしまって自分を見失いそうになった。メンタル的に非常に辛かった」というエピソードを残しています。

    1995年~1997年(4年目~6年目)

    1995年(4年目)

    阪神大震災が発生し「がんばろう KOBE」が合言葉

    • 2年連続首位打者、打点王、盗塁王、最多安打、最高出塁率、打者タイトル五冠
    • NPB史上初の打点王と盗塁王の同時獲得
    • 2年連続シーズンMVP、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、正力松太郎賞
    • 自身初のリーグ優勝

    打率.342 本塁打25 打点80

    この年にオリックス、イチローは本当に震災で被災した人たちを勇気づけるシンボルとなり神戸を盛り上げてくれました。

    「がんばろう神戸」のスローガン通り、たくさんの人に勇気と希望を届ける活躍ぶりでした。

    1996年(5年目)

    昨年の日本シリーズの雪辱を誓うシーズン

    • オールスター初回先頭打者初球ホームラン(パ・リーグ選手史上初)
    • 3年連続首位打者、最多安打、最高出塁率
    • パ・リーグ連覇、日本一、3年連続シーズンMVP

    打率.356 本塁打16 打点84

    イチロー悲願の日本一に輝き、3年連続首位打者とMVPというイチロー無くしてリーグ連覇、日本一は達成出来なかったことは間違いありません。

    1997年(6年目)

    日本一連覇を狙ったシーズンはリーグ2位に沈む(優勝は西武ライオンズ)

    • 216打席連続無三振はNPB記録(三振を喫したのは当時日本ハム下柳剛)
    • 4年連続首位打者、最多安打

    打率.345 本塁打17 打点91

    この年に記録した216打席連続無三振はいまだに破られていないNPB記録です。

    このあたりからイチローが首位打者になるのが、当たり前になっていくような不思議な感覚があったのを覚えています。

    1998年~2000年(7年目~9年目)

    1998年(7年目)

    深刻なスランプに陥りパ・リーグワーストタイの4試合連続併殺打を記録

    • 張本勲を抜くNPB史上初5年連続首位打者獲得
    • 5年連続最多安打獲得

    打率.358 本塁打13 打点71

    このシーズンあたりからメジャーリーグへの移籍を考えだし、少しずつ日本の野球からアメリカのベースボールへ適応するためにプレースタイルを変え始めた頃になります。

    1999年(8年目)

    シアトルマリナーズの春季キャンプに招待され参加

    • NPB史上最速757試合目で1000本安打達成
    • 6年連続首位打者、最高出塁率獲得
    • 通算100本塁打記録

    打率.343 本塁打21 打点68

    757試合目で1000安打という1試合平均1.3本のペースでヒットを量産していきました。

    とんでもないハイペースです。

    首位打者が定位置になっており、誰もイチローを超えられないシーズンが続きます。

    2000年(9年目)

    来季メジャーに挑戦すると心に決めて臨んだシーズン

    • シーズン打率.387(歴代2位、パ・リーグ記録)
    • 前人未到7年連続首位打者、ベストナイン、ゴールデングラブ賞
    • ポスティングによりメジャー挑戦を表明

    打率.387 本塁打12 打点73

    メジャー挑戦が明確にある中でのシーズンのため、メジャー仕様の外角に広いストライクゾーンを想定し、ボール球と分かっていても強引に打ちにいくイチローの姿がありました。

    この時点で、メジャーであれだけの活躍すると予想出来た日本のファンはどれほどいたでしょうか。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    見ての通り3年目から毎年のように史上初やNPB記録を作っています。

    いまだに破られていない記録ばかりです。

    これだけでもイチローの凄さを改めて感じますね。

    ➡️【プロ野球】イチローの才能を見抜き開花させた仰木監督の凄さを解説

    ではまた。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました