最近のコメント

    【プロ野球】未来の侍ジャパンの4番確実!天性のスラッガー村上宗隆の凄さ

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    高卒4年目にしてすでに風格とオーラが出ている東京ヤクルトスワローズの4番打者。

    三振かホームランか。

    見ていてこれだけワクワクさせてくれる選手はあまりいませんよね。

    今プロ野球界に衝撃を与えている村上宗隆選手についてまとめました。

    個人的には、未来の侍ジャパンの4番を打つ選手だと確信しています。

    侍ジャパンの4番最有力候補!村上宗隆の凄さとは

    プロフィール

    • 村上宗隆(むらかみむねたか)
    • 2000年2月2日生まれ 21歳
    • 熊本県熊本市出身
    • 九州学院高1年生時、甲子園出場経験
      2,3年熊本大会決勝で2年連続秀岳館に敗戦
    • 188㎝ 97㎏
    • 2017年ドラフト1位

    なんと2000年生まれということで、その若さにも驚かされます。

    バッターボックスでの振る舞いはとても21歳の若者には見えない雰囲気がありますよね。

    プロ2年目からオープン戦で結果を残し、開幕スタメンを勝ち取るなど高卒ながら早々と1軍の舞台にのし上がってきました。

    5月には二桁ホームランを記録するなど、2年目から大器の片鱗を見せつける活躍でした。

    結果的にこの年、36本塁打を放ち新人王にも選ばれ一躍全国区の選手になっています。

    村上宗隆のホームラン記録

    • 九州学院時代の3年間で通算52ホームラン
    • 2018年ルーキー時代に1軍初昇格の初打席にてプロ初ホームラン
    • 2000年以降生まれの選手で初ホームラン
    • 2リーグ制以降史上18人目となる高卒2年目での2桁ホームラン
    • サヨナラホームランの史上最年少記録保持者
    • 高卒2年目でセ・リーグ初となる30号ホームラン
    • 高卒2年目以内でのシーズン最多ホームラン日本記録

    村上宗隆選手の凄さを象徴するのが、数々のホームラン記録です。

    高校時代からその才能は開花しており、高校通算52本塁打を始めとしてプロ野球の1軍初打席でもホームランを放つなど天性のスラッガーぶりで、インパクトは凄いものがあります。

    さらにサヨナラホームランの史上最年少記録も作って、勝負強さも併せ持っており将来に期待しないファンはいないのではないでしょうか。

    ドラフト高校生BIG3のプロでの成績比較

    村上宗隆選手がドラフトにかかった2017年は、あの早稲田実業で高校通算111本塁打の清宮幸太郎選手が大注目されていた年です。

    また履正社高校の安田尚憲選手と高校BIG3と言われていましたが、野球ファンでない限り村上選手の存在すら知らなかった人は多いのではないでしょうか。

    3人ともドラフト1位でプロ野球の世界に入っていますが、3年目終了時までの通算成績を比較してみましょう。

    ※プロ通算3年間(18年〜20年)での成績比較

    村上宗隆 清宮幸太郎 安田尚憲
    試合数 269 230 130
    打席数 1122 721 520
    安打数 249 126 95
    本塁打 65 21 7
    打点 184 73 61
    打率 .263 .198 .213

    3年目までの成績を比較すると、村上選手が大差で他2人を圧倒しています。

    相当立派な成績を残しています。

    村上選手は3年目終了時の契約更改では、年俸1億円に到達しています。

    4年目での1億円到達は古田敦也、青木宣親、小川泰弘に並ぶ球団最速タイ記録であり、球団最年少記録にもなっています。

    また高卒4年目での1億円到達は、田中将大(現東北楽天ゴールデンイーグルス)、ダルビッシュ有(現サンディエゴ・パドレス)に並ぶ史上最速タイ記録となり、プロ野球の歴史にも名を残す選手になりました。

    清宮選手、安田選手にとっては、村上選手の2年目以降の大ブレイクは刺激になったに違いありませんね。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    村上選手はホームランを打つ技術、そしてチャンスでも全く動じないメンタル、三振を恐れず常に100%のスイングが出来るなどホームランバッターとしての素質が素晴らしい選手です。

    間違いなく3年~5年後侍ジャパンの4番に座り、世界と戦う姿を見せてくれると思います。

    その時まで、期待しながら楽しみに待ちましょう。

    ではまた。

    ➡️【プロ野球】歴代新人王で1年目から最も活躍した選手TOP3【投手・野手】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました