最近のコメント

    【上達への道】ホームランの打ち方〜硬式球を遠くに飛ばす4つのコツ

    【上達への道】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    ホームラン打ちたいな…

    けどなかなか打球が飛ばないな…

    どんなに思い切り振っても飛距離が出ない…

    結局ホームラン打てるのは怪力パワーの持ち主だけか…

    こういった悩みを持った野球人へ。

    野球をやっていたら誰だってホームラン打ちたいですよね。

    しかしホームランってなかなか簡単に打つことは出来ませんよね。

    僕も長年野球をやっていましたが非力バッターだったので、どうしたらホームランが打てるようになるかを必死に考え、1つずつ練習をしてコツをつかんだら実際に飛距離はアップし、数本でしたが実際に結果も出ました。

    そこで今回はホームランの打ち方として【硬式球を遠くに飛ばす4つのコツ】についてお伝えするので少しでも参考になれば嬉しいです。

    重要度の高い順に紹介していきます。

    ホームランの打ち方〜硬式球を遠くに飛ばす4つのコツ

    コツ①

    下半身+体幹で打つ

    上半身にどれだけ力を入れて思い切り振っても、間違いなくスタンドインは出来ないと思います。

    イメージとしては軸足側の太ももと腰をボールにぶつけるような感覚です。

    この感覚がつかめないと、いつまでもボールを遠くに飛ばすことができません。

    加えて体幹(体の軸)が定まっていないとインパクトの瞬間にボールに押されてしまいます

    まずは下半身で溜めたパワーをしっかり上半身へ伝えるイメージで、素振りやロングティーなどで身体に染みこませましょう。

    1スイング、1球1球をしっかり意識する事がとても大事になります。

    コツ②

    リラックス⇒インパクトに1点集中

    バッターボックスで構えた時はバットを落としてしまうんじゃないかくらい(極端なイメージですがそれくらいでちょうどいい)で構えます。

    イメージでいうと西武ライオンズの中村剛也選手になります。

    あの構えはとても参考になると思います。真似しましょう。

    打ちたい気持ちはわかりますが、気持ちが先走ると無駄な力が入りスイングが逆に鈍くなります。

    リラックスした構えから振りにいったインパクトの瞬間に下半身から持ってきたパワーを1点集中させてください。

    言うだけは簡単ですが、ここの感覚をつかむのはなかなか難しいと思います。

    置きティーなど自分のタイミングでスイング出来る練習で、インパクトの瞬間に集中して感覚をつかみましょう。

    1スイング、1球1球をしっかり意識する事がとても大事になります。

    コツ③

    ボールにバックスピンをかける

    これはかなり技術的に難易度は上がるんですが、ここをマスターするとホームランバッターへ一気に近づきます。

    バックスピンをかけると物理的な原理でボールは飛びます。

    ボールの上をたたくとドライブ回転がかかりゴロになります。

    その逆でボールの下をたたくとフライになります。

    イメージとしてはボールの下を狙ってバットを滑り込ますです。

    バットを平行に振ってしまうとフライになりやすいので、刀の居合切りのイメージが近いでしょう。

    感覚がわかればそこまで力を入れなくても飛距離が出る感覚がつかめるはずです。

    イメージとしては日本ハムの中田翔選手がとても参考になると思います。

    ティーバッティングで滑り込ます感覚を練習しましょう。

    1スイング、1球1球をしっかり意識する事がとても大事になります。

    コツ④

    逆方向への意識

    逆方向への理想的なホームランは大谷翔平選手だと思います。

    彼のホームランの半数以上はセンターからレフト方向です。

    常に逆方向へ遠くに飛ばす意識で練習していると、無意識に下半身を使うようになります。

    逆方向こそ下半身のパワーがないと全く飛びません。

    ここは徹底した意識の話になります。

    最初は、右打者ならセカンドの頭の上、左打者ならショートの頭の上をライナーで超える打球を打つ練習から始めて、徐々に下半身をボールにぶつけるイメージで距離を出していきましょう。

    ロングティーだと距離がわかりやすく角度も見やすいのでおすすめです。

    1スイング、1球1球をしっかり意識する事がとても大事になります。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    ホームランは今日明日で急に打てるようになるものでもありません。

    この記事での4つのコツを意識して練習すればホームランは打てるようになると思います。

    当たり前のことかもしれませんが、日々意識づけするためにこの記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

    ではまた。


    <受注生産>ミズノ(MIZUNO) 1CJWH90300 硬式用木製オーダーバット(メイプル) ミズノプロ 10%OFF 野球用品 2021SS

    ➡️【上達への道】硬式ボールと軟式ボールの大きさや重さの違いを解説

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました