最近のコメント

    【打ち方のコツ】軟式ボールを遠くに飛ばす3つの方法《ホームラン》

    【上達への道】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです!

    悩んでる人
    悩んでる人

    軟式ボールを遠くに飛ばす方法が知りたい。

    ホームラン打ちたい!

    何かコツがあれば取り入れたい!

    このような疑問にお答えします。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の2児のパパ

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    軟式のスラッガーは基本的にみんな同じ打ち方です。

    結論【ミートポイントを押さえ、バットにボールを乗せて振り抜く】これが全てになります。詳しく解説します。

    ✔️この記事でわかること

    • 軟式ボールを遠くに飛ばす3つのコツ
    • 飛距離最強の軟式バット3選
    • さらに飛距離を伸ばすための下半身トレーニング

    ひとつずつ解説していきます。

    ➡️味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】を見てみる

    【打ち方のコツ】軟式ボールを遠くに飛ばす3つの方法《ホームラン》

    軟式ボールを遠くに飛ばす3つのコツ

    野球には硬式ボールと軟式ボールがありますが、硬式ボールではタイミングよくバットの芯とボールの芯が当たれば、パワーがそんなに無くともホームランは出やすいです。

    しかし軟式ボールではボールの中は空洞になっており、硬式ボールに比べ反発がありません。

    硬式ボールのようにバックスピンをかけにいってもボールが潰れてしまいポップフライになってしまいますので、打ち方が硬式とは全く違います。

    けんにぃ
    けんにぃ

    ここでは【軟式の打ち方】をしっかり理解していきましょう!

    ミートポイントはボール1個分詰まる

    硬式ボールと軟式ボールのどちらも経験してきた僕が思うイメージでは、硬式はタイミングをしっかり合わせてバットの芯に当てるという感覚です。

    しかし軟式でそれをやると空回りするような感覚になりボールが全然飛びません。

    けんにぃ
    けんにぃ

    軟式ボールを遠くに飛ばすには、硬式よりボール1個分ミートポイントをキャッチャー側に引きつけて、多少バットの根本に当たってもいいくらいのイメージで打つと飛びます。

    【硬式は前でさばく、軟式は後ろでさばく】このイメージです。

    右打者なら右手、左打者なら左手でバットにボールが当たった瞬間押し込むような感覚でバットを振り抜きましょう。

    軟式の方がパワー(押し込む力)が必要になります。

    バットの角度はダウンスイングはNGです。水平か少しアッパー気味のスイングが軟式には合っています。

    置きティーでバットのミートポイントを1球ごとに確認して自分だけのポイントを見つけて精度を上げていきましょう。

    ボールをバットに乗せる

    先程バットの角度は水平かアッパーのイメージと伝えましたが、大事なコツはボールをバットに乗せる感覚が大事になります。

    硬式は点でとらえ、軟式は線でとらえるイメージです。

    軟式を点でとらえてしまうと、ボールが潰れてしまい飛距離が伸びません。

    バットとボールを線でとらえるイメージで、バットに当たった後もしっかりボールをバットに乗せて運んであげるイメージを持ちましょう。

    バットに乗せるイメージは、出来ればロングティーが感覚を掴むにはいい練習です。

    フォローは振りぬく

    ボールをバットに乗せて運んだ後は、しっかり最後まで振り抜きます。

    軟式は当たった瞬間反発でパンッとバットとボールが離れる感覚がありますが、コンマ数mmでもバットを押し込んでボールとバットが長く接触させるようなイメージでフォロースルーです。

    けんにぃ
    けんにぃ

    当然の事ですが、決して当てにいくようなスイングは絶対NGです。

    しっかり自分のスイングをして振り切りましょう!

    飛距離最強の軟式バット

    ビヨンドマックスレガシー(ミズノ)

    ミズノ社が誇る現時点で発売されている最強のバットがレガシーになります。

    バランスもトップバランスのホームランバッター用の物で、飛距離はマジで最強です。

    重量感があるので、普段あまりトップバランスを使わない方がいきなり使うと重く感じて扱いづらく感じるかもしれません。

    けんにぃ
    けんにぃ

    でも振り込んでいけば確実に扱えるようになるので、そこは練習あるのみですね!

    ビヨンドマックスギガキング(ミズノ)

    もう一つのオススメは【レガシー】のひとつ前のモデルになるギガキングです。

    旧モデルとはいえ、飛距離は文句のつけようがありません。

    レガシーの価格が結構高いので、手が出しにくい方はギガキングでも十分威力を感じてもらえると思います。

    さらに飛距離を伸ばすための下半身トレーニング

    飛距離アップの下半身トレーニング

    飛距離をさらにアップさせるには、下半身のパワーを効率よくボールに伝えるのが確実な方法の一つになります。

    やるべき事は、シンプルにスクワットのみでOKです。

    太ももからお尻にかけて筋肉がパワーアップするだけで、下半身に粘りが生まれスイングにキレとスピードが増します。これが飛距離に直結してきます。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    軟式ボールはその特徴をしっかりと理解した上で、練習していくと確実に飛距離が伸びます。

    ビヨンドのようなバットも日々どんどん進化しているので、道具の力を借りるのも方法の一つですね!

    ホームラン打てたら気持ちいいし野球がますます楽しみになりますね!

    野球を味わい尽くしましょう(^^)

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    ➡️【野球】手汗でグラブが滑る!嫌な臭いが気になる!対策と解決策まとめ

    タイトルとURLをコピーしました