最近のコメント

    【上達への道】ピッチャーが投げるボールのキレとは?初速と終速の差を解説

    【上達への道】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんぞーです。

    いいピッチャーの絶対条件と言えば、スピード、キレ、コントロールですよね。

    スピードガン表示では平凡な球速だったとしてもバッターが振り遅れたり、詰まったりしているのを見るととてもワクワクしてきます。

    逆に言うとスピードガンで150km出ていてもキレがなければ打たれてしまいます。

    ではこのキレって一体何なのでしょうか。

    そしてキレのあるボールを投げるにはどうすればいいのでしょうか。

    解説したいと思います。

    ピッチャーが投げるキレのあるボールって何?

    キレの正体=ボールにかかる回転数=重力に逆らえるボール

    ボールに強いスピンがかかれば重力に逆らい浮こうとする力が働きます。

    実際にボールは浮きませんが、落ちにくくなるという表現の方が近いかもしれません。

    よくピンポン玉を投げたらホップする軌道になるあのイメージです。

    ボールが落ちにくいとバッターの感覚だと浮き上がる錯覚を生みます。

    そうなるとなかなかミートすることが難しくなります。

    またキレのあるボールは初速と終速の差が少なくなり途中からボールが勢いを増すような感覚になります。

    初速と終速の差とは

    • 初速=ピッチャーがボールを離した瞬間の速度
    • 終速=ボールがミットに入る瞬間の速度

    ホップするように見え、途中で勢いを増すボール。超一流のピッチャーが活躍し続けられる理由の1つにボールのキレがあることは間違いありません。

    150kmを超えるボールを投げても、ボコボコに打たれているプロ野球選手がいますが、俗にいう棒球だといくら速くても打たれてしまいます。

    だからピッチャーがみんなキレを求めるのは当然のことと言えますね。

    キレのあるボールを投げるには

    腕のしなりがキレを生む

    キレのあるボールを投げるためにはまず腕のしなりを意識しましょう。

    極端に言うと肘を固定して肩を回すだけで投げる動作をイメージしてほしいのですが、これだと当然山なりのボールしかいきません。

    肩を回すのと同時に肘を使い腕をムチのようにしならすイメージでシャドウピッチングで腕をしならす感覚を覚えましょう。

    おススメの練習方法は、仰向けに寝て真上に向かってボールを投げる練習です。

    肘と指先の使い方が下手だと真上に投げられませんし、腕がしなるイメージがつかみやすいと思います。

    リリースは縦回転を強く意識する

    プロ野球の阪神タイガースで活躍している藤川球児投手のストレートをイメージしましょう。

    藤川投手のストレートはまさに縦回転がしっかりかかった理想的なストレートでキレ味抜群です。

    もちろん投球フォームは人それぞれありますが、リリース時の縦回転を加える投げ方はとても参考になると思います。

    ボールに対してしっかり縦回転のスピンをかけられればキレは間違いなく出てきます。

    下半身の粘りで最後の1㎝をはじく

    ピッチャーをやるなら下半身のパワー、使い方は本当に重要です。

    速いボールを投げるのも、キレもコントロールも全て下半身の力を借りないと思うように体をコントロール出来ません。

    リリースの瞬間、少しでも長くボールを持ちバッターに近いところでボールを離す意識で投げましょう。

    そのためには下半身で身体を支え、上半身が回転しリリースポイントまで指先が到達するまでブレない事が重要です。

    ブレない下半身があればリリースの瞬間、ボールをいつもより1㎝バッター側で離す意識で投げましょう。

    最初は難しいとなるかもしれませんが、少しずつでもいいのでその感覚を磨きましょう。

    リリース1㎝前を意識すると下半身の重要性に改めて気づくはずです。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    キレのあるボールは簡単には投げられるようにはなりません。

    しかしポイントをしっかり押さえて練習すれば結果に結び付けられると思います。

    いきなり150kmを投げるのは無理でもキレを増す可能性は十分にあります。

    どれだけ速いボールを投げても打たれたり、ストライクが入らないと意味がありません。

    ピッチャーの役割はバッターを抑えてチームの勝利に貢献することです。

    キレで勝負出来るかっこいいピッチャーになりましょう。

    ではまた。

    ➡️【上達への道】ストライクが入らないピッチャーに必要な3つの考え方

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました