最近のコメント

    【プロ野球】フリーエージェント(FA)制度とは?取得条件も解説

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    毎年シーズンが終わるとFAの話題で盛り上がったりしていますが、そもそもFAって制度を詳しく知っているでしょうか。

    他のチームへ移籍出来るようになったってことくらいの認識の方多いのではないでしょうか。

    今回はFA制度とはどういう制度なのか、また取得条件も解説します。

    【プロ野球】フリーエージェント(FA)制度とは?取得条件も解説

    FA(フリーエージェント)制度とは

    • フリーエージェント(FA)とは、いずれの球団とも選手契約を締結できる権利をもつ選手のことをいい、「国内FA」と「海外FA」がある。
    • 「国内FA」は、NPB組織のいずれの球団とも選手契約を締結できる権利をもつ。
    • 「海外FA」は、外国のいかなるプロ野球組織の球団も含め、国内外のいずれの球団とも選手契約を締結できる権利をもつ。

    ※NPB公式HPより抜粋

    基本的にプロ野球選手は一旦球団と契約すると自由契約(クビ)にならない限り自分の意志で他球団への移籍をすることが出来ません。

    ドラフトでは本人に行きたい球団があったとしてもクジ抽選で外れてしまえばそれが叶わないことになります。

    そんな時にこのFAを使えば意中の球団へ移籍することが可能となる制度になります。

    代表的な例はPL学園時代から巨人一択でありながらドラフトで西武ライオンズに交渉権が渡り、そこから実績を積み条件を満たしてFAで巨人へ移籍した清原和博氏などがあげられます。

    FA制度を取得するための条件

    • セ、パ各リーグの年度選手権試合期間中に145日以上出場選手登録されたシーズンを1シーズンとして計算し、
      • 合計8シーズンに達したときに「国内FA」となる資格を取得する。
        (ただし、2007年以降のドラフトで入団した大学生・社会人選手は、7シーズンで資格を取得する。)
      • 合計9シーズンに達したときに「海外FA」となる資格を取得する。
        (ただし、それ以前に国内FAの権利を行使した場合を除く。)
    • 出場選手登録日数が145日に満たないシーズンがある場合は、それらのシーズンの出場選手登録日数をすべて合算し、145日に達したものを1シーズンとして計算する。
    • 一度FAの権利を行使し、その後NPB組織のいずれかの球団と契約した選手は、出場選手登録が4シーズンに達したときに「海外FA」となる資格を取得する。
    • 故障者特例措置や投手の登録日数加算に関する特例措置などにより登録日数を加算する場合がある。

    ※NPB公式HP抜粋

    出場選手登録とは、1軍の試合でベンチ入りしている状態のことです。

    国内FAで8年、海外FAで9年間1軍で活躍出来れば取得出来ると考えると、高卒入団で国内最短26歳、海外最短27歳になっています。

    アスリートは若さも武器ですから、1番のピーク、もしくは少しでも早くメジャーへ挑戦したいという大谷翔平選手のような場合、ポスティングシステムを利用して20代前半で移籍したりしています。

    よく登録抹消という言葉をニュースなどで見かけると思いますが、抹消期間は登録日数には換算されません。

    上記条件をクリアするには最低でもレギュラーで試合に出続けなければなかなか達成するのが難しいのが分かります。

    長年不動のポジションを確立している選手からすると当然のようにFA権獲得という流れになりますが、プロ野球選手がみんなここに該当する事はまずありません。

    それだけにFAを宣言する選手は活躍してきた実績がある場合が多く、より良い条件での移籍の確率が高くなります。

    FA権を行使するには

    • FAの資格を取得した選手は、日本シリーズが終了した日の翌日から土、日、祭日を除く7日間以内に、FAの権利を行使するかどうかを表明する。
    • 上記期間を経た翌日に、「FA宣言選手」として公示。
    • 公示の翌日から旧球団を含めいずれの球団とも次年度選手契約締結交渉を行うことができる。

    ※NPB公式HP抜粋

    FA権の行使が出来る期間は意外と短いです。

    それだけ行使するかどうかは予め決まっていることが多いのでしょうか。

    意中の球団があったのか、提示金額に誠意を感じたのか、どうしても一緒にプレーしたい選手がその球団にいるのかなど選手によってFAを行使する理由は様々です。

    選手によっては宣言したものの迷いが生じてギリギリまで悩む、なんてことも割とよくあります。

    それだけ決断するのが難しい制度なのかもしれません。

    プロ野球観るならスカパー!プロ野球セットで12球団完全網羅!

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    FA権を行使して他球団からオファーがある場合、かなりの高確率でより良い条件での条件が提示されるため移籍する選手の方が多くなります。

    しかし移籍するということは入団からお世話になった現球団、そしてファンの想いなどに心を動かされFA宣言しながらも移籍しなかった選手もいます。

    FAと言えばお金だけに注目されがちですが、選手にとっても様々な思いとキャリアを考え人生においても非常に大きな決断であることは間違いありません。

    どういう結果になるのかいちファンとして楽しみにしたいと思います。

    ではまた。

    ➡️【プロ野球】ポスティングシステムとは?譲渡金や行使した選手を解説

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました