最近のコメント

    【プロ野球】2000本安打達成者と達成試合数ランキングTOP5

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    日本プロ野球には84年という長い歴史があります。

    これまで何人もの天才打者が現れ、記憶にも記録にも残る活躍をしてきました。

    打者として1つの指標になっている2000本安打。

    これをクリアすると名球会入りも確実となっており、打者が目標にする数字になります。

    これまで達成した選手を、メジャー移籍せずにNPBのみで達成した打者に絞って見ていきたいと思います。

    合わせて達成試合数が少ないランキングTOP5もまとめました。

    2000本安打達成者と達成試合数ランキング

    2000本安打達成打者

    順位 所属 氏名 通算安打
    1 ロッテ 張本勲 3085
    2 西武 野村克也 2901
    3 巨人 王貞治 2786
    4 ダイエー 門田博光 2566
    5 広島 衣笠祥雄 2543
    5 阪急 福本豊 2543
    7 阪神 金本知憲 2539
    8 中日 立浪和義 2480
    9 巨人 長嶋茂雄 2471
    10 西武 土井正博 2452
    11 広島 石井琢朗 2432
    12 日本ハム 落合博満 2371
    13 巨人 川上哲治 2351
    14 広島 山本浩二 2339
    15 西鉄 榎本喜八 2314
    16 中日 高木守道 2274
    17 広島 山内一弘 2271
    18 ヤクルト 大杉勝男 2228
    19 日本ハム 大島康徳 2204
    20 広島 新井貴浩 2203
    21 ヤクルト 若松勉 2173
    22 ソフトバンク 内川聖一(現役) 2171
    23 日本ハム 稲葉篤紀 2167
    24 南海 広瀬叔功 2157
    24 ダイエー 秋山幸二 2157
    26 ヤクルト 宮本慎也 2133
    27 巨人 阿部慎之助 2132
    28 オリックス 清原和博 2122
    29 中日 小笠原道大 2120
    30 広島 前田智徳 2119
    31 中日 谷繁元信 2108
    32 DeNA 中村紀洋 2101
    33 ロッテ 鳥谷敬(現役) 2099
    34 ヤクルト 古田敦也 2097
    35 巨人 松原誠 2095
    36 西武 松井稼頭央 2090
    37 巨人 坂本勇人(現役) 2086
    38 西武 山崎裕之 2081
    39 阪神 藤田平 2064
    40 中日 谷沢健一 2062
    41 ロッテ 江藤慎一 2057
    42 ロッテ 有藤道世 2057
    43 南海 加藤英司 2055
    44 中日 和田一浩 2050
    45 中日 荒木雅博 2045
    46 ソフトバンク 小久保裕紀 2041
    47 近鉄 新井宏昌 2038
    48 広島 野村謙二郎 2020
    49 巨人 柴田勲 2018
    50 DeNA ラミレス 2017
    51 日本ハム 田中幸雄 2012
    52 横浜 駒田徳広 2006
    53 ロッテ 福浦和也 2000
    54 西武 栗山巧 2000

    84年もあるプロ野球の歴史で達成者はわずか54人しかいません。

    一覧を見ても誰もが知っている名前ばかりで、結果を残し続けるという作業がいかに高いハードルの高いことなのかが分かりますね。

    ではこの中で2000本安打を達成するのにかかった試合数をランキングしてみました。

    最も少ない試合数で2000本をクリアした天才打者は誰なんでしょうか。

    2000本安打達成試合数ランキングTOP5

    5位 小笠原道大 巨人

    達成1736試合目 年齢37歳6カ月 2011.5.5達成

    フルスイングが代名詞で合った小笠原道大氏が5位にランクインしました。

    ヘルメットを飛ばす勢いでフルスイングしながら、確実にミートしてくる打撃は超一流そのものでしたね。

    19年のシーズンでホームラン30本以上が10度ありながら、首位打者も2回獲得しておりパワーと技術を兼ね備えた天才打者でした。

    4位 張本勲  東映

    達成1733試合目 年齢32歳2カ月 1972.8.19達成

    NPB安打記録の日本記録保持者である張本勲氏が4位にランクインです。

    日米通算でイチローに記録を抜かれるまで、日本記録であり続けました。

    安打製造機の異名を持ち、首位打者に7度輝くなどヒットを量産し昭和のプロ野球人気に大きく貢献しました。

    今回のランキングでダントツに年齢が若い達成となっています。

    3位 長嶋茂雄 巨人

    達成1708試合目 年齢35歳3カ月 1971.5.25達成

    日本プロ野球人気を不動のものにした正真正銘のスーパースターです。

    王・長嶋のコンビは巨人V9の原動力となり、長嶋茂雄氏も大学からプロ野球の世界へ入って35歳の年齢で2000本安打を達成しました。

    勝負強い打撃と華のある守備に日本中が湧きましたね。

    2位 ラミレス DeNA

    達成1695試合目 年齢38歳6カ月 2013.4.6達成

    ランキング唯一の外国人であるラミレス氏が2位にランクインです。

    外国人選手初の名球会入りを果たし、首位打者、打点王、本塁打王など数々のタイトルを獲得した史上最高の助っ人外国人の一人です。

    8年連続100打点以上の記録を持ち、外国人・右打者として史上初のシーズン200安打を達成しました。

    2020年まで横浜DeNAの指揮をとり2017年に日本シリーズに進出しました。

    1位 川上哲治 巨人

    達成1646試合目 年齢36歳2カ月 1956.5.31達成

    打撃の神様の異名を取り、プロ野球史上初の2000本安打を達成した天才打者です。

    現役時代は二投流としてもプレーし投手でも通算11勝をあげています。

    その後は監督として巨人V9のチームを率いて監督としても伝説になりました。

    1646試合での達成は1試合あたり1.2本ヒットを打ち続けないといけません。

    とてつもないペースです。現役時代に見てみたかったですね。

    TOP5は野球ファンなら知らない人はいませんね。

    2000本よりもはるかに少ない試合数で1試合1安打以上を長年に渡って打ち続ける技術と精神力は本当にすごい事なんですね。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    2020年は巨人の坂本勇人選手が史上53人目の2000本安打を達成しました!

    史上2番目の最年少記録での達成でした。

    そして2021年、西武の栗山巧選手が54人目の2000本安打を達成しました!

    おめでとうございます!!

    超一流の選手たちのプレーが見られるのはとても幸せなことです。

    今年は達成者が出るのでしょうか。楽しみに待ちたいと思います。

    ではまた。

    ➡️【プロ野球】No.1は異次元!歴代通算ホームラン数ランキングTOP5

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました