最近のコメント

    【プロ野球】イチローの才能を見抜き開花させた仰木監督の凄さを解説

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    今や伝説のバッターとして安打数ギネス世界記録保持者にして記録にも記憶にも残る世界のイチロー。

    そのイチローもプロ入りはドラフト4位、プロ入り後も2年間は2軍にいる事が多かった選手の才能を見抜き即レギュラーに抜擢し飛躍させた仰木監督とはどんな人物なのでしょうか。

    では見ていきましょう。

    イチローの才能を見抜き開花させた仰木監督の凄さを解説

    仰木彬監督プロフィール

    仰木 彬(おおぎ あきら、1935年4月29日 – 2005年12月15日)70歳没

    選手歴
    • 福岡県立東筑高等学校
    • 西鉄ライオンズ (1954 – 1967)
    監督・コーチ歴
    • 西鉄ライオンズ (1968 – 1969)
    • 近鉄バファローズ (1970 – 1992)
    • オリックス・ブルーウェーブ
      オリックス・バファローズ (1994 – 2001, 2005)

    現役時代

    投手としてプロ入団したが、1年目の春季キャンプで、打撃投手としての仰木の投球を見た三原監督から、二塁手へのコンバートを命じられる。投手失格の烙印を受けます。厳しいプロの世界ですね。。

    入団以来、遊びの合間に野球をやっていたというほどの遊び好きが高じて、3年目には三原監督から西鉄の合宿所に近い大円寺に毎朝10時に来るよう命じられます。

    ここで毎朝三原から野球のことや、「タダ酒は飲むな」などと一般常識の話などを説かれています。今では考えられないようなエピソードばかりですね。

    1959年に三原が西鉄の監督を退任し、このまま遊び好きのままでいいのかと自問し、以後練習に打ち込むようになる。1960年には自己最高の打率.267(16位)を記録してベストナインに選出され、1961年にはオールスターに初出場しています。

    監督時代

    監督1年目は西武との激しい優勝争いの末、「10.19」でリーグ優勝を逃しています。

    前年度最下位のチームを率いて当時黄金期の西武をあと一歩のところまで追い詰めた、様々な奇策による好采配は、恩師・三原の「三原マジック」に倣って「仰木マジック」と称されました。

    1994年近鉄からオリックスの監督へ就任することになり、ここで運命の出会いが訪れることになります。

    オリックスでは、二軍生活を続けていたイチローをすぐに一軍で抜擢し大活躍させ、前任の土井正三監督時代から遊撃手として期待されながらイップスに陥っていた田口壮を、外野手として起用し成功させるなど、土井時代に停滞していた才能を次々に開花させ、「猫の目打線」と呼ばれた日替わり打線を中心として特徴的な采配を振るい、就任1年目は2位に浮上させました。

    1995年、阪神・淡路大震災が発生。

    神戸市に本拠地を置くオリックスは、一時は試合開催さえ危ぶまれた状態から、『がんばろうKOBE』を合言葉に、オリックスとして初のリーグ優勝に導きました。

    日本シリーズでは野村克也率いるヤクルトスワローズと対戦するが、1勝4敗で敗退。

    翌1996年もリーグ優勝を果たし、日本シリーズでは長嶋茂雄率いる読売ジャイアンツと対戦。

    4勝1敗で巨人を下し、監督として初の日本一に輝いています。

    その後リーグ優勝を果たすことはありませんでしたが、1999年まで6年連続でAクラスを維持(近鉄監督時代を含めると11年連続)し続けました。

    2000年は球団名がオリックスになってから初めてBクラスに転落し4位に終わり、オフにはイチローがメジャーリーグのシアトル・マリナーズに移籍しましたが仰木監督が残した功績はあまりにも大きかったですね。

    監督成績

    • 通算14年(近鉄5年-オリックス9年)
    • 優勝3回(内1回日本一) 2位5回 3位3回 4位3回
    • Aクラス14年中11回 通算988勝

    鈴木一朗(イチロー)との出会い

    仰木監督が最も世間の注目を浴びる一番のきっかけになったのは「希代のスーパースター」となる一人の若者との出会いです。

    1992年ドラフト4位でオリックスに入団した鈴木一朗選手です。

    仰木監督が就任した時イチローは3年目の20歳。

    身長180センチ、体重71キロと、当時は非常に華奢な外野手でした。

    しかし仰木監督はハワイでのウィンター・リーグを視察して、一瞬でその高いポテンシャルに気づきます。

    宮古島キャンプやオープン戦を通して「こいつはええぞ」とマスコミにも積極的にアピール。シュアなバッティング、のびやかな動き、守っても強肩、しかも俊足。無名の若手が感じさせる可能性に、完全に惚れこんでしまいました。

    イチローの才能を見抜き実力を認め、これはブレークするからと使い続けました。

    当時イチローは独特の振り子打法で前任監督やコーチから打撃フォームを批判されそれでも全く聞く耳を持たずやっていたため主に2軍暮らしが続いていました。

    一部自ら1軍でやるには早すぎると自分で1軍昇格を拒否したりと当時からイチローは自分の軸、芯を強く持っていたことが伺えます。

    実力を認め育て上げると同時にスーパースターへの階段もしっかり準備するのが仰木監督の凄い所です。

    登録名を「イチロー」と改名するという仰木の提案に、「今はいいですが、この先、子供ができて父親がイチローではおかしいでしょう」と譲らなかったイチローに対し、仰木が佐藤和弘を呼び寄せ、「おまえは来年から登録名を佐藤から別のものにしよう。おまえの頭はパンチパーマだからパンチでいこう」と指示して佐藤は快諾し、「先輩の佐藤が変えるんだから、おまえも来年からイチローで登録だ」と強引に納得させたエピソードがあります。

     

    「パンチ」と「イチロー」

     

    2人同時に、登録名をカタカナにする。すると、メディアの注目は、まず言動が目立つ「パンチ」に向く。そのついでに「イチロー」も露出する。そうすれば、活躍して目立ち始めたときに「仰木監督が絶賛していたあの選手だな」と思い出してくれる。

    そうしたマスコミ対応も、仰木監督は全て考慮済でした。

    そして仰木監督の目論見は見事に的中し、それどころか仰木監督の想像すらはるかに超えた大ブレークを果たし、日本中にイチロー・フィーバーを巻き起こすことになります。

    その育成手腕やチームマネジメントの巧みさに、世間から大きな注目が集まることになります。

    伝説の仰木マジック

    猫の目打線

    スタメンを固定することが少なく、日替わりで毎日打順が変わる采配。

    しかしこれは緻密なデータによるものであり、結果的に成功をおさめている。

    また、メンバー起用の幅を広げるために選手に複数ポジションを守ることを求め、内野手が複数ポジションを兼任したり、当時外野守備に定評のあった谷佳知、本西厚博、田口壮を内野で起用することもあった。

    イチロー生みの親 日本人で初のカタカナ登録名採用

    耳打ち

    監督が呼び止め、グラウンド上で話したり、監督室に呼んだりすれば、周囲に感づかれる。故障か、二軍落ちなのか、妙な憶測も呼んだりする。ところが、なにげないランニング中に、アドバイスや心構えを伝授していた。

    常に選手をよく観察し必要な時に必要な助言を的確にしていた。

    育て上げた主な選手と功績

    • 野茂英雄
    • 長谷川滋利
    • イチロー
    • 田口壮
    • その全員が仰木のことを「師匠」「尊敬する人」と公言しており、死後もなお彼らに多大な影響を与えています。
    • イチローはメジャー移籍後、キャンプ中の仰木に会うためだけにわざわざ宮古島まで出向いたほどで、その尊敬ぶりは崇拝に近いものであり、記者の質問に「僕の唯一人の師匠ですから」とまで答えている。
    • イチローが大リーグで3,000本安打を達成した際のインタビューで「仰木さん思い出した」「神戸で2000年の秋、お酒の力を使って大リーグ移籍を口説いた。仰木さんの決断がなければ、何も始まらなかった」と感謝の言葉を述べている。
    • 清原和博は、自分の最後のチームになったオリックスに誘ってくれた仰木のことを深く感謝しており、自分の引退試合セレモニーで「天国にいる仰木さん、自分に最後の活躍の場を与えてくれてありがとう!」と感謝を述べた。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    仰木監督がいかに人望があり、人心掌握術に長けていたかがわかります。

    人の気持ちを敏感に察知し、観察し助言する。選手がいかに気持ちよく、そして力を発揮出来る環境を作るかを考えぬいた方ではないでしょうか。

    監督(リーダー)の鑑のような人だなと改めて思いました。

    これからも野球史に仰木監督の名前が残っていくことを嬉しく思います。

    ではまた。

    ➡️レジェンドイチローがメジャーリーグで残した異次元な記録と成績まとめ

    ➡️イチローが日本プロ野球界に残した異次元な記録と成績まとめ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました