最近のコメント

    【プロ野球】歴代トリプルスリー達成者と入団時のドラフト順位まとめ

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    打率3割30本塁打30盗塁を記録することをトリプルスリーと呼び、三冠王の次に達成が難しいとされています。

    歴代の達成者にはどんな選手が名を連ねているのでしょうか。

    達成者は10人しかいません。

    2000本安打の達成者は50人以上います。いかに難しい記録かが分かりますね。

    ➡️【プロ野球】16年間出ていない三冠王の達成者とどれだけ凄いタイトルか解説

    では見ていきましょう。

    トリプルスリー達成者一覧

    選手名 球団 年度 打率 本塁打 盗塁
    岩本 義行 松 竹 1950(セ・リーグ) .319 39 34
    別当 薫 毎 日 1950(パ・リーグ) .335 43 34
    中西 太 西 鉄 1953(パ・リーグ) .314 36 36
    簑田 浩二 阪 急 1983(パ・リーグ) .312 32 35
    秋山 幸二 西 武 1989(パ・リーグ) .301 31 31
    野村 謙二郎 広 島 1995(セ・リーグ) .315 32 30
    金本 知憲 広 島 2000(セ・リーグ) .315 30 30
    松井 稼頭央 西 武 2002(パ・リーグ) .332 36 33
    山田 哲人 ヤクルト 2015(セ・リーグ) .329 38 34
    山田 哲人 ヤクルト 2016(セ・リーグ) .304 38 30
    山田 哲人 ヤクルト 2018(セ・リーグ) .315 34 33
    柳田 悠岐 ソフトバンク 2015(パ・リーグ) .363 34 32

    プロ野球80年を超える歴史上で、トリプルスリー達成者はわずか10人。

    三冠王の達成者がわずか7人だった事を考えると、トリプルスリーの凄さがわかります。

    そんな中やはり目につくのは、近年凄まじい活躍を見せるヤクルトスワローズの山田哲人選手です。

    なんとこのトリプルスリーを3回も達成しています。

    ミスタートリプルスリーと呼ばれ今後も十分達成が予想されます。

    また12回達成された内訳はセ・リーグとパ・リーグで6回ずつと均等に分かれています。

    プロ野球観るならスカパー!プロ野球セットで12球団完全網羅!

    トリプルスリー達成の難しさ

    打率3割、本塁打30本、盗塁30盗塁というのは単独でも難しい記録です。

    どれもシーズンを通して達成出来るのは数名の記録で、これを両立するのは至難の業です。

    例えば30本塁打を打つ選手にはどのようなイメージがあるでしょうか。

    30本以上打つ選手には体格がよくパワーヒッターであり、外国人選手イメージすることが多いと思います。

    日本のホームランバッターで言うと、西武ライオンズの山川穂高選手や中村剛也選手、巨人の岡本和真選手やヤクルトの村上宗隆選手になります。

    この名前を見ていくと盗塁をバシバシ決めているイメージは湧かないと思います。

    一方で、30盗塁を達成出来るような選手は俊足と呼ばれる選手でスラッとした脚の長い選手をイメージすると思います。

    本塁打で成績を残せる選手と、盗塁で成績を残せる選手の特徴は、一般的には真逆なのです。

    盗塁と本塁打の両方で成績を残すだけでもとんでもない偉業と言えますが、これだけなら身体能力の高さで達成する選手は出てくるかもしれません。

    しかし、トリプルスリーの達成には3割打者という打撃の技術面まで求められるのです。

    パワーヒッターで俊足で、さらに正確な打撃も持ち合わせている選手だけがトリプルスリーを達成出来ます。

    これが過去にたった10人しか達成出来ていない理由になります。

    トリプルスリー達成者のドラフト順位

    • 岩本 義行 ドラフト外(1940年)
    • 別当 薫  ドラフト外(1948年)
    • 中西 太  ドラフト外(1952年)
    • 簑田 浩二 ドラフト2位(1975年)
    • 秋山 幸二 ドラフト外(1980年)
    • 野村 謙二郎ドラフト1位(1988年)
    • 金本 知憲 ドラフト4位(1991年)
    • 松井 稼頭央ドラフト3位(1993年)
    • 山田哲人  ドラフト1位(2010年)
    • 柳田 悠岐 ドラフト2位(2010年)

    偉業を達成した選手は時代もありドラフト外も多いですが、ドラフト1位選手ばかりではないのが印象的でした。

    やはりプロに入る順位はそれほど重要ではなく入ってからが勝負なんだなと改めて感じます。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    トリプルスリーは近年山田哲人選手や柳田悠岐選手が簡単に達成している印象を受けるかもしれませんが、とんでもない記録であることは間違いありません。

    今後どの選手がトリプルスリーを達成するのか楽しみにプロ野球を楽しみましょう。

    ではまた。

    ➡️【プロ野球】NPBのみ2000本安打達成者と達成試合数ランキングTOP5

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました