最近のコメント

    【少年野球】子供の身長が伸びなくて心配…成長をサポートする方法

    少年野球

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    子供は小学生の6年間が一番成長する時期です。

    この時期にしっかり必要な栄養を補給する事で、大きく成長する事が出来ます。

    逆にここでしっかり体づくりが出来ないと、中学・高校になるともっと大きな差となってしまうでしょう。

    • 少年野球チームでも線が細く周りと比べて小柄で心配だな…
    • パワーが無く、周りとの体格の差や飛距離の差に焦ってしまう。
    • もっと成長させてあげたいけどどうすればいいの?

    このような悩みを持った少年野球をする子供を持つ親御さんへ。

    特に少年野球チームでは体格の差が出やすいので、心配されてる親御さんも多いと思います。

    この記事では学年別の体格と、子供の成長をサポートする2つの方法をまとめました。

    ご家庭に合った方法で、お子さんの成長をサポートしてあげてくださいね。

    子供の身長が伸びなくて心配 子供の成長をサポートする方法

    年齢別の身長と体重

    区分 身長(cm) 体重(kg) 座高(cm)
    小学校 6歳 116.5 115.6 21.4 20.9 64.9 64.6
    7歳 122.6 121.4 24.2 23.5 67.7 67.4
    8歳 128.1 127.3 27.3 26.5 70.4 70.1
    9歳 133.5 133.4 30.7 30.0 72.8 72.8
    10歳 139.0 140.2 34.4 34.2 75.1 76.0
    11歳 145.2 146.6 38.7 39.0 77.9 79.5

    ※引用元:文部科学省 「学校保健統計調査」 (令和元年度)

    小学生の身長って男の子の場合、6年間で約30センチ伸びる統計になっています。

    体重も約15キロ増えるので、まさに人生に中でも一番体が成長し、体のベースを作る期間になります。

    このグラフは平均なので、当然この表より小さい子もいれば大きい子もいますよね。

    我が子を見守る親としてはあまりに細かったり、体が小さいと少し心配になると思います。

    ただ、お子さんによって骨格の大きさは決まっているのであまり無理な増量やトレーニングはオススメ出来ません。

    では具体的にどうすればいいのか見ていきましょう。

    子供の成長をサポートする方法

    食生活(腸活)の見直し

    「運動」「睡眠」「食事」の中で特に食事が重要

    食事での体づくりは「骨格」「筋肉」「胃腸」を意識してアプローチしていくことが大切です。

    その中で特に重要になるのが、スポーツをする子どもにとって「適度な量をしっかりと食べて、きちんと消化吸収できる胃腸」がとても大事になります。

    当たり前のことですが、いくらバランスの良い食事を用意しても、子どもがそれを食べられなければ筋肉や骨が育つことはありません。

    逆に「適量を継続して食べることができる」というのは、それだけで体づくりにおいては有利なポイントになるわけです。

    エネルギーの源となるのが、ご飯、パン、イモ類、麺類などの炭水化物に多く含まれている「糖質」です。

    エネルギー消耗が激しい状態が続くと、糖質が不足し、体を構成するタンパク質や脂肪がエネルギー源として使われてしまう場合があり、他で使うべき栄養素が足りなくなる状態を作ってしまいます。

    そういった事態を避けるためにも、「体が必要としている量を食べること」に胃腸を適応させていく必要があります。

    例えば、野球の練習や試合の前日にはご飯やパンを始めとした炭水化物を多めにとり、活動後にはサンドイッチやおにぎりといった補食を通じてエネルギー補給をすることをおススメします。

    成長サポートの役割も果たしている間食は、できれば白砂糖を多く含むお菓子ではなく、おにぎりやサンドイッチ、果物など、炭水化物とビタミンを摂取できるメニューを選ぶといいです。

    また「子どもの食が細い」と悩んでいるお父さんやお母さんもたくさんいると思います。

    「たくさん食べさせなければ……」と焦ってしまったり、あまり食べないお子さんにイライラしたりしてしまう瞬間もあるかもしれません。でも、無理やり完食させるのではなく、間食を上手に取り入れて、こまめに食事をとることも一つの方法です。

    そして、食べられなかったときにネガティブな声かけをするよりも、きちんと食べられたときにポジティブな言葉がけをすることで、お子さんの食生活もゆっくりと変わっていくと思います。

    腸の環境を整えるためには、発酵食品や食物繊維を含む食材を日々の食事の中に取り入れるよう心がけていきましょう。

    つらつら書きましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。

    日々忙しいママ、パパからすると

    • 正直めんどくさいな…
    • それだけ食事にこだわってる時間なんてないよ…
    • 食事を作るだけでも大変なのに、毎日栄養バランス考えてメニューを考えるなんて無理…

    という親御さんがほとんだと思います。

    手間をかけずに、栄養バランスなど食事の面でサポートしてあげたい方はサプリメントを使って解決することをオススメします。

    サプリメントで必要な栄養素を補給

    今は昔に比べて子供向けの補助食品やサプリメントがたくさんあります。

    サプリメントで成長をサポートしてあげると親御さんも楽ですし、お子さんの成長時期にしっかりと必要な栄養を補給してあげられます。

    色々調べてオススメの栄養サポートサプリメントを見つけたので紹介します。

    成長期応援サプリ シェイクック

    好きなドリンクに混ぜて飲むだけの簡単粉末サプリメントです。

    匂いも味もしないので、スポーツドリンクや牛乳、ジュースなどだけでなく料理にも混ぜて使えます。

    野菜や魚などの好き嫌い、食わず嫌いで、なかなか栄養を十分に取れなくて悩んでいる親御さんにとってもおすすめです。何より手軽で簡単です。

    シェイクックは成長期に必要な栄養素を全て含んでいます。一覧↓

    • アルギニン…成長ホルモンの分泌
    • フェルラ酸…認知症予防効果
    • α-GPC…認知機能の改善、成長ホルモンの分泌促進、競技パフォーマンスの向上
    • カルシウム…心臓の筋肉や脳の神経細胞の働きをコントロール
    • 必須アミノ酸…疲労の軽減に加えて、筋肉の合成を促進し分解を抑制
    • ミネラル…歯や骨格を形成、体の発育・新陳代謝に効果的
    • 乳酸菌…腸内環境の改善、免疫機能の向上

    毎日、何だったら食べてくれるだろうかと頭を悩ませている親御さんめちゃくちゃ多いですよね。うちもそうです。毎日妻が頭を悩ませて野菜を微塵切りにしたり、スープにしてエキスだけ飲んでもらったりしていますが、手間が大変ですよね。

    原型の野菜はほとんど食べてくれないのでサプリメントで補助するのが、親の負担を考えるとコスパも良くて続けられます。

    このサプリならいつもの料理に+α混ぜるだけでOKなので、食べさせないといけないという心理的ハードルも下がりメンタル負担も減ります。

    子供の成長って本当に早いですから、親が子供にしてあげられる期間って長いようであっという間です。

    あの時〇〇してあげておけばよかったという後悔をひとつでも減らして、子供の挑戦を応援してあげてください。

    今なら30日間全額返金補償付きですので、合わなければすぐに辞めてOKです。

    ➡️お子様の伸び伸びスイッチオン!!シェイクックは栄養管理士監修!

    まとめ

    お子さんの身長や同級生との体格の差に悩んでいる親御さん多いと思います。

    成長をサポートすることで、体格が変わりパワーがつき、プレーにもいい影響が出てくれば、お子さんの自信になり野球だけでなく、人間的にも大きく成長することに繋がっていきます。

    子供は小学生の6年間が人生の中で一番成長します。

    この大切な時期を逃さないようにしっかりと栄養をサポートしてあげてください。

    子供の成長は、後から後悔しても戻ってきません。

    親御さんの出来る限りのサポートが、子供達の未来を変える唯一の方法かもしれませんね。

    ➡️【少年野球】親にかかる負担はどれくらい?親の負担を軽くする方法

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました