最近のコメント

    【少年野球】バッティングがどんどん上達!自宅で出来る練習方法3選

    【上達への道】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです!

    悩んでる人
    悩んでる人

    なんであの選手はあんなに打てるんだろう…

    どうやったらバッティングが上達するの?

    もっと上手くなりたいけどどうすれば…

    このように気持ちはあるけど、実際何をどうすればいいのか分からず立ち止まっている方へ向けて書いてます!

    突然ですが、毎日自宅でも練習していますか?

    上手くなりたいのに練習していなければ非常にもったいないことです。

    理由は簡単で、ゲーム、YouTube、Netflixなど様々なエンタメに溢れた現代だからこそ、毎日練習するだけで他者と圧倒的に差をつけることが可能になります。

    大半の選手は、溢れかえるエンタメに時間を費やしてしまい、平日まで野球の練習をしていません。

    だからこそ少し練習するだけで、何もしていない選手との差をどんどんつけることができます。

    逆にこれだけたくさんの楽しいエンタメがあるにも関わらず、野球の練習をしようとするだけで、もう他者より上手くなる素質に溢れていることは言うまでもありませんね。

    ✔️この記事でわかること

    • 活躍する選手は必ず自主練している
    • 自宅で出来るバッティング練習方法3選
    • 自分の強みを伸ばす思考

    ひとつずつ解説していきます。

    バッティングを上達させるなら自主練あるのみ!自宅で出来る練習方法3選

    活躍する選手は必ず自主練している

    上手い選手ほど練習している

    同じチームやライバルチームに自分より上手い選手っていますよね?

    同じ年齢で、野球歴もそこまで変わらないのに、なぜこれだけ技術的に差ができるのか真剣に考えたことはありますか?

    上手い選手は例外なく、めちゃくちゃ練習しています。

    厳しいことを言うようですが、土日だけ集まって練習していては上達にも限界があります。

    どんな大会でも勝ち上がるほど、強豪チームと対戦することになりますが、当然上に行くほど個人で努力している選手しかいなくなってきます。

    いきなりそこを目指すのもハードルが高いので、毎日どんな練習でもいいので10分でも野球のために行動する習慣をつけましょう。

    バットを10回振ってみる、壁当て15分だけやってみるなど、毎日練習する習慣をつけると上達するスピードが格段に上がります。

    ケガにだけ注意しておけば、練習してマイナスなことは何ひとつありません。

    試合で活躍する充実感を味わったらやめられない

    地道にコツコツ練習していくと、必ずどこかで練習の成果が出る時がきます。

    1度でも試合で自分が活躍してチームが勝ったり、シビれる場面でサヨナラヒットでも打ったりしたら、その充実感が脳に記憶され、また試合で活躍したいと心から思えるようになります。

    1週間練習して、いきなり結果が出るかといったらおそらく難しいでしょう。

    しかし何も練習せずに出た結果と、練習した上での結果とでは、受け取り方が全く違ってきます。

    凡打しても練習してきた蓄積があるので、次はこうしようとか、もっとこうしようと自分の頭で考えられるようになります。

    これができるようになれば、自然と自主的に練習するルーティンに入っていくことになります。

    大人はその時に、精一杯のサポートをしてあげましょう。

    自宅で出来るバッティング練習方法3選

    実践方式の素振り

    間取りにもよりますが、素振りなら自宅の中でもできます。

    重要なことは、100回スイングするという目標ではなく、3〜4打席で試合を想定して見逃しも含めてスイングしましょう。

    相手投手をライバルチームのエースでもいいですし、プロ野球選手でも構話ないので具体的にイメージしましょう。

    ピッチャーのモーションに合わせてタイミングを計りながら、1球1球コースを設定して、常に試合を想定した素振りを心がけましょう。

    それだけで、何となく振る素振りとは上達度が全然変わってきますので、ぜひやってみてください。

    ミズノのビヨンドギガキングのバットは超オススメです!いい道具を使ってモチベーションを上げて練習に没頭しましょう!!

    置きティー

    置きティーは外で練習することになります。

    ネットと置きティー用の用具だけあれば、自宅の庭、もしくは近くの公園でも十分練習できます。

    置きティーのメリットは、止まっているボールを打つので、自分のミートポイントを把握するのに適しています。

    コース別に、どのポイントでバットに当てればしっかりミートできるのかを確認しながら調節できるので、なかなかバットにボールが当たらなくて悩んでいる人にはおすすめの練習方です。

    バットの芯でボールを捕らえる感覚が身についてくれば、ヒットを打てる確率がグッと上がります。

    羽根打ち

    羽根打ちも、バッティング向上には大事な練習になります。

    メリットは、ミートすることが非常に難しいので、ギリギリまで引きつけないと打てないので下半身の使い方を体に染み込ませられます。

    また羽根は空気抵抗を受けて、不規則に動くので点でミートしなければならず、ミート力アップに繋がります。

    羽根打ちなら家の中でも比較的安全に練習できるので、天気の悪い日でもしっかりスイングの練習ができます。

    自分の強みを伸ばす思考

    あなたの武器はなんですか?

    • ホームランを打てるパワー?
    • 相手をかき乱す快足?
    • ヒットを量産するミート力?
    • バントなら100%成功させる技術?

    何でもいいんですが、自分はどういう選手で、自分の武器をどう活かしてチームに貢献できるか、試合で活躍できるかをしっかり認識してきましょう。

    ミート力は高いのにホームランが打ちたくて大振りばかりして、せっかくのミート力を活かせず活躍できていない選手なんて山ほどいます。

    まずは自分の強みを把握して、弱点を克服するよりも強みを徹底的に磨いていく方が、野球が楽しくなります。

    ひとつでも、誰にも負けないと自信を持ってプレー出来る武器があるだけで、選手のメンタルにもいい影響が生まれます。

    武器がわかって磨いていくと、弱点が浮き彫りになって自然に克服しようと行動するようになります。外野があーだこーだ言ってせっかくの武器を磨けずに平凡な選手になってしまわないように気をつけましょう。

    お子さんの体格が心配な方は栄養補助食品でサポートしてあげてください!➡️お子様の成長期に!【フィジカルB】

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    まずは野球を好きになること⇨好きになると試合で活躍したくなる⇨活躍したいなら土日だけじゃなく平日の練習が必須⇨家でも出来る練習環境を整える⇨上手くなる⇨活躍出来る⇨もっと野球が好きになる

    この流れです。

    せっかく土日の貴重な時間を使って、野球しているんだったら野球を最高に楽しんで、活躍して充実感を味わってほしいなと思います。

    野球は本当に楽しくて面白いスポーツですからね!

    ➡️【上達への道】コントロールが悪い投手の原因と良くするための3つコツ

    タイトルとURLをコピーしました