最近のコメント

    【プロ野球】ルーキーで打撃タイトルを獲得した選手は?難易度も解説

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    長いプロ野球の歴史で、ルーキーから打撃タイトルを獲得した選手ってすぐに思いつきますか?

    投手は1年目から最多勝や最優秀防御率などタイトルを獲得している例が結構ありますが、打撃タイトルではなかなかいません。

    この記事では、過去にルーキーイヤーに打撃タイトルを獲得した選手をまとめました。

    どれだけ難しいことなのか見ていきましょう。

    ルーキーイヤーに打撃タイトルを獲得する難易度を解説

    歴代新人タイトル獲得者一覧(打撃部門)

    • 首位打者:0人
    • 最多安打:0人
    • ホームラン王:2人
    • 打点王:1人
    • 最高出塁率:0人

    ルーキーイヤーで打撃タイトルを獲得したのは、過去の歴史を見てもわずか3人しかいません。

    あまりに少ないので、僕も調査しながら驚きました。

    それだけプロ野球の世界で、1年を通して活躍しないと獲得できないタイトルは難易度が高いことが証明されていますね。

    ではルーキーで打撃タイトルを獲得したレジェンド達を解説します。

    ホームラン王

    • 長嶋茂雄:29本塁打(巨人/1958年)
    • 桑田武:31本塁打(大洋/1959年)

    ホームラン王のタイトルは、過去に長嶋茂雄と桑田武の2人が獲得しています。

    長いプロ野球の歴史で2人しか達成していない伝説的な記録になっています。

    長嶋茂雄は1年目とは思えないペースでホームランを量産し、当時の新人ホームラン記録を更新する29本をマークしました。

    しかし、翌1958年に大洋のルーキー・桑田武が長嶋超えの31本を放ち、2年連続でルーキーがホームラン王に輝くという今では信じられないようなことが起きていました。

    ちなみに、1986年には高卒1年目の清原和博が桑田に並ぶ31本を記録していますが、この年は落合博満が三冠王を達成した年で50本のホームランを放ち、ホームラン王は獲得できずに終わっています。

    打点王

    • 長嶋茂雄:92打点(巨人/1958年)

    1年目での打点王は過去に長嶋茂雄たった一人だけです。

    ミスタープロ野球、ミスタージャイアンツにふさわしい国民的スターは、やはりルーキーからモノが違っていたんですね。

    新人最多打点記録は1950年に戸倉勝城が記録した96打点ですが、この年は別当薫の105打点に及ばず快挙とはなりませんでした。

    そう考えると、長嶋茂雄は1年目から本塁打王、打点王の二冠を達成し、当時まだ表彰されていなかった最多安打に3割打者と、まさに史上最強のルーキーだったことは間違いありませんね。

    ルーキーの打者がタイトルを獲得出来ない要因

    プロの1軍投手のレベルの高さ

    NPB投手のレベルの高さは世界一とも言われるほど、高いレベルにあります。

    野茂英雄、松坂大輔、ダルビッシュ有、前田健太、田中将大、上原浩治などなど、MLBでも大活躍した投手が何人も誕生していますよね。

    そもそも、アマチュアとプロ野球の差で最も大きいのが、ピッチャーのレベルの高さです。

    ルーキーの打者は、それまでアマチュアクラスの投手から打って、プロのスカウトの目に止まりドラフトされて入団しますから、いきなり1軍クラスのボールを打てという方が無理な注文かもしれません。

    過去の多くの大打者もタイトル争いに入ってくるのは早くて3年目頃からなので、やはりプロのボールに慣れて対応するのに2〜3年はかかってしまうんですね。

    あのイチローも3年目に才能が開花していて、2年目までは1軍と2軍を行ったり来たりしていたくらいなので、それだけプロ野球の1軍投手のレベルが高いということでしょう。

    1年目からレギュラーで全試合出場のハードルが高すぎる

    プロ野球はシーズンを通して143試合を消化して、優勝を争います。

    アマチュア野球にこれだけ過密スケジュールで試合をし続けることは、どこを見渡してもありません。

    野球=仕事だけあって、毎日試合することってプロ野球に入らないと経験しないわけです。

    だから1年目の選手は、2〜3年後を見据えて主に体力をつけるメニューだったり、疲れない体作りを中心に2軍でレベルアップする選手が多いんですね。

    僕も野球経験者ですから分かりますが、毎日試合するのってとんでもなく疲れますし、さらにその中で結果を常に求められるんですから、精神的な負担も相当キツいはずです。

    そんな環境の中で、143試合を通じて結果を残し続けるのは、プロ1年目にはあまりに高いハードルになってしまうのが現状でしょう。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    やはりミスタープロ野球長嶋茂雄は凄い野球人だったということが、改めて分かりましたね。

    今年は阪神タイガースのルーキー佐藤輝明選手が、ホームランを量産していて、ホームラン王、打点王の期待が日に日に高まっています。

    過去の歴史を見ても、相当高いハードルですが、佐藤選手を見ているとやってくれるんじゃないかという期待をさせてくれる選手で、見ていてワクワクしますね。

    シーズンの最後まで目が離せません!

    ではまた。

    タイトルとURLをコピーしました