最近のコメント

    【野球】暗くてボールが見えない!夜でも練習できる環境の作り方

    【上達への道】
    悩んでる人
    悩んでる人

    もっと上手くなるために夜も練習したいけど暗くて見えない…

    車のライトはエンジン音や臭いが気になるし何かいい方法はないかな?

    このような疑問を解決します。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    結論、置き型の照明器具を準備することで全て解決します。

    ✔️この記事でわかること

    • 夜の練習がライバルに差をつける一番の近道
    • 夜間練習に使える屋外用照明器具
    • 注意!オーバートレーニング症候群

    ひとつずつ解説していきます。

    》味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

    【野球】暗くてボールが見えない!夜でも練習できる環境の作り方

    夜の練習がライバルに差をつける一番の近道

    ほとんどの選手は練習していない

    【野球が上手くなりたいなら練習するしかない】

    これはみなさん分かっていると思います。

    が、しかし実際に「仕事が終わってから」「学校から帰ってきてから」平日の夜に毎日練習している選手は本当に一握りです。

    他の選手が

    • 「お酒飲みながらテレビでプロ野球中継を見ている間に」
    • 「お菓子食べてコーラ飲みながらYouTube見ている間に」

    平日に練習するだけで、あっという間に大きな差をつけることができます。

    毎日1時間練習するだけで月に30時間、年間で360時間もの差がつきます。

    3ヶ月もあれば、確実に成果が出始めるのでうまくなりたいなら練習しましょう。

    量をこなすメリット

    量をこなすメリットは、もちろん技術的なスキルの向上が見込めますが、それよりも精神的な自信が生まれることです。

    「あれだけ練習したんだから」

    この精神的な自信が、試合のここ一番で結果を残す大きな大きなポイントになります。

    練習はしんどいし誰だって楽して試合で打ちたいと思うものです。

    弱い自分に打ち勝って手に入れた自信は、プレッシャーのかかる場面で自分を助けてくれます。

    がむしゃらに練習しましょう。

    【野球】130㎞は誰でも投げられる!球速アップに必要な練習方法

    【上達への道】スイングスピードを上げて打球速度をアップさせる練習

    夜間練習に使える屋外用照明器具

    置き型LED照明

    置き型で、防水防塵機能を備え充電式の照明器具です。

    キャンプなどでも使えるもので、ティーバッティングやキャッチボールする程度なら十分な明るさです。

    充電式でコードを引っ張る必要もなく簡単に持ち運びできるので、近くの公園などでも使いやすのでオススメです。

    さらに地震などのアクシデント時にも使えるので、野球以外の万が一の備えにも役に立つので便利ですね。

    三脚式投光器

    折りたたみ式で持ち運びが便利な三脚式です。

    置き型よりも高さがあり、より広範囲を照らしたい場合に適しています。

    こちらも充電式であり、ソーラー発電も可能なので天気のいい昼間に充電しておけば、電気代をかけずに照らすことが可能です。

    注意!オーバートレーニング症候群

    おそらくこの記事を読んでくださっている方は、相当練習熱心で「もっと上手くなりたい」と強く思っているはずです。

    だからこそトレーニング、練習のやり過ぎには注意しつつ質の高い練習をしましょう。

    オーバートレーニング症候群とは

    スポーツなどによって生じた生理的な疲労が十分に回復しないまま積み重なって引き起こされる慢性疲労状態。

    スポーツの実施などによって生じる生理的な疲労が、十分に回復しないまま積み重なって起こる慢性疲労状態のことを指します。

    引用元:e-ヘルスネット(厚生労働省)

    毎日追い込むような猛練習も時には必要かもしれませんが、長く質の高い練習を継続するには【休む】ことも練習の一つとして意識しなければなりません。

    「身体が重くて、モチベーション上がらないな…」という日でも全力100%でやってるとケガしたり逆にパフォーマンスが落ちたりするので、「疲れが溜まってきたな」って感じたら休むことも意識しましょう。

    休むことも大事な練習のひとつです。

    休む目安は?

    【起きた時の疲労感がなくなるまで】

    一旦練習やトレーニングを控えて身体をゆっくりと休め、バランスの良い食事を摂ることで回復が早まります。

    ビタミンB群やビタミンCを摂るとよいといわれています。

    症状が重くなると回復にかかる時間も長くなるため、早め早めに休むことも練習だと思って適度にゆっくるする時間も作りましょう。

    まとめ

    1日は24時間、全ての選手に平等に与えられた時間です。

    これをどう使っていくかは自分次第ですし、意外と周りはそんなにやってないので一気に差をつけるチャンスととらえて頑張りましょう!

    【正しい練習はうそをつきません】

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました