最近のコメント

    「好きな野球で生きていく」野球に関わる仕事に就職・転職する方法

    野球

    長年野球やってきた経験を活かせる仕事はないの?

    どうすれば野球に関わる仕事、会社に就職できるの?

    今からでも野球関係の仕事に転職できる?

    このような疑問にお答えします。

    結論、スポーツ経験者専門の就職支援サービスを活用して「好きを仕事に」を実現させましょう。

    完全無料【アスリートエージェント】の詳細はこちら

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    この記事では野球が好きで野球に関わる仕事に就きたいと考えているあなたへ、就職・転職の仕方をまとめました。

    参考になれば幸いです。

    ✔️この記事でわかること

    • 野球に関わる仕事5選と就職する方法
    • 合わない仕事を選んだ人の末路

    それぞれ深掘りしていきます。

    【野球好き】だからこそオススメしたい副業3選《好きなら稼げます》

    「好きな野球で生きていく」野球に関わる仕事に就職・転職する方法

    野球に関わる仕事5選と就職する方法

    日本プロ野球機構(NPB)

    プロ野球全体を統括するポジションで、日本シリーズやオールスター、プロ野球全試合などを開催、運営します。

    スタッフの仕事は、営業やマーケティング、スポンサーの獲得、プロ野球の運営、人事など幅広い仕事になります。

     

    けんにぃ
    けんにぃ

    どこを取っても野球に関わる仕事だけに野球好きにはたまらない仕事ですね(^^)

    新規の募集も定期的に行われており、NPBの公式サイトに掲載されます。

    公式サイトに掲載があった2023年度の採用は終了していましたが、総合職の募集人数は若干名でした。毎年2〜3名のようです。

    これを見るに採用されるのは、かなり難しいと言えそうです。

    またアルバイトから正社員に登用されることもあるようです。

    こちらもNPBのホームページなどをチェックして、採用試験を受けることになります。

    NPB公式HP採用募集

    プロ野球の球団職員

    プロ野球の球団職員の仕事は多岐にわたります。

    グラウンドでプレーする選手の裏では、想像以上の人達があらゆる仕事をこなすことでプロ野球は成り立っています。

    選手としては無理だったとしても、裏方というポジションでプロ野球に関わっていくなら最高の舞台であることは間違いありません。

    • 企画運営
    • 球団グッズの考案
    • イベントの開催
    • チケット販売
    • 警備
    • 営業(スポンサー獲得)
    • 広報
    • 球場スタッフ
    • 通訳
    • トレーナー
    • 用具係
    • グランドキーパー
    • グッズ販売スタッフ
    • ボールボーイ

    数え出すとキリがないほどの仕事があり、プロ野球を支えるスタッフの多さに驚きますね。

    企画や営業などは経験とマーケティングの能力なども必要となるため、他業界で同じような営業や企画の経験がある方は特にチャンスありです。

    けんにぃ
    けんにぃ

    正直興味のない業界の商品を売るのと、大好きな野球に関係する商品を売るのとではモチベーションも全く変わってきますからね!

    また警備や販売スタッフ、グランドキーパーなど資格や経験があまり必要としない仕事もたくさんあるので、球場でプロ野球の雰囲気を感じながら働きたい方にオススメです。

    「とにかくプロ野球に関わる仕事がしたい!」という方は球団職員の道を模索してみてください!

    完全無料【アスリートエージェント】の詳細はこちら

    道具メーカー職員

    ミズノ、ゼット、SSK、アシックスなど野球道具を製造しているメーカー職員も野球に大きく関わる仕事のひとつです。

    文系なら営業や企画、理系なら製品開発などの仕事があります。

    しかし道具メーカーは人気が高く、就職・転職のハードルはかなり高くなります。

    学歴はもちろん、コミュニケーション能力など野球以外のサラリーマンスキルも必要とされるため難易度は高めです。

    しかし道具メーカーも大手だけではないので、中小も含めて探してみるといいかもしれません。

    一般的な転職サイトでも募集している所も多いので、プロフィールに野球への熱意を込めて求人を探してみてください(^^)

    完全無料【アスリートエージェント】の詳細はこちら

    野球道具専門店のスタッフ

    野球道具が大好きな方には天職といえますね。

    グローブやバット、スパイクなど野球道具に囲まれて過ごす仕事は楽しくて仕方ないはずです。

    野球専門店は小規模で運営しているところが多く、求人などは店のホームページで出しているところがほとんどです。

    いつも通っていた店や気になっていた店があるなら直接交渉してみるのもアリかもです。

    熱意が伝われば働けるかもしれません。

    ベースボールスクールのコーチ

    日本にはベースボールスクールがめちゃくちゃあるのはご存知でしょうか?

    主に小学生〜中学生向けに技術指導や野球に対する姿勢などを指導する野球専門のスクールです。

    特に資格など必要ありませんが、野球歴や経歴などは必ず重視されます。

    加えてコミュニケーション能力や人に教えるスキルも必要になるので、野球が好きで人に教えるのが好きな人には向いているでしょう。

    基本的にはサポート的なアルバイトが多いですが、一部正社員として活躍できる人材を募集しているところもあるので、興味がある人は検索してみてください。

    完全無料【アスリートエージェント】の詳細はこちら

    合わない仕事を選んだ人の末路

    3年以内の離職率

    厚生労働省の資料によると、令和2年度の新社会人の3年以内の離職率は高卒で36.9%、大卒で31.2%と3割を超える人が会社に入って3年以内に離職しています。

    就活を頑張って何枚もエントリーシートを書いて面接対策してやっと出た内定の会社ですぐに辞めてしまう…

    特徴は離職率の高い業界は歴代ほぼ変わっていないという事実です。

    業界別のデータです。( )内は前年比:厚生労働省資料より引用

    【 高校 】 【 大学 】

    宿泊・飲食サービス

    61.1% (▲3.1P)

    宿泊・飲食サービス

    51.5% (▲1.1P)

    生活関連サービス・娯楽

    56.9% (▲2.8P)

    生活関連サービス・娯楽

    46.5% (+0.3P)

    教育・学習支援

    50.1% (▲5.7P)

    教育・学習支援

    45.6% (▲0.0P)

    小売

    47.8% (▲1.7P)

    医療、福祉

    38.6% (+0.2P)

    医療、福祉

    46.2% (▲0.8P)

    小売

    37.4% (▲1.9P)

    どの会社ではなく、どの業界に行くかで働きやすさや離職率が大きく変わってきます。

    スポーツをやっていた体力とガッツがある体育会系の人材を欲しがる体力勝負の業界が多いのも特徴です。

    こういった情報を事前に知ることで、的確な判断ができるようになります。

    何も考えずに飛び込むと苦労することになるでしょう。

    社会人の意識調査

    約8割の社会人が仕事を辞めたいと思ったことがあるという現実を知っておきましょう。

    (引用元:doda

    「社会は厳しいぞ」「世の中そんな甘くない」など聞いたことあると思いますが、半分は本当で半分はそんなことありません。

    この調査結果は、世の中の大半の人がやりたくもない仕事に就き、お金のために仕方なく仕事をしているという結果です。

    これを受けて伝えたいことは、甘くない・厳しい社会を生き抜くには「好きなこと」「得意なこと」を活かせる場所でないと約40年以上もある定年までの時間を乗り越えていけません。

    例えば、コミュニケーションが苦手な人が無理矢理営業マンになったり、体を動かすのが好きな人が事務仕事を選んだりするとほぼほぼ挫折します。

    時代はジョブ型雇用に変化しつつある

    今この記事を読んでくださっている皆さんが生きる時代は急速な変化とともにあります。

    総合職というフワッとしたポジションや年功序列制度はなくなり退職金も減る一方で、スキルに給料を払うジョブ型雇用へシフトしている真っ只中です。

    もちろんまだまだ古き良き仕組みを残した会社はたくさんありますが、今は大企業でも平気で早期退職という名のリストラはするし倒産リスクもありますから、会社の名前にこだわるんじゃなくて、自分のスキルにこだわりましょう。

    「とりあえず大企業に入れば安泰」という考えをここで正しておかないと5年後、10年後に取り返しのつかないことになります。

    • 「あなたは何ができますか?」
    • 「会社はあなたの何に給料を払えばいいですか?」
    • 「月に30万払う価値があなたにありますか?」

    企業からこういったことをガンガン言われる時代がもうそこまで来ています。

    自分が勝負できる業界、ステージで戦わないと宝の持ち腐れになってしまうので、めちゃくちゃもったいないですね。

    まとめ

    野球に関わる仕事って深掘りするとかなり多岐に渡ります。

    グラウンドでプレーできなくてもこれだけ多くの仕事があるわけなので、自分に向いてそうなやりたい仕事を選んでチャレンジしてみてください。

    やりたくない仕事をイヤイヤしていても絶対に長続きしませんし、数十年後に後悔しても後戻りできませんからね(^^)

    一度しかない人生は有意義な時間にしていきましょう。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました