最近のコメント

    【野球】グローブが雨に濡れてしまって重い…雨が怖くなくなる解決策

    野球

    雨の中でプレーしたらグローブが重くなる泥だらけになって使えない…

    雨でも使えるグローブってないのかな?

    このような疑問を解決します。

    アシックスから出た雨専用のグローブ。

    その名も【アメグラブ】

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    これまでの常識を覆す雨でも使えるグローブが登場したので、特徴など記事にまとめました。

    気になっていた方は、参考にしてみてください。

    ✔️この記事でわかること

    • 雨がグローブに与える悪影響
    • 【アメグラブ】の特徴
    • 雨に濡れたグローブのメンテ方法

    それぞれ深掘りしていきます。

    味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】公式サイト

    【野球】グローブが雨に濡れてしまって重い…雨が怖くなくなる解決策

    雨がグローブに与える悪影響

    革が痛み劣化が進む

    グローブは牛革を使用してるので、とにかく水や湿気に弱い弱点があります。

    一度濡れてしまうと、革が痛み亀裂が入って一気に劣化が進んでしまいます。

    当然雨でも試合は行われるので、使用するのは仕方がありませんが、グローブを長く使うなら雨は必要最小限に抑えたいところですね。

    グローブに水分が一番な大敵だと知っておきましょう。

    革が色落ちしてしまう

    水に濡れるとグローブの色が落ちてしまいます。

    特にオレンジや赤など明るい色の革の色落ちが目立ってしまいます。

    この色落ちですが、一度落ちてしまうと完全に元通りに復活させることは難しいんです。

    カラーオイルなどを塗る方法がありますが、何度も重ね塗りする必要がある上に、元の色には完全に戻らないんですよね…

    なので極力雨の日にグローブを使うのは避けたいところです。

    ひもが切れやすくなる

    ひもも同じ革を使っているので、水に濡れると劣化が進んでしまいます。

    色落ち同様に一度劣化が始まると、切れやすくなってしまい、速い打球や送球を受けているとあっという間に切れてしまいます。

    ひもの交換はベースボールショップに持っていけば取り替えてくれるので、革よりはまだ安心です。

    【アメグラブ】の特徴

    合成皮革(アクアビートレザー)

    アクアビートレザーがアメグラブ最大の特徴であり、【雨に負けない】を実現してくれます。

    天然皮革より耐摩耗性に優れた素材で水濡れしても乾燥しやすく、重たくなりにくいため雨の日に抜群の強さを発揮します。

    型崩れしにくい設計

    アクアビートレザーは天然皮革のように経年劣化せず、初期形状から大きく型崩れしにくい設計がされています。

    天然皮革だと使用していくうちに革が劣化して形を保ってられなくなりますが、こちらは雨に濡れる前提で設計されており、簡単に型崩れしないので長く使えます。

    また、サイズもやや小さめに作られており、素手でキャッチする感覚を養えます。

    なので、試合用グローブの内側に重ねてグローブ袋へ入れることで、試合用グローブの型崩れ防止にも役立ちます。

    硬式用でありながらお得な価格設定

    グローブの種類は硬式用のオールラウンド一択ですが、価格はなんと11,440円と硬式用としては破格に安いです。

    通常硬式用だと最安値でも30,000円〜が相場であり、セカンドグローブとして持つにはとても求めやすい値段に設定されています。

    これも合成皮革だからこそできる設定ですね。

    雨に濡れたグローブのメンテ方法

    日陰乾燥

    雨に濡れたグローブはとにかく乾燥させなければいけません。

    ポイントは自然な風+日陰です。

    この時間違っても、早く乾かそうとドライヤーでの温風や太陽光の下での乾燥は、革へのダメージが大きく、乾燥と同時に革がバキバキに劣化してしまうので厳禁です。

    必ず風通しのいい日陰の場所に置いてゆっくり時間をかけて乾かしましょう。

    メンテナンスセット

    明日も試合あるしゆっくり乾かす時間ないよ!

    という方には、乾燥も含めたメンテナンスで手入れしましょう。

    ステップ①

    汚れと水分を拭きとる

    乾いたタオルや新聞紙などで革に染み込んだ水分や汚れを拭き取ります。

    ステップ②

    日陰で風通し

    ステップ③

    グローブオイルで革のケアと保湿

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    これまでになかった雨でも使えるグローブがあれば、雨の日でもグローブを気にせず思い切り練習に取り組めますね(^^)

    価格もリーズナブルに設定されているので、万が一のスペアとしても使えるのがいいですね。

    気になった方は一度使ってみてください(^^)

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    【野球】野球は見た目も大事!オシャレでカッコいいアクセサリー5選

    タイトルとURLをコピーしました