最近のコメント

    【プロ野球】永久欠番になる条件は?永久欠番になった選手と次期候補3人

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    プロ野球には各球団で歴史に残る活躍をした選手の背番号を永久欠番とし、引退後誰もその番号を使えないようにする措置を取ることがあります。

    歴代で永久欠番になった選手にはどんな人がいたのでしょうか。

    またその条件のようなものはあるのでしょうか。

    現在の永久欠番は15人です。

    では見ていきましょう。

    永久欠番になる条件は?永久欠番になった選手と次期候補3人

    永久欠番該当者

    読売ジャイアンツ 1 王貞治 内野手 制定日1989年3月16日
    3 長嶋茂雄 内野手 制定日1974年11月21日
    4 黒沢俊夫 外野手 制定日1947年7月9日
    14 沢村栄治 投手 制定日1947年7月9日
    16 川上哲治 内野手 制定日1965年1月18日
    34 金田正一 投手 制定日1970年4月2日
    阪神タイガース 10 藤村富美男 内野手 制定日1958年11月30日
    11 村山実 投手 制定日1972年11月2日
    23 吉田義男 内野手 制定日1987年10月13日
    中日ドラゴンズ 10 服部受弘 投手 制定日1960年3月20日
    15 西沢道夫 内野手 制定日1959年3月15日
    広島東洋カープ 3 衣笠祥雄 内野手 制定日1987年9月21日
    8 山本浩二 外野手 制定日1986年10月27日
    15 黒田博樹 投手 制定日2016年11月1日
    埼玉西武ライオンズ 24 稲尾和久 投手 制定日2012年7月4日

    ほとんどが1950年~1990年頃に制定されており、近年ではあまり永久欠番の制定は行われていません。

    また15人中14人がセ・リーグの選手だというのも特徴的ですね。

    では永久欠番に制定されるには、どんな条件があるのか見ていきましょう。

    永久欠番への条件

    該当者を見ていると、永久欠番になっている球団の偏りが見受けられます。

    巨人が断トツの多さになっていて15人中6人該当者がいます。

    永久欠番に指定される場合、球団の配慮によるものになります。

    該当者は全員素晴らしい成績を残しているだけでなく、球団への貢献度やファンに愛された度合いも考慮されているようです。

    名球会入りは投手も打者も明確な数字の基準があり、これを達成すると名球会入りが認められます。

    しかし永久欠番では、球団側から提案するもので、単に成績だけ残してもなかなか該当しないということのようですね。

    次期永久欠番候補

    イチロー 背番号51(オリックス)

    2001年にメジャーリーグへ移籍してから空き番号になっています。

    そのまま誰も使用しないまま、2019年シアトル・マリナーズで現役を引退しています。

    それを受け、球団は改めて「事実上の永久欠番」としての扱いを継続する事を表明しています。

    おそらく51番は永久欠番になることでしょう。

    古田敦也 背番号27(ヤクルトスワローズ)

    2007年での現役引退後、正捕手の番号として球団と古田本人のいずれかが推薦する捕手が出るまで欠番となっています。

    個人的に古田捕手のキャッチング、スローイング、配球どれを取っても超一流で歴代でもNo1どと思っています。

    そんな古田本人が推薦するような捕手が今後ヤクルトで現れるんでしょうか。

    長らくヤクルトは、チーム防御率が低迷しているので投手陣も含め不動の正捕手誕生に期待がかかります。

    松井秀喜 背番号55(読売ジャイアンツ)

    2003年にメジャーリーグへ移籍してからは、2009年から13年まで大田泰示が着用しています。

    その他の期間は松井が2012年に現役を引退した後も、正式な永久欠番にはなっていませんが、現在も欠番状態が続いています。

    松井秀喜に関しても読売ジャイアンツへの貢献度、ファンからの評価、メジャーリーグでの活躍、国民栄誉賞受賞など永久欠番になる要素は揃っているように思えます。

    読売ジャイアンツに高卒で松井秀喜を超えるスケールの怪物が現れ、55番を球団が用意したくなるような選手が現れるのか注目したいと思います。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    永久欠番に該当した往年のスーパースター達はみんな成績も素晴らしいですが、それ以上の存在感やファンを呼べる選手だったことは間違いありません。

    近年では永久欠番に該当した選手はいないので、次は誰になるのかにも注目してみましょう。

    ではまた。

    ➡️【プロ野球】投手での名球会入りの基準がなかなか厳しい理由を解説

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました