最近のコメント

    【社会人野球】企業チームの給料水準と平均年収は?ボーナスは出る?

    【社会人野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    社会人野球でプレーする選手の所属はその会社になるので、立場は会社員になります。

    基本的に社会人野球チームを運営するにあたり年間コスト数千万円かかると言われています。

    そうなると参入企業は自然と名前の知れた大企業が多くなっています。

    一昔前は中小企業も数多くありましたが、時代の不景気と共に減少の一途を辿っています。

    プロ野球選手は年俸という形でお給料が発生していますが、社会人野球はどのようになっているのでしょうか。

    では見ていきましょう。

    企業チームの給料水準と平均年収は?ボーナスは出る?

    社会人野球の給料水準と平均年収

    給料の水準は雇用形態によりかなり変動します。

    社員雇用の場合

    所属企業の一般社員と同額が基本です。

    野球部だからといって多くも少なくもありません。

    平均値は以下になります。

    • 20代平均年収 約400万円前後
    • 30代平均年収 約520年円前後
    • 40代平均年収 約600万円前後

    冒頭にも書いた通り社会人野球を運営している企業は大企業が多く世間一般の平均年収の水準にいるのが分かります。

    また、あくまで全体の平均値でもあるので企業毎にそれぞれ差はあります。

    契約社員雇用の場合

    年俸制を取っており、野球の成績によってバラつきがあります。

    上は800万円から下は300万円と、かなり実力を重視したプロ野球に近い形態になっています。

    結果を全く残せられないと契約を切られる事もありますので、かなりシビアな世界になっています。

    これも一般の企業と同じで、仕事が全く出来ないと契約を更新してもらえないのと同じ事が起きます。

    下請けパートの場合

    時給制を取っており、時給千円から月に40万円程度になっています。

    勤務体形も本社勤務ではなく下請け会社に勤務することになります。

    職の採用形態でも変動

    例えば総合職と専門職での採用時の形態が違うだけで、給料水準も変わってきます。

    メーカーなどでは高卒の選手を採用する際は現場採用の専門職、大卒は総合職といった採用をするところもあります。

    そうなると同じ野球部員でも試合に出て活躍している高卒選手よりも、ベンチを温めている大卒選手の方が給与が高いという現象が多くあります。

    どういう採用形態かも確認してみるのも必要かもしれませんね。

    ボーナスはある?ない?

    ボーナスに関しては企業によってバラつきがあります。

    通常は、その企業の規程に合わせるので基本的には一般社員と同じように支給されます。

    一部の企業では、一般のボーナスにプラスして野球で活躍すれば活躍ボーナスのようなものが出る企業もあるようです。

    とは言うものの立場は会社員なので、企業の業績悪化や経営状況で変動するのは世間一般の会社員と同じになります。

    社会人野球の引退後は?

    野球を引退するだけで、会社に残って通常業務をこなす会社員になる

    よく社会人野球を引退する時は会社も辞めるのか?という話を聞いたりしますが、実際は野球を引退するだけで会社には残る人が多いです。

    入社の段階で引退後は通常業務の職務にという条件で入ることが多いので、選手もその家族も一定の安心感はあります。

    雇用形態が契約社員扱いで野球を引退する時は、同時に会社も去らなければならない場合もあり、厳しい世界になっています。

    基本的には社会人野球で選手を辞めても会社に所属は出来るので、引退後はその会社で仕事に打ち込む事が一般的になっています。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    社会人野球といえども会社員ですから給料制度に関しては一般的な給料になっていますね。

    社会人野球で活躍する選手の大半はプロ野球を目指しています。

    安定を捨ててでもプロ野球に挑戦する姿はとてもカッコよく、応援したくなります!

    ではまた。

    ➡️【社会人野球】強豪企業チーム10選と輩出したプロ野球選手を紹介

    野球観るならJ SPORTSで✔️

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました