最近のコメント

    【プロ野球】球界一の金満球団は?2020年選手総年俸ランキング

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    近年ソフトバンクの無敵ぶりが加速し、突出した強さを誇っていますね。

    高い年俸で才能ある選手を獲得し、チームを強くする。

    プロの世界なので当然ではありますが、果たして投資したお金とチームの強さは比例しているのでしょうか。

    この記事ではチーム総年俸をランキング形式で紹介していきます。

    では見ていきましょう。

    球界一の金満球団は?2020年選手総年俸ランキング

    2020年12球団総年俸ランキング

    12位 オリックスバファローズ

    総年俸︰18億2300万

    2020年シーズン成績︰最下位

    2020年の億超えプレーヤーが6人、トップはアダム・ジョーンズ選手の4.5億円でした。

    吉田正尚選手や山本由伸投手などの日本代表クラスの選手も台頭してきており、Aクラス入りは十分可能ではないでしょうか。

    しかしながらチーム成績が上がっていかないと、総年俸もなかなか上がらず低迷してしまいますね。

    11位 千葉ロッテマリーンズ

    総年俸︰19億1200万

    2020年シーズン成績︰2位

    2020年の億超えプレーヤーは7人、ですが3億円台の選手がいない球団になっています。

    年俸ランキングでは11位ですが、パ・リーグで2位に入りクライマックスでは惜しくもソフトバンクに敗れました。

    安いコストで好成績という結果だったので、2021年の年俸がどう推移していくのか楽しみですね。

    10位 中日ドラゴンズ

    総年俸︰19億4000万

    2020年シーズン成績︰3位

    2020年の億超えプレーヤー5人、ビシエド選手が唯一3億円でいますが、日本人の最高は大島選手の2.5億円が最高です。

    今年の契約更改の場では球団が露骨に出ししぶり、保留する選手が続出して話題になっています。

    経営状況が苦しいとは言え、選手も真剣ですから、先行投資という見方を球団側が出来るかが注目されています。

    9位 東京ヤクルトスワローズ

    総年俸︰20億4500万

    2020年シーズン成績︰最下位

    山田哲人選手の5億円が目立っていますが、チーム年俸では9位にランクしています。

    億超えプレーヤーは6人で上位3人でチーム年俸の約半分を占めています。

    【山田哲人選手5億円、青木宣親選手3.4億円、坂口智隆選手1.15億円】

    プロ野球は実力、結果の世界ですね。

    8位 横浜DeNAベイスターズ

    総年俸︰21億9000万

    2020年シーズン成績︰4位

    2020年億超えプレーヤーは10人、トップは山崎康晃投手の3.5億円でした。

    億超えプレーヤーの半分は外国人選手という他球団ではあまり見られない年俸構成になっています。

    ベイスターズの外国人選手は活躍している選手が多いので自然と年俸も高いんですね。

    日本人選手にも頑張ってもらいたいですね!

    7位 阪神タイガース

    総年俸︰22億8000万

    2020年シーズン成績︰2位

    2020年億超えプレーヤーは6人、トップは糸井選手の4億円でした。

    チームの主力がベテランが多く、球団は来シーズンにかけてこの流れを変えようと戦力整理を進めています。

    2021年は西勇輝投手の2億円が最高になる予定です。

    かなり若返る顔ぶれなので、フレッシュな元気のある野球を期待したいですね。

    6位 北海道日本ハムファイターズ

    総年俸︰23億5500万

    2020年シーズン成績︰5位

    2020年億超えプレーヤーは9人、トップは中田翔選手の2.9億円でした。

    2021シーズンは3.4億円まで伸ばしています。

    それまで3億円台の選手はおらず、突出した年俸の選手はいない印象のある球団です。

    大谷翔平選手が抜けてから少し元気がない印象で、今シーズンも5位と低迷していました。

    巻き返しに期待しましょう。

    5位 埼玉西武ライオンズ

    総年俸︰23億8500万

    2020年シーズン成績︰3位

    直近4年ではリーグ優勝2回、2位、3位と全てAクラス入りしており、選手の年俸も上がり傾向にあります。

    億超えプレーヤーも11人とチーム成績に合わせて上昇しています。

    トップは中村剛也選手の3.5億円でした。

    チーム成績は好調なので、さらにランキング上位にいく可能性は十分あります。

    4位 広島東洋カープ

    総年俸︰25億4000万

    2020年シーズン成績︰5位

    2020年億超えプレーヤー9人、トップは守備職人の菊地選手で3億円でした。

    やはり2016年〜2018年のリーグ3連覇の際に全体的に年俸が上がっています。

    広島カープは長らく年俸の安い球団のイメージが強かったですが、チーム再建に成功し、今では12球団で4位の総年俸になっています。

    3位 東北楽天ゴールデンイーグルス

    総年俸︰31億1000万

    2020年シーズン成績︰4位

    2020年億超えプレーヤー7人、トップは浅村栄斗選手の5億円です。

    近年は積極的にFA市場にも進出して実績ある選手を獲得しています。

    シーズン成績は4位とBクラスに甘んじていますが、先行投資した年俸を来シーズンは取り返せるのでしょうか。

    2位 読売ジャイアンツ

    総年俸︰36億6500万

    2020年シーズン成績︰1位

    セ・リーグ連覇中の巨人が総年俸で2位にランクインしました。

    巨人と言えば金満球団のイメージが強く、特にFAでよく目玉選手を獲得しているのが目立ちます。

    2020年億超えプレーヤーは11人、トップは6.5億円の菅野智之投手です。

    巨人の年俸上位4人だけでオリックスの総年俸を超えてしまっています。

    やはり巨人は資金力が潤沢ですね。

    1位 福岡ソフトバンクホークス

    総年俸︰42億1000万

    2020年シーズン成績︰1位

    日本シリーズ4連覇、13連勝と今や球界で敵無しの常勝チームとなったソフトバンクが総年俸でも断トツの1位でした。

    2020年の億超えプレーヤーが14人もいます。

    柳田悠岐選手は5.7億円で球界野手の最高年俸になっています。

    やはり勝ち続けていくと全体的な年俸も上がっていくんですね。

    ソフトバンクの投資会社としての本領発揮しているということでしょうか。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    ランキングを見ていると年俸とチーム成績は必ずしも比例しないことがわかりました。

    年俸が高いと選手のモチベーションは上がると思いますが、そのまま成績に繋がるかというとそう簡単ではないのがプロ野球の世界です。

    しかし結果的にはセ・パ共に年俸が高いチームが優勝しているので、年俸だけで判断するのはとでも難しいですね。

    トップ2はしばらく変わらないでしょうが、3位以下は毎年入れ替わっています。

    来シーズンはどんなランキングになるのか楽しみですね。

    ではまた。

    ➡️【メジャーリーグ】2020メジャー高額年俸ランキングとプロ野球高額年俸を比較

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました