最近のコメント

    【プロ野球】と【メジャーリーグ】ボールの違いと供給メーカーはどこ?

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    日本のプロ野球で使用しているボールと、アメリカメジャーリーグで使用されているボール、どちらも硬式ボールに違いはないんですが、若干ボールの特徴が違うようです。

    どの部分に違いがあるのか解説したいと思います。

    【プロ野球】と【メジャーリーグ】ボールの違いと供給メーカーはどこ?

    プロ野球とメジャーリーグのボールの違い

    各連盟、協会が定めたのボールの規則としてサイズが22.9〜23.5cm、重さが141.7g〜148.8.gとなっており、日本のボールはどちらも最小値でアメリカは最大値を採用しています。

    サイズ(円周)

    • NPB 約22.9cm
    • MLB 約23.5cm

    メジャーで使用されるボールの方が、0.6cm大きいので日本人選手がメジャーリーグに挑戦するとまずこのサイズ感の違いへの適応が求められますね。

    0.6cmって数字だけ見るとほとんど変わらないように思いますが、実際握ってみると感覚は全然違います。

    重さ

    • NPB 約141.7g
    • MLB 約148.8g

    日本とアメリカではボールのサイズも違えば重さも違います。

    メジャーの方が7g重たいんですね。

    7gってどれくらいの重さかというと、500円玉と同じ重さになります。

    これもサイズ同様、たった500円玉1枚分でも、ボールを投げる際の指先や肩にかかる負担は全く違うものになってきます。

    縫い目

    • NPB 低い
    • MLB 高い

    ボールの縫い目にも違いがあります。

    日本は低くてアメリカは高い。

    こうして見ると、メジャーの方が、サイズも大きいし、重いし、縫い目も高いので、手の大きなパワーのある選手ほど有利な気がしますね。

    日本人がメジャーへ行った途端、肩や肘の故障を起こしているのは間違いなくボールへの適応の際に、ボールが重く大きくなっていることから、余計な力が入ってしまうことが原因と考えられます。

    どこかのタイミングで、NPB公式球もメジャーサイズに変更する日が来るかもしれませんね。

    使用している皮

    • NPB 牛(しっとりしていてフィット感がある)
    • MLB 馬(ツルツルしていて滑りやすい)

    これもよく話題に出る内容です。

    WBCなど国際大会の場合は、MLB球が使われることが多く、馬の皮を使用しているボールは表面がツルツルしていてかなり滑るようです。

    メジャーリーガーがよく松ヤニを帽子の裏などに忍ばせておいて、試合中こっそりつけて退場になったりしているあの原因がこのツルツルのボールなんです。

    滑らないように投げようとすると、しっかりボールを握る、リリースの瞬間に力を集中させるなど、NPB球になれている投手からすると、これまであまり使ったことがない筋肉を使うことになります。

    これが原因でフォームを崩したり、調子を落とす可能性が高いため、代表入りを辞退する選手が出てくることが起きてしまうんですね。

    公式球の提供メーカー

    NPB ミズノ(2011年〜)

    NPBの公式球は2010年以前はミズノ、ゼット、アシックス、久保田運動具店、那須スポーツ、SSK、松勘工業の7社で供給していました。

    2010年はミズノ、ゼット、アシックス、久保田運動具店の4社に絞られています。

    しかしメーカーによって材質や製法などが多少異なっており、機能面に若干の違いが見られる(飛びやすい/飛びにくい)などあったようですが、当時は主催球団の判断で4社のボールの中から公式球を選択・使用していました

    2010年1月19日に開かれた日本プロ野球組織実行委員会では、ワールド・ベースボール・クラシックなどの国際試合の増加や、「飛ぶボール」問題に対応し、ボールの規格を世界的に統一するため、2011年以降のNPB公式戦での公式球を1社に独占的に供給させることを決定しています。

    MLB ローリングス(1977年〜)

    MLB の公式球は1878年から1976年まではスポルディング社が独占供給していました。

    1977年からはスポルディング社に代わり、ローリングス社が独占供給していて、現在はローリングス社コスタリカ工場で生産されているものを使用しています。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    同じ野球のボールで、日本とアメリカでここまで違うのかというくらい細かいところが全部違っていましたね。

    今後、国際大会や、メジャーへ挑戦する日本人の増加などで、ボールの規格を見直す動きがあるかもしれません。

    WBCやオリンピックなど国際大会は、ボールにも注目して見ていきましょう。

    ではまた。

    ➡️【上達への道】木製バット素材の違いは?硬式・軟式の値段とおすすめを解説

    野球観るならスカパー!プロ野球セットで12球団を完全網羅✔️

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました