最近のコメント

    【少年野球】バッティングが上手くならない子を上達させる練習方法3選

    少年野球

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    子供のバッティングがなかなか上達しないな…

    どんな練習をすればいいの?

    どうすれば打てるようになるのか教えてほしい。

    お子さんのバッティングがなかなか上達しなくて悩んでいませんか?

    子供に教えるのってとっても難しいですよね。

    特に自分が野球経験者の場合は、なんとなくイメージで伝えてしまいがちです。

    この記事ではお子さんのバッティングが上達する練習方法と、試合で打てるようになる方法をまとめました。

    練習してどんどん上達させましょう。

    バッティングが上達しない原因

    圧倒的な練習不足

    いきなりですが少し厳しいことを書きます。

    まさか土日のチーム練習だけで、勝手にどんどん上手くなっていくと思っていないでしょうか?

    試合で打ちたい、活躍したいと思っているなら平日にも個人練習が必須になります。

    野球が上手いチームの中心選手ほど、家でも練習しています。

    なぜか?活躍して野球が楽しいからです。

    練習したらもっと打てる、もっと活躍出来るという思考になっているので、自分から練習しています。

    土日のチーム練習だけやっていて、家では全く野球の練習をすることが無い場合は、野球があまり楽しくない、もしくはどうせ打てないしって悲観的になっている可能性があります。

    せっかく毎週早起きして、友達が遊んでいる中、野球を頑張っているなら野球を心から楽しんでほしいし、もっと前向きに取り組んでほしいですよね。

    僕自身が小学6年間を少年野球に全力で取り組んでいたので、

    なんとなくの習い事として、小学生の貴重な時間を過ごしてほしくありません。

    ここからはバッティングが上達する練習方法を紹介します。

    バッティング上達の練習方法3選

    実戦形式の素振り

    一番シンプルで基本中の基本です。

    素振りを軽視していては、絶対に上達しません。

    個人的にはバッティングセンターに行くより、素振りの方が大事だと思っています。

    高低、コース、相手のピッチャーを具体的にイメージして、カウントをつけて実戦形式で行うと一球一球状況が変わり、飽きさせずに練習出来ます。

    この練習はお父さんなりお母さんが一緒にやってくれると継続しやすいと思います。

    よく素振り100回とかやってますが、何も考えずにただ振るだけの100回には何の意味もありません。

    だったら実戦素振りで3打席〜5打席しっかり頭を使って練習した方が必ず上達します。

    この素振りで、高さやコースごとに振り方のアドバイスをしてあげましょう。

    そこまで出来て初めて、意味のある練習になります。

    羽根打ち

    バドミントンの羽根をティーバッティング形式で打つ練習です。

    これなら自宅でも出来るので、取り入れやすいです。

    この練習ではミートポイントをつかむ事と、スイングスピード向上が期待出来ます。

    注意点は、当てにいかないことです。

    羽根はとらえるのが少し難しいので、どうしても当てにいってしまいがちですが、空振りしてもいいので、フルスイングを心がけるようにしましょう。

    フルスイングの中でしっかりミートするポイントをつかむためにやってます。

    自分のミートポイントをしっかり意識してスイングしましょう。

    親子で一緒に練習する

    親御さんには、お子さんが平日に練習したいと言ってきたら、なるべく一緒に付き合ってあげてほしいです。

    毎日忙しく仕事に家事に大変なのはとてもよくわかります。

    しかし子供はよく見ています。「パパ・ママも疲れているのに僕の野球の練習に付き合ってくれている」という事を。

    そこでちょっとでも上手くなっていたら思い切り褒めてほしいです。

    その上で、練習してどうなりたいか?試合でどんな活躍がしたいか?チーム内の誰に勝ちたいのか?同じ県内のどこのチームに勝ちたいか?等など、お子さんが野球をやるモチベーションを聴いてあげてほしいです。

    これは親御さんの練習でもあるかもしれません。笑

    そうする事で、お子さんは野球をやってる自分を応援してくれているんだと安心感を感じて、試合で活躍する所を見せたいっていうマインドになります。

    やっぱり子供は親から褒められたいんです。

    それだけで頑張れるのが子供です。

    大人だって普通にありますよね。誰だって褒められたらやる気出ますよ。

    まとめ

    まずは言い訳出来ないくらいしっかりと正しい練習をしましょう。

    なんとなくする練習だったらやらない方がマシです。

    せっかくやるなら上達する練習をして試合で活躍して、もっと野球を好きになって楽しみましょう。

    子供は伸びしろしかありません。

    可能性は無限大です。

    ではまた。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました