最近のコメント

    【少年野球】野球が楽しくない、つまらないと悩む子供への対応と解決策

    少年野球

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです!

    悩んでる人
    悩んでる人

    最近子供が野球が楽しくないと言ってきた…

    野球がつまらないと言われたら親としてどうすれば…

    何かいい解決策はないのかな?

    このようにお子さんが少年野球をやっていて、子供からつまらない、楽しくないと言われた時の対応で困っている親御さんへ向けて書いてます!

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年以上の野球を愛する2児のパパ

    自身も少年野球を6年間経験

    2度辞めたくて親に直訴した過去あり

    少年野球はチームスポーツで、実力差が出たり試合で結果が出たり出なかったりとお子さんのメンタルにも当然負荷がかかる場面もあります。

    それを乗り越える経験をして欲しいと考える親御さんも多いと思いますが、そもそもみんながみんな少年野球に向いてる訳ありません。

    実際にやってみたけど楽しくない、つまらないといった場合も普通にあるかと思います。

    ✔️この記事でわかること

    • 少年野球が楽しくない、つまらないと感じる3つの原因・理由
    • 少年野球が楽しくない、つまらないと感じた時の対処法
    • 少年野球を続けるのであれば、スクールに通うのがオススメ

    ひとつずつ解説していきます。

    少年野球が楽しくない、つまらないと感じる3つの原因・理由

    野球自体が嫌いになった

    少年野球が楽しくない・つまらないと考えてしまう理由として『野球自体が嫌いになった』と言うことが理由として挙げられます。

    原因は色々あると思いますが、6年間少年野球をやった僕が感じたのは、野球が嫌いになってしまったら無理に続けさせるのは違うかなと思いますね。

    自分自身も練習がしんどくて行きたくないと、騒いだ過去がありますが、野球自体が嫌いになった訳ではなく、目先に練習がしんどかっただけなんですね。

    ここはしっかり見極めてあげないと、週末という貴重な時間を使って習うわけですから、嫌いな事を嫌々やる時間はとてももったいない話です。

    他のスポーツに興味があったり、好きなものがあるのであれば、そちらをしてみるのが良いです。

    小さいうちはどんどんいろんなスポーツに手を出していき、スポーツの楽しさであったり、面白さを知ってみるのがベストだと思います。

    ずっと補欠で試合に出られない

    お子さんにとって、これは非常に辛い現実ですよね。

    例えば、自分と同じくらいの年齢なのに、その子は試合に多く出ているけど、自分はずっと補欠ばかりだとどう感じるでしょうか?

    さらにキツいのが、自分より年下の子がレギュラーとして試合に多く出ているパターンです。

    なかなかその場にいるお子さんではないとわからない感情ですよね。

    また、補欠であったりベンチの子はなかなか試合に出させてもらえないため、ボール拾いであったり雑用をやらされたりします。

    もちろん、こういったことが悪いとは言いませんが、野球をしにきているのに試合に出られず、ボール拾いばかりやってるわけなので、それは楽しくないですよね。

    こういったことも子供が、野球を楽しくない・つまらないと感じてしまう理由の1つになっているのは現実としてあるかなと思います。

    少年野球チーム内でいじめにあったから

    これも意外とよくある話なんですよね。

    本来は、監督やコーチがいじめなどのトラブルがないように目を光らせておくべきなのですが、なかなか細部まで行き届かないのが現状です。

    また、いじめに関して言うと、子供同士だけではなく、子供と監督がなかなかそりが合わなくて、いじめにあってしまうといった事例もあります。

    そして、いじめにおける最大の問題は、お子さんがなかなか自分の声でSOSを出せない点ですよね。

    自分の身の回りにあったことや変化などをオープンに言えるお子さんなら、こういった時もすぐに親御さんに相談できると思います。

    しかし自分がいじめにあっていることを自分の声で言えない子供も中にはいます。

    そのため、お子さんが1人で抱え込んでしまうといった問題に発展することもありますね。

    そして、チームにいづらくなり、本来楽しいはずの少年野球がどんどん楽しくなくなってしまうわけです。

    ここまで、お子さんが少年野球が楽しくない、つまらないと感じる原因・理由について解説してきました。

    事項で解決策について解説していきます。

    少年野球が楽しくない、つまらないと感じた時の対処法

    結論、子供が少年野球に対して今後どのように向き合っていきたいのかどうかで変わってきます。

    他のスポーツをしたい場合は挑戦させるべき

    少年野球がつまらない、楽しくないと答えるお子さんの中には、他のスポーツをやりたいと考えているお子さんもいるかと思います。

    そういったパターンの場合は、少年野球からその興味のあるスポーツに習い事を変えてみるのもありですね。

    子供のうちはいろんなことに挑戦すればするほど、スポンジのようにいろんなことを吸収します。

    そのため、お子さんにやりたいことがあるのであれば、どんどん挑戦させるべきかなと思いますね。

    幼少期や小学生の頃の経験は、後々活きてくるはずです。

    少年野球チームは変えられる?

    少年野球を続けていきたいけど、チーム内でトラブルがあったり周りと波長が合わずチームにいづらくなってしまった。

    だけど、野球自体は好きだからチームを変えて心機一転頑張りたいと思う場合。

    この場合は、チームを変えるべきと言いたいんですが、結構難し買ったりします。

    地域によっては、同地区内で少年野球チームを変えることを禁止しているところがあります。

    なので、単に少年野球チームを変えるべきとは言えないんですよね。

    しかし、解決策が全くないわけではありません。

    個人的には、この場合は思い切って少年野球チームに通うのではなく、スクールに通うのが良いのではないかなと思います。

    スクールなら少年野球の面倒なしがらみから解放される

    正直、少年野球チームに通うよりもスクールの方がメリットが多いです。

    例えば、少年野球チームに親御さんとかはよくわかると思いますが、謎の風習がありますよね。

    お茶汲みとかノックの球出しとか、遠征の送迎とか、、、。

    加えて、親御さん同士の関係性が悪い意味で密接すぎるのもある意味悪しき風習かもしれません。

    こういったことは、お子さんはもちろん親御さんも結構負担だったりしますよね。

    しかし、スクールだとそういった呪縛から解放されるので、親御さんとしては結構助かるのではないかなと思います。

    また、スクールは個人のスキルアップを目的としたところでもあるので、クラブチームではずっと補欠だったお子さんも自分のペースに合わせて黙々と練習できると思います。

    ちなみにおすすめのスクールは、ベースボールスクールポルテです。

    ➡️【少年野球】話題のベースボールスクールポルテの料金や活動内容を解説

    参考にしてみてください(^^)

    まとめ

    親としては、自分の子供が「少年野球が楽しくない、つまらない」といった声を聞くと非常に心配になりますよね。

    今回の記事でも解説しましたが、お子さんがそのように考えるのはしっかりとした理由があります。

    ただ単に飽きたと言う感じであれば、親御さんとお子様がしっかりと話し合って野球自体をやめるか否かを話し合うことができれば解決するでしょう。

    少年野球をやったことがある親御さんならご自身の経験をもとにしっかりと子供と向き合って話を聞いてあげてくださいね!

    野球は本当に楽しくてワクワクするスポーツだと思うので、子供が納得した形で続けて欲しいなと個人的には応援しています(^^)

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    ➡️ポルテベースボールスクール」の無料体験会へ参加

    タイトルとURLをコピーしました