最近のコメント

    【メジャーリーグ】MLBオールスターに出場した日本人ランキング

    【メジャーリーグ】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    今年のメジャーリーグは大谷翔平選手の活躍が止まりませんね!

    異次元の活躍で、指名打者部門でオールスターファン投票1位を獲得し、メジャー4年目で初めての出場が決まりました。

    そこで、過去の日本人メジャーリーガー達のオールスター出場メンバーや出場回数などが気になったのでまとめてみました。

    メジャーのオールスターは1試合だけで、30球団の中から選ばれるので、出場する選手の価値は日本とは比べ物になりません。

    そんな環境の中でオールスターに出場した歴代の日本人選手をランキングにしました。

    では見ていきましょう。

    MLBオールスターに出場した日本人選手ランキング

    第3位 田中将大 2回

    • 所属:ニューヨーク・ヤンキース
    • 出場年:2014年、2019年
    • 2014年:13勝5敗 防御率2.77
    • 2019年:11勝9敗 防御率4.55

    2014年はメジャー移籍1年目で13勝を上げる活躍でオールスターに選手間投票1位で選出されるも肘の違和感により故障者リスト入りして出場を辞退しています。

    2019年の出場は、代替選手としての出場となり、1イニングを投げその裏にチームが得点しそのまま勝利投手になっています。日本人初のオールスターでの勝利投手になりました。

    ヤンキース在籍7年間で6度の二桁勝利を記録した田中将大投手ですら、オールスターは2度の出場ということが逆に驚きでした。

    第3位 松井秀喜 2回

    • 所属:ニューヨーク・ヤンキース
    • 出場年:2003年、2004年
    • 2003年:打率.287 本塁打16 打点106
    • 2004年:打率.298 本塁打31 打点108

    2003年のメジャー1年目にファン投票のア・リーグ外野手部門で3位に入り初出場を果たしました。

    日本人では1995年の野茂英雄、2001年のイチロー、佐々木主浩に続く4人目のオールスターゲーム出場となっています。

    続く2004年も前半戦だけで前年を上回る17本塁打に到達するなど、活躍を続けオールスターゲームにはファン投票外野手部門での選出こそなりませんでしたが、最終投票で120万票を集めて選出され、2年連続で出場を果たしました。

    第3位 佐々木主浩 2回

    • 所属:シアトル・マリナーズ
    • 出場年:2001年、2002年
    • 2001年:69登板 45セーブ 防御率3.24
    • 2002年:61登板 37セーブ 防御率2.52

    2001年の佐々木投手は、メジャー1年目にも関わらず4月のメジャー最多記録となる月間13セーブを挙げ、堂々のオールスター出場を果たしました。

    この年、当時の球団新記録となる38セーブを達成するも、終盤には右大腿を痛め調子を崩しマリアノ・リベラに5セーブ差のリーグ2位に終わりました。

    序盤のセーブ数からセーブ王は確実と言われていただけに、年間を通して活躍し続ける難しさを感じた年でしたね。

    第2位 ダルビッシュ有 4回

    • 所属:テキサス・レンジャーズ
    • 出場年:2012年~2014年、2017年
    • 2012年:16勝9敗 防御率3.90
    • 2013年:13勝9敗 防御率2.83
    • 2014年:10勝7敗 防御率3.06
    • 2017年:10勝12敗 防御率3.86

    メジャー1年目の2012年の4月は、5試合の登板で4勝0敗、防御率2.18の成績でリーグ月間最優秀新人を受賞し、期待通りの投球を披露し、前半戦は16試合の先発で10勝5敗、防御率3.59の成績を残し、最終投票でオールスターゲームに選出され出場を果たしました。

    そこから2014年まで毎年安定した成績を残し、3年連続でメジャーのオールスターに出場しています。

    その後トミージョン手術をすることになり、2年間を棒に振りましたが、復活した2017年に4度目のオールスター出場を果たしています。

    日本人投手ではMLBオールスター最多出場記録になってますね。

    第1位 イチロー 10回

    • 所属:シアトル・マリナーズ
    • 出場年:2001年~2010年
    • 2001年:打率.350 安打242 盗塁56
    • 2002年:打率.321 安打208 盗塁31
    • 2003年:打率.312 安打212 盗塁34
    • 2004年:打率.372 安打262 盗塁36
    • 2005年:打率.303 安打206 盗塁33
    • 2006年:打率.322 安打224 盗塁45
    • 2007年:打率.351 安打238 盗塁37
    • 2008年:打率.310 安打213 盗塁43
    • 2009年:打率.352 安打225 盗塁26
    • 2010年:打率.315 安打214 盗塁42

    ランキング1位は断トツの10年連続で出場したイチローでした。

    10年連続の打率3割、200安打越えは異次元過ぎてどう解説していいかわかりません。笑

    これだけ長くメジャーの第一線で活躍し続けるには、並大抵の技術と精神力と努力では実現できないですよね。

    結果を出し続けるのはもちろん、これだけの長期間大きな怪我なくプレーし続けた事が何より凄いことなんじゃないかなと、個人的には思います。

    それだけ生活の全ての時間を野球に注ぎ、結果と向き合い続けたからこそ、これだけの偉業を達成できたのでしょう。

    イチローのプレーをリアルタイムで見る事が出来た世代の人は、とても幸せでしたね。

    ランキング外の出場選手一覧

    • 1回 野茂英雄(1995年)
    • 1回 長谷川滋利(2003年)
    • 1回 斉藤隆(2007年)
    • 1回 岡島秀樹(2007年)
    • 1回 福留孝介(2008年)
    • 1回 岩隈久志(2013年)
    • 1回 上原浩治(2014年)

    メジャーで日本人投手の通算勝利数2位(79勝)の黒田博樹、6位(56勝)の松坂大輔は選ばれていません。

    日本人メジャーリーガーとして最初にオールスター戦に選出されたのは1995年のドジャース野茂英雄投手になります。

    野茂英雄は日本人最多の123勝を挙げていますが、オールスター出場はこの1回だけになっているので、メジャーのオールスターゲームに出場することがどれだけ難しいことかが伺えます。

    メジャー歴代最多出場選手は?

    順位 選手名 所属チーム 出場数
    1 ハンク・アーロン ブレーブス、ブルワーズなど 21
    2 ウィリー・メイズ ジャイアンツ、メッツなど 20
    2 スタン・ミュージアル カージナルス 20
    3 カル・リプケン オリオールズ 19
    4 ロッド・カルー ツインズ、エンゼルスなど 18

    ハンク・アーロン選手は現役23年の内、21回オールスター出場を達成しています。

    ほぼ毎年のように安定した結果を残し続け、プロフェッショナルとしてファンから愛された結果が、この最多出場回数となったことは間違いありませんね。

    ハンク・アーロン選手はこのオールスター選出回数だけでなく、メジャー通算本塁打数も1位のバリー・ボンズ選手に次ぐ第2位、通算打点はメジャー最多となる2297打点を記録するなど、記録にも記憶にも残るスーパースターであったことは間違いありませんね。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    メジャーリーグという野球の世界最高峰の舞台で、毎年スーパースターが世界一の祭典を魅せてくれています。

    メジャーオールスターを観るならJ SPORTSで見逃さないようにチェックしましょう。

    大谷翔平選手は、オールスターでも世界中の野球ファンを魅了してくれるのか期待したいですね。

    メジャーリーグで二刀流を体現しているプレーを見られているのも、イチロー選手同様、とっても幸せなことですよね。

    楽しみに待ちましょう!

    ではまた。

    タイトルとURLをコピーしました