最近のコメント

    【打率の上げ方】打率3割以上打つために必要な3つの技術と練習方法

    【上達への道】
    悩んでる人
    悩んでる人

    打率3割をキープするのに何かいい方法はないかな?

    ヒットを打ち続けるにはどうすれば?

    打率を上げるためにやるべき練習は?

    このような疑問にお答えします。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    結論、打率3割以上を打ち続けるには、スイングスピード、ミート力、下半身のスタミナ、この3点が必要になります。

    ✔️この記事でわかること

    • 打率3割を打ち続ける方法を解説
    • 今すぐマネすべきヒットを打つ理想像

    ひとつずつ解説していきます。

    プロテイン、筋肉サプリ、スポーツウェアの海外通販【Myprotein】

    【打率の上げ方】打率3割以上打つために必要な3つの技術と練習方法

    打率3割を打ち続ける方法を解説

    スイングスピード

    打率を上げるにはスイングスピードは絶対に外せません。

    その理由は、ヒットを高い確率で打つには「ボールをギリギリまで見極める」必要があります。

    そのためにスイングスピードがないと、ボールをギリギリまで見極める事が出来ずに凡打を積み上げることになります。

    年代別スイングスピード一覧
    • 小学生高学年・・・90キロ前後
    • 高校生・・・120キロ前後
    • 大学生・・・130キロ前後
    • 社会人・・・135キロ前後
    • プロ野球・・・140キロ前後

    ざっくり目安として年代別にはこれくらいと言われてるようです。

    プロ野球ソフトバンクホークスの柳田選手に関しては、160キロを越えるようです。

    【スイングスピード=パワー】というイメージがあるかもしれませんが、実際は手首の使い方や体の使い方で大きく変わってきます。

    自分がスムーズにバットを振れる、強く振り切れるフォームを確立するのが重要です。

    やはりスイングスピードアップにはスイングを録画しながら振り込む練習が一番です。

    ティー打撃で振込みましょう!

    ミート力

    ミート力は説明するまでもないかもしれまさん。

    バットの芯にタイミング良くボールを当てる技術になります。

    金属バットだと多少芯を外しても飛びますが、結果オーライでは打率3割をキープし続けるのは難しいです。

    ミート力アップには羽打ちがオススメです。

    羽根は不規則な動きをするので、ミートポイントを掴まないとなかなか打てないからいい練習になります。

    下半身のスタミナ

    打率3割を目指すには下半身のスタミナがめちゃくちゃ大事になります。

    バットを振る動作は下半身の土台がしっかりしていないと、ふらふらしてしまいボールをまともに打ち返す事が出来ません。

    さらに試合終盤の疲れてきた時こそ大事な場面やチャンスが来たりするのが野球です。

    ましてや相手ピッチャーは全力で抑えようと力いっぱい投げてきます。

    試合の最後まで疲れにくい強靭な下半身(土台)を作っていきましょう!

    今すぐマネすべきヒットを打つ理想像

    ズバリ、元メジャーリーガーのイチロー選手です。

    王道すぎてすぐに分かったかもしれませんね(^^)

    ヒットを打つ理想像をどれだけ考えてもイチロー選手以上の人が見つかりませんでした。

    スイングの瞬間、ギリギリまで手が頭の位置に残っていて、最後の最後までボールを見ることが可能になるスイングフォームと、シャープながらも力強いスイングがあるからこそ、あれだけのヒットを量産出来たのだと確信しています。

    どんなにタイミングを外されても右肩が絶対に開かない、ギリギリまで胸がピッチャー側に見えてこない打撃フォームは、ヒットを量産する理想像そのものだと言えますね!

    (引用元:YouTube)

    【上達への道】レジェンドイチロー驚愕の打撃理論!真似出来ますか?

    まとめ

    ヒットを打つには、スイングスピードとミート力、下半身をトレーニングで鍛えていく必要があることがわかりましたね!

    正しい練習は絶対に嘘をつかないので、コツコツスキルを身につけていきましょう。

    試合で毎回ヒットを打てたら野球が楽しくて仕方なくなるはずですから頑張りましょう(^^)

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました