最近のコメント

    【プロ野球】スカウトってドラフト会議以外はどんな仕事をしてるの?

    【プロ野球】

    プロ野球のスカウトって普段どんな仕事をしてるの?

    ドラフト会議以外の活動が知りたい!

    このような疑問にお答えします。

    プロ野球のスカウトの仕事は非常に多くの時間を視察と移動に費やします。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    この記事ではプロ野球のスカウトマンの仕事内容をまとめました。

    ドラフト会議以外でどんな活動をしてるんでしょうか?

    ✔️この記事でわかること

    • プロ野球スカウトの仕事まとめ
    • プロ野球のスカウトになれる人
    • 過去最高のスカウト成功例
    • スカウトマンが主人公の漫画がおもしろい

    ひとつずつ解説していきます。

    【プロ野球】スカウトってドラフト会議以外はどんな仕事をしてるの?

    プロ野球スカウトの仕事まとめ

    担当地区に分かれ有望選手の発掘&勧誘

    スカウトの主な仕事は有望選手の発掘です。

    その範囲は全国に及び、プロ野球で活躍できそうな選手を見つけ出します。

    もちろん誰もが知るプロ注目の有望選手もいれば、現時点でプロでは通用しなくても数年後の伸びしろまで見通せるか?がスカウトとしての腕の見せ所になっています。

    なので普段は担当地区の目をつけている選手の試合をチェックしたり、新たに有望株がいないかとにかく試合会場に足を運び地道に見つけ出す作業の積み重ねでしかありません。

    けんにぃ
    けんにぃ

    一見華やかでカッコいいイメージのスカウトマンですが、仕事内容は地道な活動が大部分を占めていますね。

    また有望選手を発掘しても選手が別の球団を希望していたりする場合もあるので、ドラフトで指名した場合は自チームに来てもらえるように関係性を作る勧誘活動も重要な仕事です。

    他球団との入団交渉の駆け引き

    ドラフト会議後に指名した選手が他球団を希望していたり、下位指名のため入団を拒否する場合もあるため、他球団の条件を加味して選手と納得した形で入団させるのも重要な仕事です。

    各球団には約10名ほどのスカウトマンがおり、推している選手全員をドラフトで指名できる訳ではありません。

    毎年ドラフトで指名するのはどの球団も6〜8人程度ですから、10人いるスカウトマンがそれぞれ3人ずつ推したとしても30人の中からドラフト指名する6〜8人を選ぶことになります。

    チームの補強ポイントや選手の希望球団などあらゆる面を踏まえ、球団幹部や監督を交えてドラフト指名する選手を決めています。

    よって推した選手が1人もドラフト指名されないスカウトマンもザラにいる事を考えると大変な仕事と言えるでしょう。

    実績にも直結しますからね。

    スカウトした選手の入団後のサポート

    推した選手がドラフト指名され無事に入団した際は、担当スカウトが入団後の選手のサポートまで行います。

    プロ野球がどんな世界なのか不安を持つルーキーの精神的な支えとなり、プロで活躍するため相談役に徹しサポートします。

    ここまでが仕事に入っているので、スカウトマンはプロ野球OBが大半なんですね。

    過去に厳しいプロ野球の世界で戦った経験は次世代のルーキーに役立つ経験になるわけですから。

    プロ野球のスカウトマンになれる人

    プロ野球OB

    プロ野球のスカウトは各球団に10名ほどしかおらず、その枠は非常に狭き門となっています。

    一般的にスカウトマンになる人は、現役時代に実績を残し球団に貢献した人が多い傾向にあります。

    しかし実績さえあればなれる訳でもなく、人柄や球界の人脈やコネクションの多さなど総合的に判断して球団からオファーがあるようですね。

    例外的に元プロ野球選手じゃない人がスカウトマンに採用されることもあるらしく、一般人には100%無理って訳でもなさそです。

    スカウトは球団職員という立場になるので、まずは球団職員を目指して入社する方法があります。

    とはいえ球団職員になってもスカウトになれる人はほとんどいないのが現実ですが、プロ野球OBではない一般人がスカウトを目指すにはこの方法しかありません。

    アスリートの就職、転職を支援【アスリートエージェント】でまずはプロ野球球団へアプローチしてみましょう。

    スカウト以外にも野球に携わる仕事ってたくさんありますからね(^^)

    過去最高のスカウト成功例

    千賀滉大・甲斐拓也バッテリー(ソフトバンク)

    過去のドラフトを振り返って見てみましたが、このバッテリーをスカウトしたドラフトが間違いなく過去最高のスカウト例です。

    千賀滉大 甲斐拓也
    入団年 2010年 2010年
    ドラフト順位 育成4位 育成6位
    2022年棒 6億円 2億1,000万円
    主なタイトル・表彰 最多勝、最優秀防御率、最多奪三振(2回)最高勝率 Gグラブ5回、日本シリーズMVP

    育成枠、しかも下位指名で入団しバッテリーで日本を代表する選手を獲得したスカウトの先見の明はすごいの一言です。

    「この選手はプロ野球で通用しない」

    ソフトバンク以外の11球団がこの評価をしていた中でここまで大化けしたんですから、結果的にソフトバンクの勝ちですね。

    ソフトバンクが常勝チームになり得た理由がこのあたりにある事は間違いありません。

    【プロ野球】育成選手に与えられた時間は?何年で結果を出さないと戦力外?

    スカウトマンが主人公の漫画がおもしろい

    これだけ紹介させてください。

    これまでのプロ野球を題材にした漫画ではそのほとんどが当然ながら選手が主人公でしたが、この漫画はスカウトマンが主人公です。

    スカウトの醍醐味や大変さや奥深さなどあらゆる視点で描かれていて、めちゃくちゃ面白いので興味のある方は読んでみてください(^^)

    まとめ

    プロ野球のスカウトマンも実力の世界ですね。

    自分が推した選手が全然ドラフト指名されない、入団しても活躍できなかったらスカウトマンも責められる世界です。

    ドラフト会議しかなかなか見る機会がありませんが、普段からの地道な活動がダイヤの原石を見つけ出す唯一の方法なんですね。

    スカウト目線でアマチュア野球を見ても楽しいですよ(^^)

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました