最近のコメント

    【プロ野球】まさにレーザービーム!歴代外野手強肩ランキングTOP5

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです!

    プロ野球には驚くほどの強肩をした選手がたくさんいます。

    外野からバックホームの返球でランナーを刺すシーンは野球の試合でも最も盛り上がる場面の一つですよね!

    この記事では、僕が選ぶ強肩外野手ランキングに5人選出しました。

    補殺数も含め、これぞプロフェッショナルな肩の持ち主だと思った選手を選びました。

    では見ていきましょう。

    まさにレーザービーム!歴代外野手強肩ランキングTOP5

    第5位 大谷翔平

    日本ハムーメジャーリーグ(2013〜)

    通算補殺数:7

    NPB時代に記録した外野手での記録ですが、あまりの衝撃にランキングの5位に選出しました。

    1年目にライトで出場した試合、対楽天戦のランナー一塁(島内選手)の状況で、ライト前に飛んだ打球を見事にさばき矢のようなレーザービームで三塁で刺したあのプレーは、とても高卒一年目の選手が出来るプレーではないなと衝撃を受けました。

    しかもランナーは瞬足の島内選手です。

    現在メジャーで活躍している大谷翔平選手を見れば納得のプレーですが、当時は二刀流にもまだ疑問が残る中、どんなプレーをするのか周りが伺っている時期でのプレーだっただけに、実力で示したというプレーでした。

    第4位 糸井嘉男

    日本ハムーオリックスー阪神(2007〜)

    通算補殺数:56

    プロ通算14年で56の補殺を記録しています。

    全身バネのような高い身体能力で、ずば抜けた守備力を誇り、肩の強さも衝撃的なレベルにありました。

    元々投手としてプロに入ってきたこともあり、地肩の強さやコントロールの良さは超一流であることは間違いありません。

    プロ野球選手になるのは、こういう選手なんだなと思わせてくれるような一般人とは次元の違うプレーを見せてくれるスター選手ですね。

    第3位 英智

    中日ドラゴンズ(2001〜2012)

    通算補殺数:20

    プロ通算12年で20補殺を記録しています。

    英智選手は知る人ぞ知る守備のプロフェッショナルで、落合ドラゴンズの黄金期を陰で支えた守備の切り札的存在でした。

    あの辛口コメントでお馴染みの落合監督から、「英智で取れない打球は誰も取れない」と言わしめたほど、守備力において絶対的な信頼を持っていたようです。

    引退セレモニーでも、ホームベースからファンの待つライトスタンドに遠投でボール投げ、ライトポールに直撃し自慢の強肩を披露して最後を飾った姿はとても印象的でした。

    第2位 新庄剛志

    阪神ーメジャーリーグー日本ハム(1992〜2006)

    通算補殺数:119

    日米通算15年で記録はもちろん、記憶に残るプレーをたくさん見せてくれたスーパースター新庄剛志を2位に選びました。

    新庄選手はとにかくファンを喜ばせたい気持ちが強く、派手なパフォーマンスが多い印象ですよね。

    でも実はプレーでも、同じプロ野球選手が絶賛するほどの高いパフォーマンスをしていたんです。

    特に肩に関しては、遠投130m(ホームベースからバックスクリーン超え)を投げるなどとんでもない強肩の持ち主で、ホームでランナーを刺すためにわざと打球を取る動作を遅らせてランナーを誘い出すテクニックも使っていたというエピソードもあります。

    第1位 イチロー

    オリックスーメジャーリーグ(1992〜2019)

    通算補殺数:189

    日米通算28年で伝説的な記録を残し続けたイチローです。

    メジャーリーグでは、あまりの守備範囲の広さにエリア51と呼ばれ、イチローに打球が飛べば諦めるしかないと言われているほどでした。

    メジャーリーグで見せたレーザービームは、アメリカに衝撃を与え日本人外野手でもアメリカで通用するんだということを見せつけたスーパープレーでした。

    それ以来、イチローに打球が飛ぶと、タッチアップする選手が激減し、圧倒的な抑止力が働いていたようですね。

    投げずして進塁させないという目に見えないスーパープレーで、メジャーを沸かせ続けたイチローを1位に選びました。

    ➡️【上達への道】レジェンドイチロー驚愕の打撃理論!真似出来ますか?

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    強肩の外野手はプロ野球にはたくさんいますが、僕が個人的に衝撃を受けた選手を選出したので、ご了承ください。

    外野からのレーザービームはもはや芸術作品ですよね。

    これぞプロフェッショナルだと感動するレベルです。

    外野手の一番の見せ場である、補殺のシーンは何度もあることではありませんので、観戦する試合で観れたらラッキーですね。

    たくさんプロ野球を観てたくさん楽しみましょう。

    プロ野球観るならスカパー!プロ野球セットで12球団を完全網羅しましょう!

    ではまた。

    ➡️【プロ野球】12球団のエラー(失策)数ランキング ワーストは3年連続で…

    タイトルとURLをコピーしました