最近のコメント

    【プロ野球】ドラフトでもらえる契約金に税金はかかるの?手取りは?

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです!

    悩んでる人
    悩んでる人

    ドラフトでプロ入りした選手は多額の契約金があるけど丸々貰えるの?

    契約金には税金かかるのかな?

    実際の手取りはどれくらい?

    このような疑問にお答えします!

    毎年ドラフト会議が終わると、順位ごとに契約金や年俸が報道され盛り上がりますよね。

    そんな中で、ドラ1は契約金1億って言われてますけど、そもそも丸々貰えるのかな?ってふと疑問に思う方多いと思います。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球大好き30代2児のパパ

    長年ピッチャーとしてプレーし軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    プロ野球選手のお金の疑問、気になりますよね!

    この記事では、プロ野球選手の契約金について詳しく解説していきます(^^)

    ✔️この記事でわかること

    • プロ野球選手の契約金には税金かかるの?
    • 契約金は先払いの退職金の意味

    ひとつずつ解説していきます。

    ➡️【プロ野球】ドラフト順位ごと1年目(ルーキー)の契約金と年俸を比較

    【プロ野球】ドラフトで勝ち取った契約金に税金はかかる?手取りを計算

    プロ野球選手の契約金には税金かかるの?

    結論、かかります。

    年俸は仕方ないにしても、契約金にも税金がかかるんですね。。

    ではどのように算出されるのか見ていきます。

    所得税率一覧

    課税所得金額     税率 控除される金額
    1,000円~194万9,000円 5% 0円
    195万円~329万9,000円 10% 9万7,500円
    330万円~694万9,000円 20% 42万7,500円
    695万円~899万9,000円 23% 63万6,000円
    900万円~1,799万9,000円 33% 153万6,000円
    1,800万円~3,999万9,000円 40% 279万6,000円
    4,000万円~ 45% 479万6,000円

    プロ野球の契約金は臨時所得として平均課税の適用を受けます。

    いわゆる五分五乗方式ですね。 1億円を五で割って税額計算して算出された税額に五を掛けます。

    (100,000,000÷5)×40%-2,796,000=5,204,000

    5,204,000×5=26,020,000円となり、所得税は約2,600万円です、、

    後は住民税、こちらは単一税率(10%)なので、1億円×10%=10,000,000円となります。

    合計で、26,020,000円+10,000,000円=36,020,000円ものお金が税金として納める額になります。

    1億円の契約金を勝ち取った選手の手元に残るのは、63,980,000円です。

    ドラフト1位で契約金1億円なら約6,400万円手にする事が出来るという事です。

    サラリーマンの平均年収が440万円、手取りが350万円程度ですから、この瞬間サラリーマンを18年勤め上げたくらいの金額を手にすることが出来ると思えば目指し甲斐は十分にありますね!

    契約金は先払いの退職金の意味

    プロ野球の平均勤続年数をご存知でしょうか?

    毎年約100人のプロ野球選手が誕生する一方で、同じだけ戦力外通告を受ける選手がいます。

    プロ野球選手の平均勤続年数は8.9年と言われています。

    引退時の平均年齢は29歳

    これはあくまで平均なので、現役20年頑張った選手が平均を押し上げており実際のボリューム層は4年目~5年目になります。

    高卒でプロ入りした場合、22歳、23歳で職を失うことになります。

    プロは結果が全ての世界なので、球団は容赦なく戦力外を通達します。

    このような背景からプロ野球選手になるには、なるべくドラフト上位指名でのプロ入り以外を拒否する選手も少なくありません。

    短命だからこそ、契約金という名の退職金を最初にいかに勝ち取るかも選手にとって大事な事なんですね。

    まとめ

    プロ野球選手の契約金にまで税金がかかる事を知らなかった人多いのではなかったでしょうか。

    ドラフト順位によって契約金も大幅に変わるので、プロ野球選手を目標にしている人や家族は、どのラインでプロ入りを目指すかまで具体的にイメージするとより実現可能になりそうですね!

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    プロ野球観るならスカパー!プロ野球セットで12球団完全網羅!!

    タイトルとURLをコピーしました