最近のコメント

    【野球道具】肘を守るエルボーガードって軟式ボールでも付けるべき?

    【野球道具】

    エルボーガードって必要なのかな?

    どんな選手が付けるべき?

    このような疑問にお答えします。

    エルボーガードとはバッターが肘を守るためのプロテクターです。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    この記事ではエルボーガードについて、軟式ボールでも付けるべき?についてまとめました。

    必要かどうか判断してみてくださいね(^^)

    ✔️この記事でわかること

    • エルボーガードのメリットデメリット
    • エルボーガードをつけるべき人
    • エルボーガードを選ぶならコレ

    ひとつずつ解説していきます。

    》【完全栄養の主食 BASE FOOD】スタートセット

    【野球道具】肘を守るエルボーガードって軟式ボールでも付けるべき?

    エルボーガードのメリットデメリット

    メリット

    一番のメリットは、当然ケガの防止です。

    特に硬式ボールでプレーする選手は常に危険と隣り合わせですから、必要と考えます。

    けんにぃ
    けんにぃ

    さらに大きなメリットは、打席での精神的な余裕につながる部分ですね!

    人間ですから、誰だってインコースの厳しいボールがきたら「うおっ!!」て恐怖心が少なからず芽生えますよね。

    相手バッテリーも配球上踏み込んでこないよう狙っている訳なので、エルボーガードはここを突破するために重要な道具と言えます。

    デッドボールは誰だって痛いし怖いですが、頭と肘に当たるのは野球選手なら絶対に避けなければいけません。

    頭はヘルメットがありますが、肘に当たってしまうと、利き腕なら最悪ですしグローブ側でも投げる動作のメカニックバランスを崩して送球難を引き起こす可能性があります。

    これらを予防できるエルボーガードは、付けるメリットが大いにあると考えますね!

    デメリット

    もちろんデメリットもあります。

    エルボーガードってプロ野球選手もよく付けていると思いますが、思っているよりデカいんです。

    プロ野球選手だから小さく見えますが、実際は結構ゴツくてスイングの邪魔になる可能性があります。

    慣れで解決すると思いますが、選手によっては違和感が取れずにバッティングの調子を崩してしまう恐れもあります。

    使用を検討されているなら、大事な大会直前など試合が控えている場面ではなく、準備期間をしっかりと取ってから取り入れることをオススメします。

    エルボーガードをつけるべき人

    右投げ左打ち

    右投げ左打ちの選手は最も付けるべき人ですね。

    打席に立つと投げる右腕がピッチャー側なわけですから、これほど付けないといけないパターンはないでしょう。

    左投げ右打ちの人はかなり少数派ですからね。

    投げる右腕、肘にデッドボールは本当に危険です。

    けんにぃ
    けんにぃ

    痛みが引いた後でも投球動作になると痛みが出てくる場合もあるので、右投げ左打ちの人は付けることを強くオススメします。

    ピッチャー

    ピッチャーは投げることが本職ですから、打席が右でも左でもエルボーガードを付けるべきです。

    けんにぃ
    けんにぃ

    上記でも少し書きましたが、ピッチャーの投球メカニックは本当に繊細で難しいものです。

    どこか一箇所でも違和感があるだけで、あらゆる箇所が微妙にバランスを崩してコントロールが定まらなくなったり、思い切り腕を振れなくなったりする怖さがあります。

    ピッチャーは繊細な感覚を必要とするポジションなので、あらかじめ不安要素を潰しておくことをオススメします。

    当たってからでは遅いですからね、、

    エルボーガードを選ぶならコレ

    アシックス

    大谷翔平選手も愛用しているアシックスのエルボーガード。

    L型になっており、やや大きめですが二の腕から肘部分までしっかりとカバーしてくれるので、ケガへの安心感は非常に高いアイテムです。

    これから二刀流を体現する選手も多くなってくるでしょうから、エルボーガードの需要もますます高まりそうですね。

    ZETT

    アシックスのL型ではなく、曲がりのないストレートタイプです。

    体に密着感のあるL型に違和感を感じやすく気になる人は、このストレートタイプがオススメかなと思います。

    この辺は好みなので、自分に合った方を選んでみてください(^^)

    まとめ

    エルボーガードは硬式、軟式関係なく付けるべきと筆者は考えます。

    その理由に軟式ボールも2018年からM号という新規格になり、より硬式ボールに近づく改良がされました。

    感覚的にかなり硬くなっていて少し重くなったので、デッドボールのダメージも旧規格の軟式ボールの比ではありません。

    野球選手にとって肘は本当に大事な部分になるので、僕は全野球選手がエルボーガードを使用することを推奨します。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    【野球】野球は見た目も大事!オシャレでカッコいいアクセサリー5選

    タイトルとURLをコピーしました