最近のコメント

    プロ野球最強投手!オリックス山本由伸投手はなぜここまで打たれないの?

    【プロ野球】

    オリックス山本由伸投手ってなぜここまで打てないの?

    このような疑問にお答えします。

    山本由伸投手と言えば、150kmを超える豪速球とキレッキレのカーブのイメージを持つ方多いと思います。

    プロ野球の強打者達がお手上げ状態になるほど打てない山本由伸投手の凄さを考察します。

    ✔️この記事でわかること

    • 山本由伸投手がNPB最強投手たる所以
    • 山本由伸投手が打たれない要因を考察
    • 来季はメジャー?

    ひとつずつ解説していきます。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    プロ野球最強投手!オリックス山本由伸投手はなぜここまで打たれないの?

    山本投手がNPB最強投手たる所以

    山本由伸投手のプロフィール

    生年月日(年齢) 1998年8月17日生まれ 25歳
    出身地 岡山県備前市
    出身校 都城高校(宮崎県)
    ドラフト 2016年ドラフト4位

    脅威の防御率

    年度 防御率
    2017 5.32
    2018 2.89
    2019 1.95
    2020 2.20
    2021 1.39
    2022 1.68
    2023 1.32
    プロ通算 1.84

    プロ7年目にして通算防御率は脅威の1.84です。

    けんにぃ
    けんにぃ

    プロ7年の通算で1.84は異次元過ぎる数字ですよね。

    ルーキーイヤーのみ5点台で、残りは全て2点台以下は脅威の成績です。

    ちなみにプロ野球全体を見渡しても、先発投手で防御率1点台でシーズンを終える投手は毎年1〜2人しかいません。

    いかにハイレベルな数字を残し続けているか分かりますね。

    エグい奪三振率

    山本投手の奪三振率はプロ通算で9.18という数字になっています。

    これは9イニング投げたら9.18個の三振を取る確率を示しており、ほぼ毎回三振を取り続けている事になります。

    ピンチ場面でも狙って三振が取れるところが山本投手の凄さであり、脅威の防御率にも繋がっているんですね。

    獲得タイトル

    最多勝利 2回
    最優秀防御率 3回
    最多奪三振 3回
    最高勝率 2回

    どれも投手として最高のタイトルばかりを総なめにしていますね。

    しかも2021年と2022年の2年連続で投手4冠を達成し、パ・リーグ史上初の2年連続沢村賞を受賞するという完全無双状態に入っていますね。

    また先日ノーヒットノーランを2年連続で達成し、もはやNPBに敵なしと言われるレベルに到達しています。

    山本投手が打たれない要因を考察

    超一流のストレート

    最速159km&2,200回転を超えるストレートはプロのバッターが分かっていても捉えるのが難しいボールになっています。

    また力感のないフォームからこれだけのストレートを1〜9回まで変わらずに投げられるスタミナと精度が特に凄さを感じる部分ですね。

    (出典:YouTube)

    球速差40kmの緩急

    カーブは120km前後に対して最速159kmのストレート。

    しかもカーブはキレッキレの変化量とブレーキがかかり、分かっていてもジャストミートするのが困難なボールになっています。

    最大球速差40km近い緩急を操る投手は、球界を見渡してもそう多くありません。

    けんにぃ
    けんにぃ

    ぶっちゃけプロでも「打てればラッキー」レベルですね。

    (出典:YouTube)

    どんな場面でもブレないコントロール

    山本由伸投手がここまで打たれない要因として、最も大きいと感じる部分はやはりコントロール。

    豪速球やキレキレのカーブを、常にキャッチャーミットが動かないレベルにビタビタに投げ込める精密機械のようなコントロールには脱帽します。

    しかもどれだけピンチでも、冷静に厳しいコースに投げられる精神的なタフさも加わって、もはやスキが全く見えません。

    来季はメジャー?

    ポスティングでメジャーはほぼ確実

    2023年オフにポスティングシステムを利用して山本由伸投手のメジャー移籍はほぼ確実と言われています。

    ここ数日でニューヨークヤンキースを筆頭に30人を超える複数球団のスカウト陣が山本由伸投手の試合を視察に来るなど、争奪戦がすでに始まっていますね。

    3年連続防御率1点台に加えまだ25歳という若さ、メジャー球団が喉から手が出るほど欲しがるのも頷けます。

    さらに山本投手自身もかねてからメジャー移籍を希望していることから、移籍はほぼ間違いないと言えますね。

    契約内容を予想

    現時点での予想ですが、楽天からニューヨークヤンキースに7年総額161億円で移籍した田中将大投手を超える契約になるのは確実と言われています。

    25歳ルールもクリアし、直近3年の成績を鑑みるとおそらく、年俸40億円水準、仮に7年契約とすると280億円規模の契約になるのでは?と言われていますね。

    今シーズンが日本で見られる最後の勇姿になりそうなので、最後まで注目して見ておきましょう。

    》【MLB】高額すぎ!日本人の歴代最高ポスティング入札額はいくら?

    今回は以上です。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

     

    タイトルとURLをコピーしました