最近のコメント

    【上達への道】コントロールが悪い投手の原因と良くするための3つコツ

    【上達への道】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです!

    ストライクが入らない…

    コントロールが悪いと試合で不安だな…

    どうしたらコントロールが良くなるんだろう…

    投手をやった事がある人なら、必ず通るであろうこの悩み。

    この記事ではコントロールが悪い投手によくある原因と改善する方法についてまとめました。

    野球というスポーツは投手が投げることで試合が動きます。

    とても重要な役割ですね。

    ストライクが入らないと当然試合に勝つことは出来ませんし、何より楽しくありませんよね。

    コントロールを良くするためにやるべき必要なことを確認しましょう。

    コントロールが悪い投手の原因と良くするための3つコツ

    ストライクを投げた同じフォームで投げ続けられるか?

    結論から言いますと、同じフォームで投げ続けられれば、コントロールが乱れることがないというのが極論です。

    コントロールに悩む投手でも1球くらいはストライクを投げれます。

    理屈上はその投げ方で投げれば、次もストライクが入るはずなんです。

    「それが出来れば苦労しないよ」という声が聞こえてきそうですね。

    ではなぜコントロールを乱すのでしょうか。

    それは投球フォームの微妙な調整が出来ないからです。

    3つ原因と改善方法を見ていきましょう。

    コントロールが乱れる3つの原因

    1. 軸となる体幹が固まっていない
    2. リリースポイントが定まらない
    3. 上半身に頼った投球フォーム

    この3項目が欠けると同じフォームで投げ続けるのは難しいでしょう。

    コントロールに力(パワー)は必要ありません。

    投球のコツさえ身体が覚えてしまえば、改善させることが可能です。

    では改善するために必要なことを見ていきましょう。

    原因に沿って必要なことを確認していきます。

    原因① 体幹

    軸となる体幹が固まっていない

    投球時、まず足を上げてボールを投げるためのパワーを軸足に溜めると思いますが、しっかり1本足で立ちフラフラしない体幹が必要不可欠です。

    ここでふらついているようでは、まずコントロールは定まりません。

    メディシンボール投げやプランクなどで体幹のトレーニングを強化しましょう。

    地味な基礎練習ほど大事なことは周知の通りですね。

    原因② リリースポイント

    リリースポイントが定まっていない

    ボールが指先から離れる位置を一定に出来ればコントロールで悩むことはなくなります。

    結論で同じフォームで投げれば同じボールがいくというところに直結しています。

    相手の胸に向かってしっかり投げられる距離でのキャッチボールで、どこでボールを離せば狙ったところにいくのかを1球1球確認しながら行ってください。

    間違っても、とりあえず肩を温める為だけのキャッチボールにならないように意識する事が大切です。キャッチボールから目的を持って1球1球ムダのない投球をしましょう。

    タオルなどを使ったシャドウピッチングもキャッチボールで確認したボールを離す位置を体に覚えこませる作業に有効です。

    原因③ 上半身に頼りきり

    上半身に頼った投球フォーム

    個人的にはここが1番重要だと考えています。

    ①、②が定まってきたら大事になるのが上半身に頼っていないかです。

    コントロールのいい投手ほど下半身主導のフォームで上半身のブレがありません。

    下半身が安定すると体の開きを抑えることができ、リリースポイントを一定に保つ上で非常に重要な要素になります。

    ランニングやスクワットで筋持久力と筋力をアップさせましょう。

    先発投手が7回~8回で球速が落ちたり、コントロールが乱れるのは下半身に疲れが出始めるからです。

    上半身が疲れても下半身のスタミナがあれば試合終盤でもパフォーマンスも落とさない投球が出来ますし、コントロールの乱れも最小限で抑える事が出来るようになります。

    プロ野球の投手などが、すごい太ももとお尻をした投手が多いのも下半身がそれだけ重要だという事を証明をしてくれています。

    まとめ

    上記3つの原因が解消されれば、コントロールが乱れることも少なくなり改善することが出来ます。

    ストライクをしっかり投げることが出来れば投球の幅が広がり、投手というポジションがとっても楽しくなると思います。

    1番大事なポジションだからこそ、やらなければならない練習は1番多くてしんどいです。

    全ては基礎、基本の上に成り立っていることをもう1度意識して日々の練習に取り組みましょう。

    ではまた。

    ➡️【上達への道】野球に必要な筋トレは自宅で十分!家トレのメリット解説

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました