最近のコメント

    【大谷翔平】イチローが絶賛する打者としての評価と日米通算打撃成績まとめ

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    メジャー4年目を迎えて、野球の本場アメリカでリアル二刀流を体現している大谷翔平選手。

    様々な野球解説者や評論家が、投手と打者のどちらかを決めたがっている議論をよく見かけますが、あのレジェンドイチローは当初から断然打者としての才能を評価していました。

    イチローも絶賛する打者での才能と、NPB時代からの打者としての打撃成績をまとめてみました。

    では見ていきましょう。

    【大谷翔平】イチローが絶賛する打者大谷の評価と日米通算打撃成績まとめ

    打者としての非凡な3つの才能

    イチローが絶賛し、評価したのは打撃センス

    「すごいピッチャーはいくらでも出てきます。でもあんなバッターはなかなか出てこない」

    これはイチロー氏が大谷翔平の二刀流を評価した時に出た発言です。

    イチロー氏は打者としての天才的なセンスをより高く評価しており、打者として挑戦したほうが大谷翔平にとって有利になるだろうと考えているようです。

    まだ日本でも「二刀流は無理だろう、どちらかに専念すべきだ」という議論がされている中、真っ先に打者としての才能を見出していました。

    稀代の天才打者であったイチローですが、あまり他の選手を褒める場面を見かけません。

    それだけ打撃センスを高く評価しているようです。

    メジャーでも通用するパワーと飛距離

    俗に言うホームランバッターのようなガッチリした体格ではない大谷選手ですが、そのパワーと飛距離はメジャーのホームランバッターと比較しても、全く見劣りしない実力を証明しています。

    フルスイングする中でもしなやかさがあり、バットにボールが当たった瞬間のインパクトは、まるで大谷選手だけ金属バットを使用しているかのような反発力がありボールが弾き飛んでいくように感じます。

    それだけ全身のパワーをバランスよくボールに伝え飛距離を生み出すあの打撃は、ただ筋力があれば出来るものでもないことは見ていてわかりますよね。

    あれほど美しいホームランを放つ選手も珍しいです。

    逆方向への打球

    大谷選手の打撃の凄さを語る上で外せないのが、逆方向への打球です。

    大谷選手のホームランや長打の打球方向の約6割が逆方向への打球で、逆方向でこれだけ飛距離の出る選手はなかなかいません。

    圧倒的なスイングスピードにより、ボールをギリギリまで見極めて打つ事が出来るのでメジャーでも1年目に日本人最多ホームラン記録を作る事が出来たのではないでしょうか。

    レフト方向に引っ張っているという表現が適切だなと思います。

    また進化の止まらない大谷選手は、2021シーズンは一転してライト方向への打球が極端に増え、ホームランを量産しています。

    その理由として大谷選手はインタビューで、「やっと引っ張るスイングが出来る準備(体づくり)が整った結果です」とコメントしており、確信を持ってメジャーのホームラン王争いをしていると思うと、凄すぎて言葉になりません。

    【大谷翔平】NPB〜MLB通算打撃成績まとめ

    • NPB日本ハム時代(2013年〜2017年)
    打席 安打 本塁打 打点 打率
    2013 204 45 3 20 .238
    2014 234 58 10 31 .274
    2015 119 22 5 17 .202
    2016 382 104 22 67 .322
    2017 231 67 8 31 .332

    NPB5年間で通算ホームランは48本、安打数は296本と投手として、週一ペースでマウンドに上がりながらこの成績はやはり驚異的ですね。

    特に2016年には投手として10勝しつつホームラン22本という、まさに二刀流の活躍でチームを日本一に導いています。

    2016年をきっかけに二刀流に対してこれまでどっちかにすべき論争がなくなり、大谷選手なら本当にやれると全面的に応援する流れに変わっていった印象でした。

    • MLBエンゼルス時代(2018年〜2021年9月7日時点)
    打数 安打 本塁打 打点 打率
    2018 367 93 22 61 .285
    2019 425 110 18 62 .286
    2020 175 29 7 24 .190
    2021 466 119 43 93 .255

    ついに日本人メジャーリーガー最多のシーズン32本塁打を記録しました。

    これまでの最多記録は2004年にヤンキースに所属していた松井秀喜氏が残した31本が日本人最多記録でしたが、大谷選手はシーズンの約半分の試合数で最多記録を更新しました。

    残りのシーズンでどこまでホームラン数が伸びていくのか楽しみですね。

    また注目すべきは、日本人としてルーキーイヤーでの最多本塁打記録の更新したところもでしょう。

    1年目で22本の記録を作った大谷選手以下はこのようになっています。

    • 2位:18本 城島健司(元マリナーズ)
    • 3位:16本 松井秀喜(元ヤンキース)
    • 4位:15本 井口資仁(元ホワイトソックス)

    どのバッターも日本では圧倒的な活躍をしてメジャー挑戦した選手ばかりで、松井秀喜氏に関してはメジャー挑戦直前の2002年シーズンで50本塁打を記録している状況でした。

    その選手でもメジャー1年目は16本と結果は残しているものの日本ほどのインパクトはありませんでした。これを考えると投手をやりながら打席数が少ない中での22本という数字はとんでもない記録になっています。

    この結果からも、投手より打者でという声がアメリカでも多くなった要因でもありますね。


    【送料無料】★大谷翔平選手モデル★【asics アシックスベースボール】【2021年春夏モデル】【バット】野球 一般軟式用複合FRP製バット ビッグフライング トップバランス 83cm 84cm 3121A759 600 Dレッドカモ [210212] 父の日

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    野球の神様と呼ばれたベーブルース以来のメジャリーグで二刀流を体現出来るスーパースターの出現に本場アメリカの野球ファンも熱狂しています。

    今後どこまでメジャーで活躍してくれるのか、本当に楽しみですね。

    ではまた。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました