最近のコメント

    【プロ野球】監督の年俸ってどれくらい?12球団監督年俸ランキング

    【プロ野球】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです。

    プロ野球選手は活躍すると億を超える年俸を手にしますが、監督はどれくらいのお金をもらっているかご存知でしょうか?

    契約更改の時期は、選手ばかりがニュースになってなかなか監督の年俸って見聞きしないですよね。

    2021年12球団の監督年俸ランキングをまとめました。

    関連:【お金】メジャーリーグと日本プロ野球のチーム・個人年俸ランキング

    では見ていきましょう。

    プロ野球監督の年俸はいくら?2021年12球団監督年俸ランキング

    NPB12球団監督年俸ランキング

    順位 球団 監督名 推定年俸
    1位 巨人 原辰徳 2億円
    2位 日本ハム 栗山英樹 1億1000万円
    3位 ソフトバンク 工藤公康 1億円
    阪神 矢野燿大 1億円
    中日 与田剛 1億円
    楽天 石井一久 1億円
    7位 ロッテ 井口資仁 8000万円
    ヤクルト 高津臣吾 8000万円
    9位 西武 辻発彦 7000万円
    広島 佐々岡真司 7000万円
    オリックス 中島聡 7000万円
    DeNA 三浦大輔 7000万円

    巨人の原辰徳監督が堂々のトップに君臨しています。

    監督の平均年俸はおよそ6000万〜8000万円が相場になっているので、原辰徳監督の年俸がいかに飛び抜けているかがわかりますね。

    監督の年俸は複数年になればなるほど、年俸が高くなる傾向にあります。

    また当然実績を重視されるので、まだ実績がない監督だと6000〜7000万辺りからスタートする場合が多いですね。

    ではランキング上位の監督が残した実績を見ていきましょう。

    ランキング上位監督の実績比較

    原辰徳監督

    年度別監督成績(リーグ公式戦)








    2002 巨人 1位 140 86 52 2 .623 186 .272 3.04 44歳
    2003 3位 140 71 66 3 .518 15.5 205 .262 4.43 45歳
    2006 4位 146 65 79 2 .451 23.5 134 .251 3.65 48歳
    2007 1位 144 80 63 1 .559 191 .276 3.58 49歳
    2008 1位 144 84 57 3 .596 177 .266 3.37 50歳
    2009 1位 144 89 46 9 .659 182 .275 2.94 51歳
    2010 3位 144 79 64 1 .552 1.0 226 .266 3.89 52歳
    2011 3位 144 71 62 11 .534 3.5 108 .243 2.61 53歳
    2012 1位 144 86 43 15 .667 94 .256 2.16 54歳
    2013 1位 144 84 53 7 .613 145 .262 3.21 55歳
    2014 1位 144 82 61 1 .573 144 .257 3.58 56歳
    2015 2位 143 75 67 1 .528 1.5 98 .243 2.78 57歳
    2019 1位 143 77 64 2 .546 183 .257 3.77 61歳
    2020 1位 120 67 45 8 .598 135 .255 3.34 62歳
    通算:14年 1978 1091 821 66 .571 Aクラス13回、Bクラス1回

    通算14年の監督歴で、リーグ優勝9回、日本一に3回輝いています。

    しかも14度の監督で13度Aクラス入りしており、常勝巨人において期待に応える素晴らしい実績を残しています。

    試合では自己犠牲、実力至上主義、勝利至上主義を貫き、必要であれば主軸打者にもバントをさせるなど、チームの和は競争原理が働くことで保たれるが、チームを最優先する意識を強く持った選手が集まってこそ勝利を得られると語っています。

    2009年にはWBC日本代表監督を務め、日本を大会2連覇へ導く手腕を見せました。

    日本を代表する監督であることは間違いありませんね。

    関連:【プロ野球】12球団で唯一。読売巨人軍だけの独自ルール6選

    栗山英樹監督

    年度別監督成績(リーグ公式戦)








    2012年 日本ハム 1位 144 74 59 11 .556 90 .256 2.89 51歳
    2013年 6位 144 64 78 2 .451 18.5 105 .256 3.74 52歳
    2014年 3位 144 73 68 3 .518 6.5 119 .251 3.61 53歳
    2015年 2位 143 79 62 2 .560 12.0 106 .258 3.62 54歳
    2016年 1位 143 87 53 3 .621 121 .266 3.06 55歳
    2017年 5位 143 60 83 0 .420 34.0 108 .242 3.84 56歳
    2018年 3位 143 74 66 3 .529 13.5 140 .251 3.77 57歳
    2019年 5位 143 65 73 5 .471 13.0 93 .251 3.76 58歳
    2020年 5位 120 53 62 5 .461 20.0 89 .249 4.02 59歳
    通算:9年 1267 629 604 34 .510 Aクラス5回、Bクラス4回

    栗山監督の最大の実績は、やはり2013年にドラフト1位で大谷翔平を日本ハムへ入団させ、史上初の二刀流選手として育てあげたことではないでしょうか。

    関連:【大谷翔平】イチローが絶賛する打者としての評価と日米通算打撃成績まとめ

    就任1年目にいきなりリーグ優勝を果たしている他、2016年には日本一にも輝いています。

    大谷翔平がメジャー挑戦を表明した2017年からはチームは低迷し、現在も苦しいチーム状況に陥っています。

    今年で10年目の指揮に、結果が大きく求められることから、結果によっては来季の動向が注目されます。

    工藤公康監督

    年度別監督成績(リーグ公式戦)








    2015 ソフトバンク 1位 143 90 49 4 .647 141 .267 3.16 52歳
    2016 2位 143 83 54 6 .606 2.5 114 .261 3.09 53歳
    2017 1位 143 94 49 0 .657 164 .259 3.22 54歳
    2018 2位 143 82 60 1 .577 6.5 202 .266 3.90 55歳
    2019 2位 143 76 62 5 .551 2 183 .251 3.63 56歳
    2020 1位 120 73 42 5 .635 126 .249 2.92 57歳
    通算:6年 835 498 316 21 .612 Aクラス6回、Bクラス0回

    常勝ソフトバンクを不動の地位に押し上げたのが、工藤監督で間違いないでしょう。

    なんと6年間の監督歴で3度のリーグ優勝と5度の日本一に輝き、現役時代に優勝請負人と呼ばれた勝負運を監督の立場でも存分に発揮しています。

    勝率は通算でも6割を超え、最強ソフトバンクの顔としてパリーグ史上初の日本シリーズ4連覇を達成しました。

    チームの勝利を何よりも優先するその勝負師としての手腕は、厳しいプロ野球で戦い続けてきた実績と経験からくるものなのでしょう。

    関連:【プロ野球】ソフトバンクが強すぎる!常勝チームになった4つの理由

    監督ではこれだけの実績を作って、名監督となり球団からも信頼され年俸も上がっていくんですね。

    監督は実際にプレーする訳ではないので、チームの勝利以外に実績を作る手段がありません。

    厳しい世界で10年以上実績を残し続けた原辰徳監督は、凄いの一言です。

    歴代監督高額年俸ランキングTOP5

    順位 球団 監督名 推定年俸
    1位 ロッテ ボビー・バレンタイン 5億円
    南海 野村克也 5億円
    3位 中日 落合博満 3億7000万円
    4位 ソフトバンク 王貞治 2億2500万円
    5位 阪神 星野仙一 2億円
    巨人 原辰徳 2億円

    歴代のランキングは、異次元の年俸になっています。

    まず南海の野村克也監督は、選手兼監督の立場にあり、選手としての実績は申し分ない状況での兼任監督だったので、納得の年俸ですね。

    バレンタイン監督の5億円に関しては、2005年にロッテを31年ぶりの日本一に導いた実績をひっさげバレンタイン監督が年俸交渉をして勝ち取った金額のようです。

    やはりアメリカ人は「結果を出したんだからその分しっかり対価を払ってね」という交渉をしっかり行い自ら高額年俸を勝ち取っています。

    なかなか日本人でここまで強気で交渉出来る方はいないんじゃないでしょうか。。

    中日の落合監督に関しては、プロ野球の監督としての実績を確実に残した功績による当然の年俸だと思います。

    落合監督時代の中日ドラゴンズの成績

    年度別監督成績(レギュラーシーズン)








    2004 中日 1位 138 79 56 3 .585 (7.5) 111 .274 3.86 623 558 50歳
    2005 2位 146 79 66 1 .545 10.0 139 .269 4.13 680 628 51歳
    2006 1位 146 87 54 5 .617 (3.5) 139 .270 3.10 669 496 52歳
    2007 2位 144 78 64 2 .549 1.5 121 .261 3.59 623 556 53歳
    2008 3位 144 71 68 5 .511 10.0 140 .253 3.53 535 556 54歳
    2009 2位 144 81 62 1 .566 12.0 136 .258 3.17 605 508 55歳
    2010 1位 144 79 62 3 .560 (1.0) 119 .259 3.29 539 521 56歳
    2011 1位 144 75 59 10 .560 (2.5) 82 .228 2.46 419 410 57歳
    通算:8年 1150 629 491 30 .562 Aクラス8回

    通算8年間の監督生活で、なんと日本一1回、リーグ優勝が4回、2位が3回、3位が1回と全てでAクラス入りを果たし、抜群の強さを維持し続け常勝中日を作り上げたのは間違いなく落合監督でしたね。

    当時の中日はとにかく練習量が12球団の中でもダントツに多く、特に守備練習では落合監督自らノックをして中日の代名詞でもあった鉄壁の守り勝つ野球を体現させていました。

    2011年のチームシーズン防御率が2.46という数字がいかに凄いことか…って感じですよね。プロ野球コアファンなら分かっていただけるはずです。

    投手起用に関しては、自身が野手だったことから、信用を置いているコーチの森繁和に任せて一切口出ししなかったと言われています。これについて落合は「(下手に口を出すと)大抵それで失敗する」と発言しており、選手だけでなくコーチ陣に対しても信頼し任せていたようです。

    プロ野球の歴史に残る名監督であった事は確かですね。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    監督も結構な年俸を貰っている事がわかりましたね。

    しかし選手同様、結果が出なければすぐに交代です。改めて厳しい世界です。。

    そんな中でもどの時代にも名監督がおり、監督が誰になるかでチームは簡単に強くも弱くもなります。

    今の監督達も昭和から平成にかけてプロ野球で大活躍した選手ばかりですね。

    そんな名プレイヤー達が監督としてどんな野球をするかも注目しながらプロ野球を楽しみましょう!

    ではまた。

    プロ野球観るならスカパー!プロ野球セットで12球団完全網羅!

    タイトルとURLをコピーしました