最近のコメント

    【野球】軟式ボールでホームラン打つコツは?遠くに飛ばす3つの方法

    【上達への道】
    悩んでる人
    悩んでる人

    軟式ボールを遠くに飛ばす方法が知りたい。

    ホームラン打つコツがあれば取り入れたい!

    このような疑問にお答えします。

    軟式って硬式とは打ち方が全く違い、コツを熟知していないとなかなか上手く打てないですよね。。

    この記事では軟式ボールを遠くに飛ばすコツを解説していきます。

    ✔️この記事でわかること

    • 軟式ボールを遠くに飛ばす3つのコツ
    • 飛距離を伸ばすための下半身トレーニング
    • 道具の力を借りよう!飛距離最強の軟式バット

    ひとつずつ解説していきます。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    「本ページはプロモーションが含まれています」

    【野球】軟式ボールでホームラン打つコツは?遠くに飛ばす3つの方法

    軟式ボールを遠くに飛ばす3つのコツ

    硬式ボールではタイミングよくバットの芯とボールの芯を当てれば多少パワーがなくても飛びます。

    しかし軟式ボールの中は空洞になっており、硬式ボールに比べ反発がありません。

    硬式ボールのようにバックスピンをかけにいってもボールが潰れてしまいポップフライになりやすいので、打ち方が硬式とは違ってきます。

    けんにぃ
    けんにぃ

    ここから軟式ボールの打ち方、コツをしっかり理解していきましょう!

    ミートポイントはボール1個分詰まる

    硬式と軟式のどちらも経験してきた僕が思うイメージでは、硬式はタイミングをしっかり合わせてバットの芯に当てるという感覚ですが、軟式でそれをやると空回りするような感覚になりボールが全然飛びません。

    けんにぃ
    けんにぃ

    軟式ボールを遠くに飛ばすには、ボール1個分ミートポイントをキャッチャー側に引きつけて、多少バットの根本に当たってもいいくらいのイメージで打ちます。

    【硬式は前でさばく、軟式は後ろでさばく】このイメージです。

    右打者なら右手、左打者なら左手でバットにボールが当たった瞬間押し込むような感覚でバットを振り抜きましょう。

    軟式の方がパワー(押し込む力)が必要になります。

    またバットの角度はダウンスイングはNGです。水平か少しアッパー気味のスイングが軟式には合っています。

    置きティーでバットのミートポイントを1球ごとに確認して自分だけのポイントを見つけて精度を上げていきましょう。

    ボールをバットに乗せる

    先程バットの角度は水平かアッパーのイメージと伝えましたが、ポイントはボールをバットに乗せる感覚が大事になります。

    硬式は点でとらえ、軟式は線でとらえるイメージです。

    軟式を点でとらえてしまうと、ボールが潰れてしまい飛距離が伸びません。

    バットとボールを線でとらえ、バットに当たった後もしっかりボールをバットに乗せて運んであげるイメージを持ちましょう。

    バットに乗せるイメージを練習するには、ロングティーが感覚を掴むにはオススメです。

    フォローは振りぬく

    ボールをバットに乗せて運んだ後は、しっかり最後まで振り抜きます。

    軟式は当たった瞬間反発でパンッとバットとボールが離れる感覚がありますが、コンマ数mmでもバットを押し込んでボールとバットが長く接触させるようなイメージでフォロースルーです。

    けんにぃ
    けんにぃ

    当然の事ですが、決して当てにいくようなスイングは絶対NGです。

    しっかり自分のスイングをして振り切りましょう。

    飛距離を伸ばすためのトレーニング

    飛距離アップは下半身トレーニング

    飛距離をさらにアップさせるには、下半身のパワーを効率よくボールに伝えるのが確実な方法になります。

    けんにぃ
    けんにぃ

    太ももからお尻にかけて筋肉がパワーアップするだけで、下半身に粘りが生まれスイングにキレとスピードが増します。これが飛距離に直結してきます。

    やるべきメニューはスクワット(太もも&お尻)やカーフレイズ(ふくらはぎ)などを重点的に鍛えましょう。

    走り込みよりは瞬発力が鍛えられる筋力トレーニングの方をおすすめします。

    下半身を鍛えるメリットは現代のプロ野球選手たちが証明してくれていますよね。

    けんにぃ
    けんにぃ

    どの選手もパンパンの太ももとお尻をしていて、下半身から生み出されるパワーをしっかりと上半身へ伝えて飛距離を出していますからね。

    食事トレーニングで体格アップ

    食事トレーニングの重要性をご存知でしょうか?

    食事を管理することで、中途半端な筋トレよりよっぽどパワーがつきますし、効果を感じるリターンも大きいのでめちゃくちゃオススメです。

    あの大谷翔平選手も食事管理に関しては世界一ストイックなのではないか?という高い意識レベルで取り組んでいることは有名ですよね。

    (出典:YouTube)

    食事をしっかりとコントロールするには、栄養の知識を学ばなければいけません。

    やみくもにただ量を食べればいいわけでなく、必要な栄養を必要なタイミングで摂取することで驚くほど体は変わっていきますし、野球に変換できるパワーがつきます。

    栄養学の知識を身につけて実践するだけで、野球だけでなく私生活でも劇的にパフォーマンスはアップするので、メリットしかありません。

    食事トレーニングを強化する方法
    悩んでる人
    悩んでる人

    じゃあ食事トレーニングを強化ってどうすればいいの?

    食事をしっかりとコントロールするには、栄養学の知識を学ばなければいけません。

    栄養学を勉強するのにオススメの本を載せておきますね。

    本を読むの面倒だな…

    そんな時間ないよ…

    という方には、ネットで完結してポイントをまとめてくれている栄養学講座があります。
    僕も本を読むのが苦手なので、スマホで完結する講座は移動中などにも勉強できるので重宝しました。
    僕は元々ガリガリで身長178cmで体重が54kgしかありませんでしたが、栄養学を勉強して1年実践したら13kg増え67kgまでアップしました。
    食事がいかに大切かを実感しましたね。今の体重+10kgは確実に達成できる内容です。
    栄養学の知識だけでなく、スポーツに特化した食事トレーニングに最適な献立まで解説してくれています。

    食事トレーニングに興味のある方は、アスリート栄養学講座を以下の記事で詳しく解説しています。

    》体づくりならアスリート栄養学講座!メリットとデメリットを解説

    道具の力を借りよう!飛距離最強の軟式バット

    レガシー(ミズノ)

    現代の草野球で最高で最強の飛距離を誇るミズノ社のビヨンドマックスレガシーです。

    使った事がある人ならわかると思いますが、反発力が今までのビヨンドとは比べ物になりません。

    あまりにも飛ぶので、連盟によっては使用を禁止している地区もあるようです。

    正直このバットでジャストミートしてホームランにならない人は、パワー不足以外に理由が見当たりません。それほど飛ばすことに特化したバットと言えます。

    トップバランスレガシー

    ミドルバランスレガシー

    ハイパーマッハ3(ローリングス)

    アメリカの老舗メーカーであるローリングス社のハイパーマッハ3もかなりオススメ。

    特徴はトップバランスでありながら他のメーカーより軽さを重視していて高い操作性としなりを利用するという軟式バットでは珍しいアプローチを実現したバットです。

    飛距離はレガシーほどではないにしても、確実にホームランを狙いにいくバットです。

    ややパワー不足に悩む人でも使いこなしやすく設計されています。

    モンスターブラックキャノン(ゼット)

    ゼットのモンスターブラックキャノンもオススメで外せないバット。

    ミドルバランスなのにトップバランスに引けを取らない高パフォーマンスはさすがゼットの一言。

    最大の特徴はボールが当たる打撃部に、反発力の高い発砲ウレタンの厚みを極限まで厚くしゴム×ゴムという軟式ボールの特徴を最大限活かしたバットになっています。

    これなら飛距離も打球速度も文句ありません。

    まとめ

    軟式ボールはその特徴をしっかりと理解した上で、練習していくと確実に飛距離が伸びます。

    ビヨンドのようなバットも日々どんどん進化しているので、道具の力を借りるのも方法の一つです。

    ホームラン打てたら気持ちいいし野球がますます楽しみになります。

    また以下の記事では、自分に合うバット選びについて解説しています。ぜひ併せて読んでみてください。

    》【草野球】自分に合うバット使えてますか?バットの3タイプを解説

    今回は以上です。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました