最近のコメント

    【野球】投手で上のレベルを目指すなら内角は必須!投げ方と練習方法を解説

    【上達への道】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです!

    悩んでる人
    悩んでる人

    思うように内角に投げられない…

    緊張する場面で投げ切るにはどうすればいいの?

    内角に投げれるようになる練習とかないのかな?

    ピッチャーをやっていたら、必ずこの悩みに直面する場面あると思います。

    内角の必要性を感じる時は、ワンランク上のレベルに行こうとしている証拠なので、この記事を参考にして内角に投げられるようになっていきましょう!

    この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の軟式社会人野球でエースとして全国大会出場経験

    野球が大好きで魅力を伝えたい野球バカ!

    ピッチャーは一番しんどいけど一番楽しいポジション

    内角に投げ切るのは技術とメンタルのどちらも必要になるので、レベルがグッと上がりますが練習すれば投げられるようになるので頑張りましょう(^^)

    ✔️この記事でわかること

    • 内角に投げられない原因
    • 内角へ投げるためのコツと練習方法
    • ピッチング練習に必須アイテム

    ひとつずつ解説していきます。

    ➡️【美味しいグレープフルーツ味!アミノ酸やクエン酸も高配合で身体を素早く疲労回復!】

    【上達への道】投手としてワンランク上のレベルを目指すなら内角に投げられないと通用しない!内角へ投げ方を解説

    内角に投げられない原因

    フォームが定まっていない

    内角に投げる時のフォームと外角に投げる時のフォームの違いを身体で感じているでしょうか?

    リリースの瞬間、微妙に感覚が違いますよね?これは投げている本人しか分からない感覚ではありますが、内角に投げるフォームを固まる必要があります。

    どのタイミングで指からボールを離すか、どこで力を入れるか、グローブの位置はどこにあると内角にいくのかなど、内角に投げるフォームを固めていきましょう!

    これは技術面になるので、繰り返し練習して身体に覚え込ませる必要があります。

    内角に狙って投げるのは、高度な技術なのでコツコツと練習を積み重ねましょう!

    当てたらどうしようという恐怖心

    内角に投げる時はどうしても恐怖心がついて回ります。

    • 当ててしまったらどうしよう…
    • 次の打者にも当ててしまうかも…
    • 恐怖心ですっぽ抜けてしまう…

    一度恐怖心を覚えると、大事な場面でこのような考えが浮かんできてしまいます。

    ピッチングにおいて安定した冷静なメンタルは必要不可欠になるので、常にいいイメージを保つ必要があります。

    当てても命を取られる訳ではありませんし、すぐに切り替えて次の打者を抑える方がよっぽど大事ですからね(^^)

    コントロールに自信がない

    内角どうこうではなく、根本的にコントロールに自信のない人は、おそらく狙って内角に投げ切る事は難しいでしょう。

    安定したコントロールをつける記事を別で書いてますので、そちらをご覧ください。

    ➡️【上達への道】コントロールが悪い投手の原因と良くするための3つコツ

    内角へ投げるためのコツと練習方法

    プレートを端から端まで使う

    内角へ投げるコツとして、プレートをめいっぱい使って投げてみてください。

    例えば、右投手が右打者の内角に投げる時は、プレートの一塁側へ寄って投げてみてください。

    それだけで視野が広くなり投げやすいと思います。

    また右投手が左打者の内角に投げる時は逆で、プレートの三塁側に寄って投げると角度がつけやすく投げやすいです。

    イメージとしてはボーリングに近いですね(^^)一番端に残ったピンを倒す時はどこから投げますか?

    ピッチング練習で常に打者あり

    内角へ投げる練習には、必ず打者ありでピッチング練習をしましょう。

    実際に打者が立っているかどうかで、マウンドから見える景色は全く違いますよね。

    普段の練習から、打者に当ててしまうかも…という緊張感の中で練習するからこそ、試合でも平常心で投げることが出来るようになります。

    練習では、打者は打ちにこないので際どいボールなら簡単に避けてくれるので大丈夫です!

    付き合ってくれたチームメイトには、ノックやティーバッティングのトスなど別の練習で協力し合っていきましょう(^^)

    当ててもいいと開き直るメンタル

    最悪当ててもいいという開き直りは必須メンタルです。

    わざと当てている訳ではないので、開き直って思い切り腕を振りましょう!

    日本では帽子を取って謝るのが基本ですが、アメリカでは火に油を注いでしまいます。

    デッドボールは何も悪い事ではありません。

    真剣勝負の上での結果なので、その次どうするかに集中する癖をつけておきましょう!

    ➡️【MLB】対戦相手へ敬意を込めたルールブックにない暗黙の了解11選

    ピッチング練習の必須アイテム

    ピッチングネット

    ネットがあれば1人でも投げ込みの練習が出来るので、投手としてのレベルを上げていきたいなら必須アイテムになります。

    またティーバッティングにも使えるので、自宅での練習の幅が広がり非常にコスパのいい道具です!

    自宅がマンションなどで置場が無い場合でも折りたたみ式のネットがあるのでそちらを使えば問題ありません(^^)

    マウンド

    ピッチング練習するなら、必ずマウンドありでやってほしいです!

    その理由など詳しくはこちらの記事で解説しています。
    ➡️【少年野球】ピッチング練習するなら小学生からマウンドですべき理由を解説

    上のレベルでも投手として活躍する目標がある人は、ぜひマウンドありの環境を整えてあげて欲しいなと思います!

    ホームベース

    内角に投げる練習にホームベースが無ければ、どこを目指していいのか分からず練習の質が低下してしまいます。

    コントロールを意識するためにはホームベースは必須ですね!

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    正しい練習は嘘をつきません。

    ただ投げているだけでは、いつまで経っても技術は向上していかないので、一つ一つの練習に高い意識を持って取り組んでいきましょう!

    内角に投げ切れるようになれば、確実にピッチングが楽しくなり、負けない投手になれるので頑張りましょう(^^)

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    ➡️【上達への道】コントロールが悪い投手の原因と良くするための3つコツ

    タイトルとURLをコピーしました