最近のコメント

    【少年野球】バッティングで打球が飛ばない…原因と遠くに飛ばす練習

    少年野球

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです!

    悩んでる人
    悩んでる人

    子供のバッティングを見ていると全然遠くに飛ばない…

    ホームラン打ちたいけど飛ばないから外野の頭を越えない…

    どうすれば遠くに飛ぶようになるのかな?

    このような疑問にお答えします(^^)

    この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の2児のパパ

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    この記事では、少年野球を頑張るお子さんがバッティングで遠くに飛ばない原因と遠くに飛ばす方法をまとめました。

    ✔️この記事でわかること

    • バッティングで飛ばない原因
    • 打球が飛ぶようになる練習方法
    • 飛距離アップに最適なバット

    ひとつずつ解説していきます。

    ➡️【少年野球】野球経験なしのパパでも出来るバッティングが上達する教え方

    【少年野球】バッティングで打球が飛ばない…その原因と遠くに飛ばす練習方法

    バッティングで飛ばない原因

    バットに振られている

    打球が飛ばない最も大きな原因がバットに振られてしまっている状態です。

    バットが重すぎたり、振る力が足りなくて足元がフラフラしてしまうようでは当然飛距離なんて出ません。

    よくて内野フライという所でしょうか。

    自分に合ったバットを選び、下半身でバットを振れるようにならないと打球は飛ぶようにはなりません。

    ➡️【少年野球】打てない時はバットを変えてみる!最適なバットの選び方

    バットの芯にボールを当てられない

    試合では真ん中ばかり来ないですよね。

    当然相手ピッチャーは打ちにくい所を狙って投げてきます。

    そんな状況の中でバットの芯にボールを当てる技術がないとボールは飛んでくれません。

    バットの根っこや先っぽに当ててもボールに力が伝わらずに内野も超えてくれないでしょう。

    ミート力は最低限必要になりますね。

    ➡️【少年野球】バットに当たらない原因とミート力を上達させる練習方法

    手だけのスイングになっている

    いわゆる手打ちというやつです。

    ボールに対して手だけでバットを操作してただ当たるだけのスイングになっていては打球はいつまでたっても飛びません。

    下半身の使い方やタイミングや取り方が分からないまま手打ちをしていないか、今一度確認してみてください。

    打球が飛ぶようになる練習方法

    重めのバットで素振り

    打球を飛ばすには最低限のスイングスピードが必要になります。

    重めのマスコットバットなどでスイングスピードと強さを強化しましょう!

    リストの強さも同時に鍛えられるのでバットコントロールも上達します。

    素振りのポイントは100回とか回数を振るのではなく、試合を想定して3〜4打席で見逃しも含めてスイングする事です。

    この素振りを1日に2〜3試合出来れば十分です(^^)

    置きティー

    置きティーは自宅でも外でも練習することが可能です。

    さらにネットがあれば置きティー用の器具を使って自宅の庭、もしくは近くの公園で強く振る練習が可能になります。

    置きティーのメリットは、止まっているボールを打つので、自分のミートポイントを把握するのに適しています。

    コース別に、どのポイントでバットに当てればしっかりミートできるのかを確認しながら調節できるので、なかなかバットにボールが当たらなくて悩んでいる子供には特におすすめの練習です。

    バットの芯でボールを捕らえる感覚が身についてくれば、ヒットを打てる確率がグッと上がります。

    羽打ちorスポンジボール打ち

    羽根打ちはバッティング向上には非常に役立つ大事な練習になります。

    メリットは、ミートすることが非常に難しいので、ギリギリまで引きつけないと打てません。なので下半身の使い方を体に覚えさせる事が出来ます。

    また羽根は空気抵抗を受けて不規則に動くので点でミートしなければならず、ミート力アップに繋がります。

    羽根打ちなら家の中でも比較的安全に練習できるので、天気の悪い日でもしっかりスイングの練習ができますね。

    飛距離アップに最適なバット

    トップバランスを使いこなす

    ミズノ社のビヨンドマックスシリーズの中でも最高レベルの飛距離を誇るレガシーの最新モデルです。

    ビヨンド最強と言われたレガシーに少年野球対応が登場したので、飛距離を求める選手には外せないバットであることは間違いありません。

    これから発売なので、1度触って感触を確かめてから購入することをお勧めします!

    いずれにしてもトップバランスを扱えるだけのスイングスピードや体幹、下半身での動作を意識して練習する事が何よりも打球を飛ばす近道である事を忘れてはいけません。

    バットはそれをサポートする道具にすぎませんからね(^^)

    まとめ

     

    いかがでしたでしょうか。

    打球が飛ばない原因はいたってシンプルで、練習を積み重ねたら誰でも飛ぶようになります。

    力任せでのスイングで打球を飛ばそうとするのだけは気をつけましょう!

    バッティングは芯(ミートポイント)とタイミングでボールは飛びます。

    自分で飛距離の出るポイントをつかめるかどうかが重要になるので、少し練習してダメでも諦めずにコツコツ努力を重ねていきましょう(^^)

    結局野球は楽しいから続けられると思います。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    ➡️モンドセレクション7年連続最高金賞受賞!子供の成長にカルシウムグミ

    タイトルとURLをコピーしました