最近のコメント

    【投手練習】場所がなくて自宅に一人でもできるピッチング練習4選

    【上達への道】
    悩んでる人
    悩んでる人

    ピッチング練習したいけどキャッチボールの相手がいない…

    壁当てするにも場所がないしな…

    一人でもピッチング練習する方法ないかな?

    このような悩みを解決します。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    結論、一人でも出来る練習環境を整えましょう。簡単です。

    ✔️この記事でわかること

    • 自宅で一人で出来るピッチング練習4選
    • ピッチング練習に必要な球数は?
    • ピッチング練習で意識するコト

    ひとつずつ解説していきます。

      プロテイン、筋肉サプリ、スポーツウェアの海外通販【Myprotein】

    【投手練習】場所がなくて自宅に一人でもできるピッチング練習4選

    自宅で一人で出来るピッチング練習4選

    ピッチング練習と言っても、ただボールを投げるだけではありません。

    ピッチャーとしての能力を上げるために総合的な練習が必要になります。

    シャドウピッチング

    タオルなどを使ったシャドウピッチングは、フォームを安定させる狙いと腕を速く振る意識づけにとても大事な練習になります。

    特にタオルをどのタイミングで力を入れたり、振り抜いたりすると腕を速く振れるかを掴むにはいい練習になるので、まだやっていない人は取り入れてみてください。

    けんにぃ
    けんにぃ

    回数は2〜3イニングを目安にして30回程度で十分です

    力を入れるタイミングを意識しましょう。

    シャドウピッチングほど地道でコツコツすべき練習はありません。この練習をやり切れるだけで技術の向上は間違いなく期待できます。

    ネット投げ(ストラックアウト)

    ネットに向かってボールを投げるピッチング練習です。

    ここで意識すべきは、しっかり枠の中に投げ切ること、コントロールを第一優先にして投げてください。

    全力での力任せの投球はいりません。

    8割の力で狙ったところに投げる練習です。

    これも2〜3イニングを目安に30球程度でOKです。

    けんにぃ
    けんにぃ

    上手くいかなくても、投げすぎないように自分で球数を数えてスパッと終わるようにしてください。

    コントロールがアップすると、ピッチングがめちゃくちゃ楽しくなります。

    キャッチャーが要求するボールが投げられると余裕が生まれ、打者を観察してタイミングを外したり投球術にまで気を使えるようになります。

    そこまでいくと、2段階くらいピッチャーとしてレベルアップするのでピッチャーが楽しくてやめられなくなります。

    ピッチャーやるならそこまで行きましょう!

    プライオボールトレーニング

    プライオボールとは、重さの違うボールを投げることによって、球速やコントロールが上がると言われるトレーニングの一種です。

    重さ(g)
    100 グレー
    150 黄色
    225
    450
    1000
    2000

    このトレーニングは大谷翔平投手が、メジャーに行ってからずっとやっていたことで話題になりましたね(^^)

    いつでもどこでも手軽にトレーニング出来るので、非常にオススメです。

    (引用元:YouTube)

    フォームチェック&分析

    投球フォームって客観的に見ると、自分のイメージと全然違っていたりします。

    スマホでもビデオカメラでもいいので、投球フォームを録画して分析してみてください。

    その時に参考にしているプロ野球選手などと比較して、自分とどう違うのか?どこをマネすれば上達出来そうかを考えながら見るのがベストです。

    今はスマホでサクッと撮れるので、ぜひやってみてください(^^)

    ピッチング練習に必要な球数は?

    30〜50球(時期による)

    上記でも書きましたが、ピッチング練習はあくまで試合を想定する必要があります。

    なんとなく力いっぱい速いボールを投げるだけになった30球にあまり意味はありません。

    けんにぃ
    けんにぃ

    イニング、点差、相手打者の打順、ランナーの有無などシチュエーションをイメージしながら投げましょう!

    冬場は、肩関節などの筋肉が硬くなりやすいので、あまり球数は投げないようにしましょう。

    プロ野球選手がシーズン前のキャンプが全て沖縄などの暖かい場所で行うのはこの理由です。

    時期は関係なく多くて50球までで終わるように組み立ててください。

    ピッチング練習で意識するコト

    常にシチュエーションをイメージ

    先程も触れましたが、一球一球に意味を持って投げなければいけません。

    ネット投げなら、

    • 外角、内角
    • 高め、低め
    • 右打者、左打者
    • ランナー1塁、ランナー2塁、満塁など

    一球ごとに場面をイメージして投げるからこそ、上達します。

    ピッチングマシンにだけはなってはいけません。

    【少年野球】ピッチャーの球速は?年代別の平均球速と大谷翔平の少年時代を解説

    疲れてきた時こそ下半身

    ピッチングに疲れてくると、下半身から崩れてきます。

    すると上半身に頼ってしまい(いわゆる手投げ)ボールが高めに浮き、コントロールを失います。

    けんにぃ
    けんにぃ

    「疲れてきたな」と感じてから、いかに下半身を意識してピッチング出来るかを大事に練習してみてください。

    するとまた別の課題が見つかります(^^)

    まとめ

    ピッチングは1人でも十分練習する事が可能です。

    近くにキャッチボールの相手がいなくても諦める必要はありません。

    少しの練習道具と工夫でいくらでも上達出来るので、コツコツ頑張りましょう(^^)

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました