最近のコメント

    【MLB】対戦相手へ敬意を込めたルールブックにない暗黙の了解11選

    【メジャーリーグ】

    野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんにぃです!

    悩んでる人
    悩んでる人

    メジャーの「暗黙の了解」ってどんなものがあるの?

    よく報復のデッドボールとか見るけど他には?

    このような疑問にお答えします。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    ベースボール発祥の国アメリカ。

    メジャーリーグでは野球のルールブックには載っていない暗黙の了解が多数存在している事をご存知でしょうか?

    もちろん日本のプロ野球にもありますが、メジャーリーグの方がはるかに数が多く、野球の本場ならではの暗黙の了解があったのでまとめました。

    ✔️この記事でわかること

    • 暗黙の了解ってそもそも何?
    • メジャーリーグで守らないと報復の標的!暗黙の了解11選
    • 暗黙の了解を破るとどんな報復を受けるの?

    これを知るとますますメジャーリーグがおもしろくなります(^^)

    ➡️プロテイン、筋肉サプリ、スポーツウェアの海外通販【Myprotein】

    対戦相手への敬意を込めたルールブックにない暗黙の了解11選

    暗黙の了解ってそもそも何?

    野球の不文律(やきゅうのふぶんりつ)では野球における不文律について記す。野球には、公認野球規則(ルールブック)に記されていなくても守らねばならない不文律 (unwritten rules, unwritten codes) が存在するとされている。メジャーリーグベースボール (MLB) や日本プロ野球 (NPB) などプロ野球の試合においては、これを破ると故意死球などの報復を受けることがある。

    不文律が形成されていった理由は、特に勝負に負けたり、あるいは負けつつある相手をさらにおとしめることなく、敬意を表するためである。また、既に勝敗が決している試合で記録が乱造されることを避けるためである。(Wikipediaより引用)

    要するに「同じプロの舞台、高いレベルで野球をやっている選手同士、いつでも相手に敬意を持ってプレーしようね」ってことです。

    時にはどちらかのチームの調子が悪く一方的な試合展開になることもありますよね。

    そんな時こそ、相手への敬意をもった姿勢でベースボールしようというルールブックには書いていない暗黙の了解があります。

    詳しく見ていきます。

    メジャーリーグで守らないと報復の標的!暗黙の了解11選

    打者編(7つ)

    • 大差がついた試合で勝っているチームはボールカウント3−0から打ちにいってはならない。
    • 大差がついた試合で勝っているチームは盗塁をしてはならない。
    • ピッチャーの完全試合やノーヒットノーランが継続中にバントヒットを狙ってはならない。
    • 打者がホームランを打った時、塁間をゆっくり走ってはならない。
    • 打者がホームランを打った時、派手なガッツポーズをしてはならない。
    • 連続本塁打の直後の打者は初球を打ってはならない。
    • 打者や走者がアウト後にベンチに戻る際にマウンドを横切ってはならない。

    特にホームランを打った後のゆっくり走ってはいけないや、派手なガッツポーズをしてはいけないのは日本より厳しく見られるようですね。

    このような暗黙の了解はもちろん野球のルールブックに載っていないものばかりで、100年を超える長いベースボールの歴史の中で作り上げられていったものですね。

    投手編(2つ)

    • ピッチャーは死球をぶつけても謝ってはならない。
    • ピッチャーが打者を抑えた時、派手なガッツボーズをしてはならない。

    日本ではピッチャーが死球をぶつけたら帽子を取って謝るのが一般的とされていますが、メジャーで帽子を取って謝ってしまうと【わざとぶつけたから】だと受け取られるようです。

    「わざと当てていないんだから謝る必要がない。」といえばそうかもしれませんね。

    また投手に関しても派手なガッツポーズは相手への侮辱行為とみなされるため、田中将大投手もメジャーへ行く際にガッツポーズをしないように意識してプレーするようになったと言われています。

    共通編(2つ)

    • もし乱闘になってしまった際はベンチやブルペンを出て、(制止のためにも)乱闘に参加しなければいけない
    • 乱闘の場合は素手のみ。バットやボール、ヘルメットなど凶器になりえるものは持ってはいけない。

    メジャーでの乱闘の迫力は日本の比ではありません。

    あんなにもみくちゃになって暴れまわっているように見えて、色々と決まりごとがあって乱闘の中にも紳士の部分を垣間見ることができますね。

    それだけ全てをかけて本気でプレーしている現れとも言えます。

    暗黙の了解を破るとどんな報復を受けるの?

    • 相手ベンチから痛烈なヤジが飛んでくる
    • 相手チームからマスコミを通して批判される
    • 試合中にわざと死球を当てられる

    他にも暗黙の了解を破った選手には直接の報復はせず、その選手が所属するチームのエースピッチャーや4番打者といった中心選手が狙われることもよくあるようです。

    こういった両軍の裏側や暗黙の了解を知って見るメジャーリーグは、めちゃくちゃおもしろいです。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    ベースボール発祥の国、アメリカならではの暗黙の了解も多く知れば知るほど野球がおもしろいものに感じます。

    プレーしているのは超一流のメジャーリーガーですが、内心は同じ人間です。

    マナー違反や相手への敬意をしっかり守らないと、批判や標的の的になってしまいプレーどころではなくなってしまいます。

    今年のメジャーリーグは暗黙の了解の部分にも注目してみてください(^^)

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    関連記事➡️【野球】メジャーのトップ選手はどこのグローブメーカーか?10人を調査

    タイトルとURLをコピーしました