最近のコメント

    【野球】130㎞は誰でも投げられる!球速アップに必要な練習3選

    【上達への道】
    悩んでる人
    悩んでる人

    球速アップしてストレートで三振取りたい!

    球速アップにはどんな練習をすべき?

    130㎞って目指せる球速なの?

    このような疑問を解決します。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    最高球速は134㎞

    球速130㎞は正しい練習を積み重ねれば誰でも達成可能です。

    この記事では130㎞を投げるための球速アップに必要な練習方法をまとめました。

    ✔️この記事でわかること

    • 球速アップ3つのメリット
    • 球速アップに必要な練習3選
    • ピッチャーで一番大事な技術とは

    ひとつずつ解説していきます。

    味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

    【野球】130㎞は誰でも投げられる!球速アップに必要な練習3選

    球速アップ3つのメリット

    球数が減る

    バッターにとって一番やっかいなボールは、間違いなく速いストレートです。

    速いスピードボールを打とうとすると、実際にスイングしてタイミングを合わせるしか方法はありません。

    すると早いカウントからどんどん打ってくるようになるので、ピッチャーの球数を減らすメリットに繋がります。

    けんにぃ
    けんにぃ

    特に草野球レベルで130㎞を超えると、効果は抜群に効いてくるので楽にピッチングを組み立てる事が可能になり、ピッチャーが楽しくて仕方なくなります(^^)

    変化球がより効果的になる

    速いストレートがあるだけで、変化球の効果は2倍にも3倍にも膨れ上がります。

    なぜならほとんどのバッターは【ピッチャーの一番速いボールにタイミングを合わせつつ変化球を待つ】打ち方なので、ストレートが速いだけで緩急の幅が広くなり断然ピッチャー有利な状況になります。

    変化球に自信がない場合でも、ストレートを磨くだけで今のままでも十分に効果を発揮出来ます。

    【上達への道】レジェンドイチロー驚愕の打撃理論!真似出来ますか?

    相手チームにプレッシャーをかけられる

    ピッチャーはある意味チームの顔であり、最も目立つポジションです。

    相手チームのピッチャーの投げるボールがめちゃくちゃ速かったらどう感じるでしょうか?

    大半の人は「球はや〜、打てるかな?とりあえず真っ直ぐ張って行こう!」みたいなことになります。

    その時点でアドバンテージが生まれて、試合前から相手にプレッシャーをかけられるんです。

    これは目に見えない球速アップの大きなメリットになりますね。

    球速アップに必要な練習方法

    重さ違いのボールで壁当て

    メジャーリーガー大谷翔平選手も、アメリカに渡り実際に練習している方法です。

    重さの違うボールを投げることで、体にかかる負荷を変えながら肩関節の可動域を広げるようにストレッチ代わりにもなります。

    また投げる動作の筋トレにもなるので、ダンベルを使った筋トレではなく、実際にボールを投げる筋肉を効率的に鍛える事が出来ます。

    またトレーニングを継続していく中で、球速をその都度測り数字をデータとして記録していくと、成長の具合も把握しやすく目標設定により早く近づけるのでスピードガンで計測するようにしておきましょう。

    (引用元:YouTube)

    中距離ライナーキャッチボール(回転意識)

    遠投ほど距離を離してしまうと、投球フォームではなく遠くに投げるフォームになってしまうので、個人的にはオススメしません。

    塁間くらいの距離で、山なりのボールではなくライナーでの球筋を意識してキャッチボールしましょう。

    最終的なイメージは糸を引くように相手のグラブに吸い込まれていくようなボールです。

    コツはボールにパワーを100%伝えられるよう、投球フォームから体重移動を含めて最後のリリースの瞬間に全集中することです。

    ボールの回転を強く意識しましょう。

    体幹&背筋&下半身強化

    速いボールを投げるには、体幹・背筋・下半身の筋力が最低限必要になります。

    あまりに筋肉がないと、そもそものパワーが無いのでボールに力を伝えることが出来ません。特に背筋は投げる瞬間に両腕を回転させる際に非常に重要な筋肉になるので、懸垂で背筋を鍛えましょう。

    また下半身の筋力アップで、疲れにくい体になり体力がアップします。下半身の力があるかどうかで、ボールが指から離れるリリースの瞬間に力を込められるかを左右する大事な筋力なので、スクワットや走り込みを頑張りましょう。

    けんにぃ
    けんにぃ

    プロ野球選手なんかはどの選手もデカい背中とムチムチな太ももやお尻していますよね!

    130㎞くらいまでなら練習次第で誰でも投げられるようになります。

    球速アップに必要な筋肉を効率よく鍛えて、確実に130㎞オーバーを狙いましょう!

    ピッチャーで一番大事な技術とは

    コントロール

    ここまで散々「球速アップは最高で、絶対に130㎞は目指すべき!」と言ってきたのに…

    そう思われた方、ごめんないm(__)m

    ピッチャーに最も必要とされる技術はコントロールです。

    150㎞投げてもストライクが入らないと野球になりませんし、どれだけ速いボールを投げてもど真ん中ばかりだと確実に打たれます。

    • 110㎞でコントロールが精密機械のように正確なピッチャー
    • 150㎞でもコントロールは安定せず四球を連発するピッチャー

    勝てるのは確実に前者ですよね。

    野球のピッチャーは相手打者を打ち取り0点に抑えることが仕事です。

    スピードボールコンテストならとにかく速いボールを投げた人が勝ちますが、野球の試合はそう簡単ではありません。

    球速アップはもちろん武器になるし、あって損することは一つもありません。

    しかし球速を追い求めるばっかりに、ピッチャーの大前提であるコントロールがお粗末になってしまわないように追記で書いておきますね(^^)

    【野球】コントロールが悪い投手の原因とコントロールが安定する練習方法

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    球速130㎞は簡単ではありませんが、コツコツと練習を重ねれば誰でも達成可能です。

    130㎞を超えると、マウンドからの景色が変わり圧倒的な余裕が生まれます。

    ピッチングの幅も広がりますますピッチャーが楽しくなると思うので、ぜひ130㎞目指して練習してみてください!

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    【野球】勝てるピッチャーの共通点。性格は関係ある?投手向きの性格とは

    タイトルとURLをコピーしました