最近のコメント

    【野球・投手】バッターが立つとストライクが入らない原因と対策を解説

    【上達への道】

    バッターが立つとストライクが入らなくなる…

    試合になった途端ストライクが入らなくなるのはなぜ?

    このような疑問を解決します。

    結論、ピッチャーとしての経験値が絶対的に足りていない可能性が高いです。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    この記事を最後まで読んで実践すると、試合でストライクが入らなかった人もストライクが投げられるようになります。

    ✔️この記事でわかること

    • バッターが立つとストライクが入らなくなる原因
    • 試合でもストライクが投げられるようになる方法

    ひとつずつ解説していきます。

    着るだけで24時間トレーニング超ハードな加圧力【シックスチェンジ】の詳細を見てみる

    【野球・投手】バッターが立つとストライクが入らない原因と対策を解説

    バッターが立つとストライクが入らなくなる原因

    ストライクを投げないといけないと考えすぎている

    ストライクを投げなければいけないのではなく、バッターを抑えるのがピッチャーの役目です。

    ここを勘違いしてるピッチャーが多いように感じます。

    ボール球でもバッターが振ればストライクですからね。

    しかもボール球を3球も投げられます。

    ここで「3球もある」と考えるか「3球しかない」と考えるかで天と地ほどメンタルが変わってくるので気をつけましょう。

    けんにぃ
    けんにぃ

    常に「3球もボール球を投げられるな」と心に余裕を持たせておくクセをつけてください。

    打たれてしまう恐怖心

    過去にメッタ打ちにあってしまった経験があるピッチャーに多いです。

    ストライク=バッターが打ってくるボールですからね。

    ピッチャーやってると、どこに投げても打たれるみたいな時って一度くらいはあるもんです。

    そこでの記憶が恐怖心として脳にインプットされてしまい「また打たれるんじゃかいか…」と意識して腕が振れなくなってストライクが入らなくなります。

    練習のための練習をしてしまっている

    普段のピッチング練習はどのようにやっていますか?

    ブルペンで球数だけ決めて自分の投げたいようにポンポン投げて終わっていませんか?

    ブルペン投球はあくまで練習です。

    ピッチング練習で何の緊張感もなく、何も考えずにただ投げる練習をしていたら試合でバッターが立つと思うように投げられないでしょう。

    練習と試合を完全に切り離してしまっているからです。

    これではいつまで経っても試合で普段通りの力を出すことはできません。

    試合でもストライクが投げられるようになる方法

    練習から試合を想定したピッチング

    ブルペン投球でも一球一球試合を想定したピッチング練習をしてください。

    具体的には、

    • 相手チーム(ライバルチームでもプロ野球でも何でもOK)
    • イニングは?
    • 何番打者か?
    • 右・左バッター?
    • アウトカウントは?
    • ランナーの有無?
    • 配球は?

    このあたりまで深掘りして、投げ損ないがそのまま失点につながるような状況を具体的にイメージしてピッチングすると緊張感も上がります。

    この緊張感がめちゃくちゃ大切です。

    できれば監督やコーチに見てもらって自分にプレッシャーをガンガンかけましょう!

    シートバッティングで真剣勝負する

    シートバッティングでは、常にガチ勝負してください。

    チームメイトだからとか関係ありません。

    試合では気持ちよく投げさせてもらえませんから、練習から弱みやスキを無くしてガチンコ勝負をクセつけておきましょう。

    そしたら「練習だから」とか「試合だから」みたいな変な棲み分けがなくなってきます。

    いつでも同じテンション、メンタルで投げられるようになります。

    投球フォームってちょっとしたメンタルのバランスで一気に崩れてしまうことが普通にあるので、普段から一定に保つよう工夫して準備してみてください。

    ブルペンでもバッターに立ってもらう

    バッター有りと無しではマウンドからの景色は全然違いますよね。

    おそらく多くのピッチャーがピッチング練習ではバッターがおらず投げ込んでいると思います。

    すると圧倒的に「バッターがいない状態」での投球が多くなり、いない状態に目が慣れてしまいます。

    何が言いたいかというと、試合が特別になってしまってはいけません。

    試合も練習の延長としてとらえるためにもブルペンからなるべくバッターに立ってもらってコースに投げわける練習を重ねてみてください。

    バッターがいる状態が当たり前になれば精神的なブレはかなり軽減します。

    人は「当たり前」にいちいちドキドキしませんからね(^^)

    まとめ

    バッターが立つとストライクが入らないのは、経験と意識づけが足りていないからです。

    普段の練習から試合以上の緊張感を持って取り組むとメンタルの余裕が全く違ってきます。

    ピッチング練習は必ず状況を作って試合形式をイメージしてやってみてください。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    【野球】勝てるピッチャーに必要なメンタルとは?メンタルの鍛え方

    タイトルとURLをコピーしました