最近のコメント

    【女性向け】野球好きの女性がプロ野球に関わる仕事に就く方法を解説

    野球

    野球が好きで野球に関わる仕事に就きたい!

    女性向けの仕事ってどんなものがあるのかな?

    このような疑問にお答えします。

    結論、女性でもプロ野球に関わる仕事はあります。

    この記事では女性でもプロ野球に関わる仕事内容と就き方をまとめました。

    好きな仕事が見つかればチャレンジしてみてください(^^)

    ✔️この記事でわかること

    • 女性向けのプロ野球に関わる仕事
    • プロ野球に関わる仕事のメリット・デメリット
    • 野球に関わる仕事に就く方法

    ひとつずつ解説していきます。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    【野球好き女子】女性でもプロ野球に関わる仕事ってある?就き方は?

    女性向けのプロ野球に関わる仕事

    球団職員

    プロ野球の球団職員の仕事は多岐にわたります。

    グラウンドでプレーする選手の裏では、想像以上の人達があらゆる仕事をこなすことでプロ野球は成り立っています。

    • 企画運営
    • 球団グッズの考案
    • イベントの開催
    • チケット販売
    • 広報
    • 球場スタッフ
    • 通訳
    • 栄養士
    • グッズ販売スタッフ

    数え出すとキリがないほどの仕事があり、プロ野球を支えるスタッフの多さに驚きますね。

    チケット販売や広報、グッズTV販売などは球場でプロ野球の雰囲気を感じながら働きたい方にオススメです。

    「とにかくプロ野球を身近に感じて仕事がしたい!」という方は球団職員の道を模索してみてください。

    チアリーダー

    ホームグランドでの試合の場合に登場する球場の花形であるチアリーダーもプロ野球に関わる大きな仕事の一つです。

    試合前やラッキーセブンなどにダンスパフォーマンスなどで球場を盛り上げる非常に重要な役割です。

    ただし球団ごとにチアリーダーがあり、ホームチームの試合でないと登場する場面がないので、年間を通じて仕事があるかというと不安定な仕事になります。

    【プロ野球】かわいいきつねダンスを踊る球団チアリーダーになる方法

    ウグイス嬢

    ウグイス嬢の仕事内容は、場内アナウンスをすることです。

    具体的には、スターティングメンバー・選手交代・打席に入る選手の名前をコールするという、試合を円滑に進める役割を担っています。

    1軍の試合でアナウンスするために、研修期間や2・3軍の試合での経験を積んでから本格的にデビューすることが多いようです。

    試合開始前には、メンバーの確認や開場時間のアナウンスをすることから始まり、球団によっては選手の打順や最後の点数を間違えないために、試合中はウグイス嬢がスコアをつけるためその準備も行います。

    このような仕事をしている各球団のウグイス嬢たちは、定められた範囲の中で球団の特色や個性的なアナウンスで場内を盛り上げているのです。

    スポーツ記者

    プロ野球担当のスポーツ新聞記者の場合は、球団の数だけ担当記者がいるのが一般的です。中にはメジャーリーグ担当もいて、複数の担当記者で海外の日本人選手を取材します。

    プロ野球のシーズン中は、球場で試合を見るだけではありません。

    午前中に球団事務所を訪れて、スタッフを取材することもあれば、2軍の練習をのぞくこともあります。試合がナイターの場合は、練習が午後から始まりますが、そこでは監督やコーチといった球団スタッフの方々と話します。

    取材をもとに記事にしたりニュースで伝えたりと、自分にしか伝えられない内容を出せるかがポイントになる仕事ですね。

    アナウンサー

    スポーツ実況アナウンサーは、テレビやラジオ、インターネットなどのスポーツ中継で、試合の状況をリアルタイムで言葉で伝える職業です。

    試合ではスタンドの上のほうに設けられた放送席で試合を見降ろしながら、そのスポーツに詳しい解説者とともに試合の状況を言葉で伝えます。

    競技の専門的な部分を解説者が説明するのに対し、スポーツ実況アナウンサーは試合の展開を正確に言葉で描写します。

    試合展開を描写しながら、必要なときには解説者に質問して解説者の言葉を引き出すのも重要な役割のひとつです。

    プロ野球に関わる仕事のメリット・デメリット

    メリット

    好きな野球に毎日触れられる

    好きな野球に関わる仕事をしていると、嫌々しなければいけないストレスがなく、モチベーションを保ちやすいのが大きなメリットです。

    また好きだからこそ前向きになれるし、自ら意欲的に仕事に向き合えるようになりますね。

    もちろん仕事なので、苦手なことややりたくないこともありますが、乗り越えるハードルが低くなり長期的に継続しやすくなります。

    応援する球団の一員になれる

    特定の球団が好きな場合は、その球団に関係する仕事に就けると球団の一員となって一緒に戦っているというモチベーションが爆上がりします。

    実際にプレーするのは選手ですが、球団スタッフでの仕事がなければ選手はプレーできませんから、その一端を担っているという実感を噛み締めて仕事することができます。

    仕事によっては、選手との交流などもあるので、より身近にプロ野球を感じることができますね。

    デメリット

    倍率が高い

    やっぱりプロ野球関係の仕事って人気ですから、なりたい人がたくさんいることを忘れてはいけません。

    それだけライバルが多いということは、その仕事に就くのも簡単ではありません。

    自分のイメージする仕事に就けない可能性もあるので、しっかりと準備する必要があります。

    出勤が不規則(職種による)

    プロ野球は基本的に平日のナイターゲーム、土日祝はデーゲームなどスケジュールが過密でかつ時間もバラバラなエンタメです。

    よって球団職員などもそのスケジュールに合わせての仕事になります。

    「土日は休みたい」や「残業など遅くなるのは無理」のような希望がある方には向いていません。

    試合もいつ終わるか時間もなかなか読めませんし、好きでないと長期的に働くのは難しいでしょう。

    プロ野球に関わる仕事に就く方法

    スポーツ経験者に有利なサービス

    日本で唯一の専門性

    アスリートエージェントは業界唯一のスポーツ経験者専門の転職エージェントです。

    なので、元体育会系、現役アスリート、引退したプロアスリートのみ登録することができ、元アスリートの強みやアピールポイントを熟知した転職サポートを受けることが可能です。

    どんなに優秀な人材でも、面接などアピールがうまくいかないと宝の持ち腐れになってしまいます。

    利用者の費用負担は無し(完全無料)

    また、履歴書の作成、求人紹介、選考対策など就職サポートには一切費用がかかりません。

    悩んでる人
    悩んでる人

    なぜここまで手取り足取りサポーしてくれて無料なの?

    なんか怪しくない?

    なぜなら、スポーツ経験者の人材を求める企業側が費用を負担してくれているからです。

    企業側も「スポーツを頑張ってきた」という実績を高く評価しています。

    企業は大勢の応募者の中からスポーツを一生懸命頑張ってきた人材を見つける手間と時間を考えたら、アスリートエージェントに費用を払ってでもスポーツ出身者を取りたいと考えるのは企業として当然の投資と言えます。

    これによりお互いにWin-Winの仕組みが出来上がっています。

    世の中には多数の求人サイトがあると思いますが、スポーツ関係に特化したこのサービスには専門性では絶対に勝てないでしょう。

    • 「野球に携わる仕事がしたい!」
    • 「スポーツ関係の会社に入りたい!」
    • 「〇〇会社で働きたい!」

    これらの想いをアドバイザーに伝えることで、長期的に活躍できる企業に出会うことができます。

    プロ野球関係の仕事はスポーツ経験者に特化した【アスリートエージェント】を利用すれば、スポーツ経験者の強みを活かした就職・転職サポートが受けられるのでオススメです。

    完全無料で利用できるので、試してみてください。

    まとめ

    プロ野球に関わっている関係者は、思っている以上に女性が活躍しているポジションは多いです。

    むしろ女性の方が活躍できる仕事も多いので、興味ある方はチャレンジしてみてください。

    少しでも参考になれば幸いです。

    今回は以上です。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました