最近のコメント

    【高校野球】身長と体重が平均以下…体づくりで体格を大きくする方法

    【高校野球】
    悩んでる人
    悩んでる人

    高校に入って周りとの体格の差に絶望してる…

    どうすれば体格を大きくさせられるの?

    このような疑問を解決します。

    高校野球を頑張る中で、チームメイトや対戦相手との体格差を感じていないでしょうか?

    この記事では体格差に悩む高校生向けの内容になっています。

    野球大国日本におけるレベルの高い高校野球でフィジカルでも負けない体づくりの方法をまとめました。

    ✔️この記事でわかること

    • 高校生の身長と体重の平均値
    • 体づくりをする5つのメリット
    • 体格を大きくする方法

    ひとつずつ解説していきます。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    「本ページはプロモーションが含まれています」

    【高校野球】身長と体重が平均以下…体づくりで体格を大きくする方法

    高校生の身長と体重の平均値

    身長 男子 女子
    16歳 168.9cm 158.0cm
    17歳 171.5cm 158.4cm
    18歳 171.1cm 156.0cm

    (引用元:厚生労働省 身体状況調査の結果

    身長に関して女子は3年間でほとんど変わらないのに対し、男子ではおよそ2㎝程度伸びる統計があります。

    高校生でほぼ日本人としての平均的な体型に落ち着いて、ここから更に伸びたりする人はほとんどいないのが19歳以降の資料を見ても分かりますね。

    野球をやっている選手は平均値よりすでに高い人も多いので、フィジカルで負けないためにも平均値+5㎝〜10㎝を目指します。

    体重 男子 女子
    16歳 60.8kg 48.9kg
    17歳 64.0kg 52.6kg
    18歳 61.2kg 49.6kg

    (引用元:厚生労働省 身体状況調査の結果

    体重に関しては男子で60kgちょい、女子で50kg前後が一般的な平均値になっています。

    身長に比べて体重の方がコントロールしやすいので、激しい野球というスポーツでフィジカル負けしないためにも男子であれば+10kg〜15kg、女子であれば+5kg〜10kgが理想になってきますね。

    この3年間をどう過ごすかで、大学や社会人以降の成長曲線が全く変わってくることは間違いありません。

    体づくりをする5つのメリット

    物理的にパワーアップする

    体づくりによって体格が大きくなると、物理的にパワーアップします。

    例えば野球のプレーでいくと、

    • ボールが速くなる
    • ボールが重くなる
    • スイングスピードが速くなる
    • 打球速度が速くなる
    • 飛距離がアップする

    この辺りの野球のプレーにおいて重要な項目が手に入ります。

    もちろん技術練習と並行して行うことが前提ですね。

    特に高校野球になればボールも硬式球になり、硬式用のバットやグローブは軟式に比べ重たいです。

    よく技術練習だけでこれらの項目を達成しようと頑張る人も多いですが、いくらスキルを磨いてもそのスキルを扱うための土台(フィジカル)がしっかりしていないと扱いきれずいずれ頭打ちになります。

    野球の練習として、土台作りも重要なスキルのひとつとしての認識を持ってみてください。

    怪我や故障に強くなる

    体格がしっかりしてくると、筋肉量が多くなり投球やスイングなど身体に負担のかかる動作にも負けない「芯の強さ」が生まれます。

    頑丈な筋肉や肉体に守られることで、肩や肘、膝などの関節にかかる負担を軽減してくれる効果があります。

    またクロスプレーなどの接触する場面でも当たりに負けない頑丈な身体によって、大きな怪我や故障を回避できるメリットもありますね。

    この芯の強さは技術練習ではなかなか身につかない部分であり、大人になってからでも強化できますが、成長途中にある年齢が若い方が確実に身につきやすいので、早めに取り組みたい一種のスキルになります。

    体力がアップする

    体づくり最大のメリットが体力アップです。

    体力アップの何がメリットかと言えば、

    • 疲れにくい
    • 負荷の大きい練習に耐えられる
    • 長時間の練習に耐えられる
    • 集中力が持続する

    などがあります。

    野球で上手くなりたいなら練習しかありませんが、そもそも体力がないと練習も満足にこなすことができませんよね。

    部活などの全体練習だけで体力を使い切ってヘトヘトになってしまうのもしんどいですよね。

    本当はもっと自主練など上手くなるために練習したいけど、どうしても体力が持たないという理由で練習できないのは非常にもったいない話です。

    相手へのプレッシャー

    シンプルに大きな体格をしている選手を見ると

    「このバッター体が大きいからホームラン打ちそうだな…」

    「当たったらめちゃくちゃ飛びそうだな…」

    と無言のプレッシャーをかけることができます。

    もちろん実際のプレーが重要ですが、初対戦などの場合だと相手が勝手にプレッシャーを感じてくれる効果を引き起こすこともあるので、精神面で試合を有利にスタートすることができますね。

    本人の自信

    しっかりとした体格をした選手は、みんな勝手にそうなった訳ではありません。

    どの選手も食事トレーニングや睡眠など私生活から意識を持って取り組んでいることがほとんどです。

    けんにぃ
    けんにぃ

    体調管理、自己管理ができているということは、負荷のかかる練習も継続的に行うための体力と精神力が鍛えられているということです!

    このような選手はみんな自分に自信を持っています。

    「これだけやってるんだから大丈夫だ。」という揺るぎない自信につながり、より高いレベルでのプレーを実現できるんですね。

    体づくりで体格を大きする方法

    【簡単】サプリメントで体づくり

    体づくりの最初の一歩はサプリメントから取り入れる事をおすすめします。

    なぜならいきなりハードトレーニングや手の込んだ食事を続けようにも、大変すぎてほぼ挫折してしまうからです。

    一度挫折してしまうと重い腰がさらに重くなってそのままやらなくなる可能性が非常に高いので、最初は飲むだけでOKなサプリメントで、体が変わっていく実感(成功体験)を味わうことから始めてみてください。

    以下の記事で子供向けの優秀なサプリメントをまとめています。

    》子供の成長期を逃して後悔しないで!オススメ子供向け厳選サプリメント

    食事トレーニング

    食事トレーニングやってみたい!

    どんぶりご飯食べるやつ?

    興味のある方は食事トレーニングぜひに取り組んでみてください。

    ぶっちゃけこれが出来れば最強です。

    どれだけ筋力トレーニングや体力アップなどのトレーニングを重ねても、食事(栄養素)管理ができていないとせっかくのトレーニング効果が半減してしまいます。

    「食事とfれーニング」で体格がアップすることで、

    • 球速が上がる
    • 体力アップ
    • 打球速度アップ
    • 飛距離アップ
    • 故障やケガ予防

    などあらゆる面で選手にとって有利になります。

    中学、高校、大学、プロのようにレベルが上がれば上がるほど体格がすごい選手ばかりですよね。

    全プロ野球選手840人中、体重が60kg台の選手はわずか27人しかおらず3.2%という少なさです。いかにどっしりした体格が野球に有利に働くかがわかると思います。

    参考:プロ野球データFreak

    なので、栄養学を勉強して食事トレーニングを実践する=上のレベルを目指す選手にとって避けては通れない道になります。

    栄養学を勉強するのにオススメの本を載せておきますね。

    本を読むの面倒だな…

    そんな時間ないよ…

    という方には、ネットで完結してポイントをまとめてくれている栄養学講座があります。
    僕は本を読むのが苦手なので、スマホで完結する講座は通勤や移動中などのスキマ時間にも勉強できるので重宝しました。
    僕は元々ガリガリで身長178cmで体重が54kgしかありませんでしたが、栄養学を勉強して1年実践して13kg増え67kgまでアップしました。
    食事がいかに大切かを実感しました。今の体重+10kgは確実に達成できる内容です。
    育ち盛りの高校生なら10kg以上は軽く増量して間違いなく強い体を作れます!
    栄養学の知識だけでなく、スポーツに特化した食事トレーニングに最適な献立まで解説してくれています。
    以下のアスリート栄養学で学んでください。
    アスリート栄養学講座

    アスリート栄養学では栄養学から食事の献立、疲労回復に必要な食事に筋力アップするための栄養など幅広く余すところなく「体づくり」の基礎から応用までの知識を学ぶことができます。

    通常50,000円の講座ですが、web申し込み限定で60%オフの19,800円で講座を受けることができます。

    》web申し込み限定19,800円のアスリート栄養学講座はこちら

    メリット① 6つの必須内容

    学べる内容が6つに分けられており、それぞれ必須項目を深掘りして学ぶことができます。

    1. スポーツ栄養学の基礎と健康食
    2. 栄養素の働きと食品
    3. 献立の考え方
    4. 目的別栄養と食事の摂り方
    5. 年代別食事の考え方
    6. アスリート食レシピ

    どれも栄養学を学ぶ上で大事な項目を厳選したカリキュラムを組んでくれています。

    メリット② オンラインで完結

    この講座はすべてがオンラインで完結します。

    どこか教室に通ったり講師が自宅に来るようなことは無く、自分の好きな時間に好きな場所で受講することが出来るのが大きなメリットです。

    都度行われる確認テストや学習状況なども全てオンライン上で完結するので、気軽に学習を進められますね。

    けんにぃ
    けんにぃ

    通いの場合の移動時間や交通費など余計な出費がないのがお財布にも優しくて◎ですね。

    メリット③ 資格取得ができる

    本講座は日本統合医学協会認定の「アスリート食生活マイスター」という資格を取得することができます。

    本屋さんなどで参考書を買ってきて学ぶのもいいですが「医学協会お墨付きの資格を持っている」というだけでご自身のモチベーションと自信が全く変わってきます。

    なぜなら試験に合格したという根拠に基づいた知識が身についているからです。

    お子さんの食事サポートにしても「確実に正しいと自信を持って食事に対してアプローチ」できるのは、「なんとなくの知識」で立ち向かうのとでは雲泥の差が生まれますね。

    メリット④ 献立(レシピ)が学べる

    必要な栄養や食材を学べるだけでなく、献立まで学べるのがアスリート栄養学講座のメリットです。

    実際の調理も大変ですが、毎日毎日献立を考えるってとても大変ですよね。

    しっかりと栄養バランスが考えられたアスリート食のレシピをいくつか持っているだけで、レパートリーが増えて献立を考えるストレスが減って楽になりますね。

    デメリット① スマホのみだと講座が見にくい

    パソコンやタブレットでも受講可能ですが、現在スマホしか持っていないという方は画面が小さくて見えにくというデメリットがあります。

    解説動画は画面の先でホワイトボードを使った講義があったりするので、人によっては見えにくかったりするとその都度画面を拡大したり、一時停止して確認するなどする必要が出てくるかもしれません。

    デメリット② 資格を継続するのに費用がかかる

    試験に合格すると「アスリート食生活マイスター」という資格を取得できますが、資格を維持継続させるには年間7,000円の会費が必要になります。

    初年度は講座費に含まれているので1年間は有効になりますが、取得2年目以降も資格を維持するなら費用がかかってきます。

    なので、パーソナルトレーナーなどのお仕事で資格を有しておきたい方以外は、資格の効力にこだわる必要はないかと。

    一般の方で大事なのは必要な知識が頭に入っているかどうか、その知識を実際に食事に変換できるようになるかどうかなので資格にこだわる必要はないかなと思います。

    アスリート栄養学の受講レビュー(口コミ)

    福井県の方(男性)

    短い時間で、とてもわかりやすく理解できました。また、どんなものを選んだら良いのかも、意識が変わり、参考にすることができました。ありがとうございました。

    単元ごとに分かれて、何度も復習できて良かったです。実際につくっている動画もあり、楽しく学ばせていただきました事を感謝致します。

    青森県の方(女性)

    サッカー選手を目指している息子のために日頃から食事は気を付けています。専門的に栄養の勉強をしたことがなく息子の中学進学を機に、ちゃんとしたアスリート向けの食事を用意してあげたいと思い、受講しました。

    スポーツの効果を高める食事の知識や食育にも役立ち満足度の高い内容でした。

    大阪府の方(女性)

    自分自身スポーツと栄養の関係にとても興味を持っていたのですが、子どもが小さかったり仕事が忙しかったりとやる事が多く、資格取得まで行動に移すことができませんでした。

    しかし今回は携帯やパソコンで受講することができ、試験も一緒に受けることができるという子育て中の母にとってはとても嬉しい条件だったので資格取得に踏み切りました。

    講座もみたい時にみれる、自分のペースで進められるという点がとても良かったです。悪かった点ということではないのですが、講座の内容がもう少し幅があれば嬉しいなと思いました。

    東京都の方(男性)

    今後スポーツ栄養の需要が増えてきそうなので、今のうちに資格の講座が受けられて感謝です。オンラインで受講できたところも魅力的でした。

    教材しっかりしていて良かったです!
    オンラインの動画がもう少したくさんあると嬉しいのと、特にメディアの方が詳しくあると良かったです。

    鹿児島県の方(女性)

    私は、最初なかなか取り組みが遅かったのですが、冊子と動画と並行して学び、動画で先生のおっしゃった事をノートにとりつつ学びました。動画も分かりやすく、夫への実践につながりました。今回受講させていただき本当にありがとうございました。

    愛媛県の方(男性)

    パーソナルトレーナーをしています。クライアントの身体作りに食事の役割は最も重要な存在のひとつです。これまでの経験をきちんとした裏付けとするために講座を受講しました。資格があることで信頼感もさらに得られてきた手応えを感じています。

    かかる費用と期間は?

    一般的なテキストを利用して行う栄養学講座は4万〜7万円ほどが相場になっています。

    (参考:文部科学省認定社会通信教育「栄養と料理講座」)

    また期間も半年から1年ほどかけて学ぶのが一般的な講座ですね。その間にテキスト添削のやりとりを郵送で行ったりするので、個人的に郵送のやりとりが非常に面倒だな…と感じてしまいました。。

    アスリート栄養学講座では、通常55,000円(税込)かかる講座ですが、web申し込み限定で21,780円(税込)で受けることができます。

    毎月の支払いが発生するようなサブスクではなく、1回払い切りの費用です。

    また期間も最大3ヶ月に設定されていて2ヶ月〜2.5ヶ月で資格取得までいけるので、間延びせず短期間で集中して資格取得までできるようスケジュール設定されています。

    デメリットにもありましたが、資格を維持するなら2年目以降7,000円かかってきますが、維持継続は不要な方は21,780円のみです。

    けんにぃ
    けんにぃ

    今しかない貴重な成長期に、根拠のある知識をフル活用してパフォーマンスを最大限発揮できるよう学んでみてください。

    》Web申込限定、アスリート栄養学講座はこちらから

    まとめ

    高校生って身体を成長させられる最適なタイミングです。

    ここで根拠のある知識での食事トレーニングを行うことで一生戦える体を作ることができます。

    この機会を逃さずに学んでみてください。

    ここで行動できる人とできない人の差が、一生埋まらない大きな差を生むことになりますからね。

    》子供の成長期を逃して後悔しないで!オススメ子供向け厳選サプリメント

    今回は以上です。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました