最近のコメント

    【草野球】60歳まで現役希望!選手生命を伸ばすには30代が勝負

    【上達への道】
    悩んでる人
    悩んでる人

    60歳まで現役でプレーしたいな

    長く現役でグラウンドに立つにはどうすれば?

    このような疑問にお答えします。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    草野球とて、日頃の生活で選手生命があっという間に終わってしまうかどうか決まります。

    この記事では60歳まで現役でグラウンドに立てる選手になるための方法をまとめました。

    ✔️この記事でわかること

    • 短命で終わる選手の特徴
    • 60歳まで現役にこだわるなら
    • 確実に動ける身体を作る方法

    ひとつずつ解説していきます。

    》朝食の手間ゼロへ【完全栄養の主食 BASE FOOD】スタートセット

    【草野球】60歳まで現役希望!選手生命を伸ばすには30代が勝負

    短命で終わる選手の特徴

    試合の日しか動かない

    草野球って土日に試合がある場合がほとんどですよね。

    平日はみんなお仕事して、土日に好きな野球を楽しむルーティンかと思います。

    短命で終わる選手の大半が試合のある土日しか運動しない、全く動かないという事実です。

    もちろん平日は仕事して疲れているので、家に帰ってビールの一杯でも飲みたくなりますよね。

    しかし週に5日ある平日に全く身体を動かさない状態で、いきなり試合だけトップギアに入れるとどうなるか想像に難しくないはずです。

    アップとダウンを適当にやる

    年齢を重ねるほど筋力は落ちるし、柔軟性も落ちていきます。

    特に30代を迎えると落ち方が20代の頃と比べ物になりません。

    そんな状況で、試合前のウォーミングアップや試合後のクールダウンを適当にやっていてはあっという間にどこかの故障につながります。

    主な故障箇所は、

    • 肩肘(投げれない)
    • 腰(バットが振れない)
    • 膝(走れない)

    上記3箇所がやられると選手生命はガクッと短くなってしまいますね。

    集合時間にいつもギリギリ

    野球に対する意識、取り組み方の問題ですね。

    試合開始10分前とかに集まっていきなり試合するような習慣があります。

    これだと、アップなしでいきなりトップギアの典型的なパターンです。

    1週間車庫に入っていたメンテナンスもしてない車が、いきなりF1のレースに出場させられるようなものです。

    60歳まで現役にこだわるなら

    平日のトレーニング

    月〜金にトレーニングできるかどうか。

    ここがめちゃくちゃ大きな分岐点です。

    別に5日間全てバリバリにトレーニングする必要はありません。

    5日間のうち、1〜2日でも体を動かせられれば十分です。

    やるべきことは、

    • ランニングorダッシュ系
    • 素振り
    • 壁当てorシャドーピッチング

    最低でもこれくらいのことを週に1回か2回は体を動かしておく必要があります。

    ストレッチ

    柔軟性もめちゃくちゃ重要です。

    いくらパワーがあっても、柔軟性がなければうまく筋肉を使いこなせないし、何よりケガを防ぐことができません。

    けんにぃ
    けんにぃ

    ストレッチはケガの予防のためだけにやるという意識です。

    柔軟性が失われると、可動域が狭くなりシンプルに動けなくなります。

    自分では動けているつもりでも、数センチの誤差が生まれて思うようなプレーができなくなります。

    ストレッチは必ず毎日やるようにしましょう。

    これは習慣化し「やらないと気持ち悪い」という状況を作る努力をしてみてください。

    ストレッチは一生やって損は絶対にありません。

    体調管理

    暴飲暴食、お酒の飲み過ぎ、慢性的な寝不足などなど、生活習慣です。

    悩んでる人
    悩んでる人

    たかが草野球でそこまでする?

    と思った方は、60歳まで現役でバリバリプレーするのは諦めてください。

    毎日の小さな積み重ねって本当に大きいんですよね。

    逆も然りで、小さな努力を毎日コツコツ積み上げていると、50歳でも60歳でも驚くほどのパフォーマンスを発揮できるでしょう。

    普段の私生活をやりたい放題したツケは必ずブーメランのように返ってきます。

    これはもう絶対です。

    この記事はあくまで60歳まで現役でグランドに立ちたい方向けなので、結構なスパルタな内容になっていると思いますが、当然っちゃ当然ですよね。

    けんにぃ
    けんにぃ

    野球経験者ならすぐにわかっていただけると思いますが、「野球はそんなに甘くない」ってことですね!

    40歳でもバリバリ動ける身体を作る方法

    パーソナルジムに通う

    特に40代以上の方は、普段からトレーニングをしていても徐々に身体が言うことを聞いてくれなくなってきます。

    ここが分かれ道で、40代でもバリバリに動こうとするなら30代にいかに身体を衰えさせずにキープできるかにかかっています。

    さらに30代は、仕事の責任も発生してくるポジションであることが多く、なかなか自分でトレーニングしようにも難しくなっていくのが現実だと思います。

    そこで、パーソナルジムです。

    けんにぃ
    けんにぃ

    パーソナルジムってダイエットなどで短期的に通うイメージがあるかもですが、長く動ける体を作るのは最適な場所です。

    一番のメリットは、通うことで体の状態をプロに把握してもらえる点です。

    一般的なジムでもいいですが、自分の体の状況、必要なメンテナンス、何が足りないかなどプロのアドバイスを聞きながら一緒に作り上げていけるので長期スパンで見たら非常に心強いパートナーになります。

    昨今では人生100年時代と言われ、我々現役世代は70歳まで働くかもしれません。

    すると「60歳なんてまだまだ若いじゃない」と言われる時代がもうきています。

    大変な仕事の合間に、童心に戻って全力で野球を楽しむために、体づくりは少しでも早くから取り組むべきですね。

    》パーソナルトレーニング【exercisecoach】無料体験はこちら

    》完璧な肉体があなたへの自信へ…【BEYOND】無料相談あり

    まとめ

    確実に言えることは、今のスペックが一生続くことはあり得ないってことですね。

    今は問題なくプレーできているかもですが、ちょっとしたブランクで全く動けなくなる可能性もあります。

    普段からの小さな積み重ねだけが全てを救ってくれる最後の希望になります。

    コツコツと淡々とやり切った人だけが何歳になってもイメージ通りのプレーを体現できていることでしょう。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    【野球】ピンチはチャンス!肩肘の故障で投げられない時にやる練習3選

     

    タイトルとURLをコピーしました