最近のコメント

    【野球】エースピッチャーになれる投手となれない投手の差はどこ?

    【上達への道】
    悩んでる人
    悩んでる人

    エースになれる投手となれない投手の差はどこが違うの?

    どうやったらチームのエースになれるの?

    一度は背番号1をつけてみたい!

    このような疑問にお答えします。

    ✅この記事を書いてる人

    けんにぃ
    けんにぃ

    ニックネーム:けんにぃ

    野球歴30年の野球特化ブロガー

    軟式社会人野球ではエースとして全国大会出場経験あり

    この記事ではピッチャー歴20年以上、小中高でエースナンバーをつけた筆者がエースピッチャーになれる投手となれない投手の違いについて深掘りします。

    ✔️この記事でわかること

    • エースになれる投手となれない投手の3つの違い
    • エースになるには絶対外せない条件
    • エースになるための練習まとめ

    ひとつずつ解説していきます。

    着るだけで24時間トレーニング超ハードな加圧力【シックスチェンジ】

    【野球】エースピッチャーになれる投手となれない投手の差はどこ?

    エースになれる投手となれない投手3つの違い

    努力を継続できるか

    エースになれる投手は、努力を積み重ねる姿勢を継続できる選手です。

    エースってなりたい投手はたくさんいるし、誰もが狙うポジションなわけです。

    その分エースになったらしっかり結果を残さないといけないプレッシャーやチームメイトの目も出てきます。

    「背中で魅せられるか」がエースになれる投手のポイントになります。

    「あいつにならこのチームのエースを任せられる」と思われるような努力の継続、野球に取り組む姿勢が重要になります。

    調子が悪くても態度に出さない

    エースピッチャーはチームの顔になります。

    相手チームのエースピッチャーがどんなボールを投げるのか見てしまいませんか?

    エースピッチャーのレベルで相手チームのレベルがある程度予測出来てしまう程、エースピッチャーは周りから見られています。

    そのエースピッチャーが、

    「試合中に味方のエラーやフォアボール、失点した時にやる気のない態度やふてくされたような姿勢でいるとどうでしょうか?」

    チームメイトもみんなエースの背中を見ています。

    けんにぃ
    けんにぃ

    しんどい時こそ忍耐力を発揮し、逆にチームを鼓舞して攻撃に勢いをつけさせるのがエースの振る舞いです。

    チームワークの意味をわかっているか

    エースになる投手は「野球はベンチも含めたチーム全員で戦うもの」という認識をしっかり持っておく必要があります。

    「自分一人で抑えて勝った」とか思って野球をしていると、ピンチやしんどい場面でチームメイトからの声が届かずに独り相撲してしまい敗北につながってしまいます。

    野球はチーム全員で任されたポジションを全力でこなしているからこそ、自分がマウンドに立てているという意識がある投手は責任を感じて試合に出られない選手の分まで背負って投げるだけの粋を持ち合わせています。

    けんにぃ
    けんにぃ

    これこそがチームを代表する背番号1の振る舞いになります。

    エースになるには絶対外せない条件

    折れないメンタル

    ピッチャーをやっていたら、いつも調子がいいなんてことはありません。

    調子の悪い時にどういったプレーをするか

    これがとっても大事になってきます。

    野球というスポーツはピッチャーの出来で試合の8割が決まってしまうと言われています。

    ピッチャーが崩れて、負けそうになった時に投げやりになったり諦めて適当にやっていたらチームメイトはどう思うでしょうか?

    「心は熱く、頭は常に冷静」これがピッチャーの基本です。

    自分の調子が悪くても腐らずどうにかして試合に勝てるよう全力を尽くす姿勢がピッチャーには求められます。

    ピッチャーは常にチームメイトからも相手からも見られていて、少しでも隙を見せようものなら相手チームに飲み込まれてしまいます。

    どれだけヤジられたりメンタルを削られても折れない心が必要になってきます。

    絶対に負けたくない負けず嫌い

    負けず嫌いじゃないと、チームの勝敗を背負う一番重要なポジションであるピッチャーを続けていくのは難しいと思います。

    スポーツなので、必ず勝敗がつきます。

    相手に向かっていく闘争心、やるからには負けたくないという勝気がないとチームメイトからの信頼も得られないですし、上に勝ち上がって行けばいくほどレベルの差がほとんどなくなり、最後は気持ちの勝負になります。

    試合で打たれたり、負けたりしても何も感じない「まぁ仕方ないか」で終わってしまうようなサバサバした性格だと、この重要なポジションは任せられないかなぁと敬遠されてしまうでしょう。

    ここはかなり個人差があるところなので、難しいとこですが少なくとも自分が投げるからには勝ちたいという気持ちが伝わってくる投球、野球に取り組む姿勢は大事になってきます。

    エースになるための練習まとめ

    コントロール強化

    コントロールは投手の生命線であり最低条件でもあります。

    コントロールが定まらないと野球にならないので、まずはココを重点的に強化しましょう。

    球速アップ強化

    次に球速アップに挑戦です。

    言うまでもなくピッチャーは速いボールを投げられればそれだけ有利になります。

    正しい練習を積み重ねれば、誰でも130㎞は目指せるので、やってみてください。

    フィールディング強化

    エースピッチャーは守ってもチームで一番でなくてはいけません。

    フィールディングがいいかどうかは相手チームはめちゃくちゃ見ています。

    スキのないピッチャーになるために守備にも力を入れましょう。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    エースピッチャーはただ速いボールを投げられればなれるものでもありません。

    チームを代表する「顔」という認識を持ってチームメイトから信頼される選手でなければいけません。

    技術力と合わせて人間力も鍛えてエースを目指しましょう!

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました